ある勇気の記録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ある勇気の記録
挑戦者 続・ある勇気の記録
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜日20:00〜20:56
土曜日22:00〜23:00(56分)
放送期間 1966年10月7日〜1967年9月30日(52回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NET(現・テレビ朝日)中国放送
演出 山本薩夫今村農夫也鈴木敏郎北村秀敏渡辺成男松島稔奥中惇夫
脚本 佐治乾鈴樹三千夫大津皓一柴英三郎岡本克己阿部桂一西沢裕子田上雄押川國秋深沢一夫今村文人
プロデューサー 塙淳一、新井俊一郎
出演者 滝田裕介近藤洋介永井智雄 ほか
オープニング 作曲:渡辺宙明

特記事項:
モノクロームで放送。
テンプレートを表示

ある勇気の記録」(あるゆうきのきろく)は、1966年10月7日から1967年5月26日までNET(現・テレビ朝日)で毎週金曜21:00 - 22:00(JST)に放送されたテレビドラマ。全34回。制作はNETと中国放送(RCC・TBS系列)、東映

続編『挑戦者 続・ある勇気の記録』(ちょうせんしゃ ぞくあるゆうきのきろく)も制作された(1967年6月2日から9月30日まで、全18回)。本項で併せて記述する。

概要[編集]

原作はノンフィクション作品『ある勇気の記録 -凶器の下の取材ノート-』。1963年から1967年まで、広島市周辺で起こっていた第二次広島抗争時に中国新聞社が「暴力追放キャンペーン」と銘打ち、1963年から1965年まで広島市と呉市を中心に取材・報道活動を行い、そのペンの力で暴力団に敢然と立ち向かった成果を出版したもので、1965年(昭和40年)の第13回菊池寛賞を受賞した。撮影は実際に広島県で行なわれ、セミドキュメンタリー作品として制作された。

番組の冒頭で「この一篇を 暴力と斗(たたか)い 暴力に勝った 広島市民にささげる」というテロップが登場していた。

制作の経緯[編集]

NHKで放送されていたテレビドラマ「事件記者」が1966年3月29日をもって終了したが番組は人気を保っていたため、複数の民放が出演者や作者の島田一男を引き取って、「事件記者」の放送を続けようと考えた。

しかし、各放送局が提示してきた条件を巡って出演者や島田が2グループに分かれ、それぞれNET(現・テレビ朝日)とフジテレビで出演することになってしまい、本作の企画に賛同してNET側に行った滝田裕介近藤洋介山田吾一前田昌明谷沢裕之高城淳一永井智雄藤岡重慶綾川香らの俳優陣が出演したのが本作である(島田はフジテレビ側に行った)[1]

当時、舞台となった広島県にNET系列局が所在せず[2]、特例としてTBS系列局のRCCが制作に参加するという形態となった。

放映データ[編集]

  • 放映期間:1966年10月7日〜1967年9月30日
  • 放映曜日・放映時間帯:
    • 毎週金曜日20時〜20時56分(1966年10月7日〜1967年6月30日まで)
    • 毎週土曜日22時〜23時(1967年7月8日〜1967年9月30日)
  • 放映話数:全52話
  • 放映形式:モノクロ16mmフィルム

キャスト[編集]

ある勇気の記録のみの出演者

スタッフ[編集]

放映リスト[編集]

※第1回「誰のための街」は第21回芸術祭奨励賞を受賞した。

「ある勇気の記録」[編集]

回数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト出演
1 1966年10月7日 誰のための街 佐治乾
鈴樹三千夫
山本薩夫 山形勲(日下部)、上田侑嗣三島一夫
2 10月14日 四国から来た一人 楠侑子石井淳
3 10月21日 私は知らない 大津皓一 今村農夫也 今井和子
4 10月28日 十七歳の履歴書 山形勲(日下部)、清水良太野口ふみえ
5 11月4日 裏切り 鈴木敏郎
6 11月11日 縄張り荒し 柴英三郎
7 11月18日 誤報 佐治乾 今村農夫也 河津清三郎
8 11月25日 暴力二軍 鈴樹三千夫 寺田農
9 12月2日 男になりたい 岡本克己 鈴木敏郎 吉田日出子近藤宏
10 12月9日 お礼まいり 沢阿由美槙杏子
11 12月16日 黒い港 阿部桂一 今村農夫也
12 12月23日 市民の敵 北村秀敏 千之赫子
13 12月30日 私刑 柴英三郎 鈴木敏郎 穂高稔
14 1967年1月6日 暴力賭場 大津皓一 今村農夫也 曽我廼家一二三、宮裕子
15 1月13日 逃亡十三時間 岡本克己 北村秀敏 蜷川幸雄沢田実
16 1月20日 集中攻撃 柴英三郎 鈴木敏郎 丹羽たかね松本染升
17 1月27日 佐川一平の場合 西沢裕子 今村農夫也 三井弘次
18 2月3日 第三の暴力 笠置シヅ子西本裕行堀勝之祐
19 2月10日 掟とは何だ 阿部桂一 瞳麗子日高ゆりえ
20 2月17日 娑婆のからっ風 岡本克己 原田芳雄桑山正一
21 2月24日 刑事が消えた 西沢裕子 鈴木敏郎 塚本信夫安藤三男
22 3月3日 死の商人 柴英三郎
23 3月10日 麻薬地帯 霧立はるみ
24 3月17日 夜は誰のもの 岡本克己 沢たまき神田正夫
25 3月24日 暴力街の女たち 西沢裕子 今村農夫也 長山藍子武内文平浅見比呂志西島一
26 3月31日 頂上会談 柴英三郎
27 4月7日 三月十八日の記事 阿部桂一 渡辺成男 内田稔高津住男
28 4月14日 白昼の脱出
29 4月21日 組長逮捕 押川國秋 今村農夫也 谷隼人
30 4月28日 顔役・深町大三郎 河野秋武
31 5月5日 ヒデが帰ってきた 岡本克己 渡辺成男 松山照夫
32 5月12日 札束(ゼニ)がすべて 柴英三郎
田上雄
西沢利明
33 5月19日 刑務所帰り 押川國秋 鈴木敏郎 睦五郎
34 5月26日 黒の略奪者 深沢一夫 吉田義夫

「挑戦者 続・ある勇気の記録」[編集]

回数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト出演
35 1967年6月2日 夜が憎い 押川國秋 渡辺成男 高松英郎、戸田皓久黒丸良高林由紀子
加茂良子上野山功一大友純桔梗恵二郎
東京子加藤博子永井秀明野口元夫
36 6月9日 追いつめられて 鈴樹三千夫 鈴木敏郎 北見治一森幹太守屋俊男
37 6月16日 一匹狼 柴英三郎 青木義朗西沢利明
38 6月23日 大いなる証言 押川國秋 渡辺成男 小林勝彦、野口ふみえ、百瀬功一
39 6月30日 花と拳銃 西沢裕子 松島稔 関戸純方伊東昭二上林絢
40 7月8日 明日に生きる 岡本克己 内田朝雄[3]住吉正博遠藤征慈
41 7月15日 狙われた町 今村文人 深見泰三石橋蓮司
42 7月22日 男の詩 佐治乾
鈴樹三千夫
北村秀敏 丸井太郎湊俊一
43 7月29日 もう黙ってない 押川國秋 富田仲次郎、近藤宏、川口知子
44 8月5日 混血児ジョー 深沢一夫 鈴木敏郎 谷隼人沢登護織本順吉松浦律子
45 8月12日 暴力飯場 柴英三郎 奥中惇夫 小沢忠臣加賀邦男山岡徹也
46 8月19日 赤い灯よさようなら 大津皓一 松本朝夫林千鶴二本柳敏恵
47 8月26日 乗っ取り 深沢一夫 鈴木敏郎 西沢利明、服部哲治
48 9月2日 入院戦術 押川國秋 北山達也三島一夫日恵野晃島倉義孝
49 9月9日 それから三年 深沢一夫 奥中惇夫 青木義朗、穂積隆信牧紀子小柳徹
50 9月16日 柿沼逮捕 岡本克己 津村悠子金井由美桔梗恵二郎
51 9月23日 最後の二人 柴英三郎 鈴木敏郎 青木義朗、川合伸旺
52 9月30日 果てしなき闘い 鈴樹三千夫 勝部演之高木二朗田中志幸

備考[編集]

  • 当時はまだ抗争の最中だったため、撮影の妨害が懸念されたが、地元のある暴力団の組長が「ワシの目の黒いうちは妨害はさせん」と告げてきたため、スタッフは安心して撮影する事が出来た。本作の第1話の試写が広島市内で行われた際には約70人の地元の暴力団員も見に来たという[4]
  • 当時中学生だった池上彰は、このドラマを見てジャーナリストを志す事を決めた[5][6]。彼のようにこのドラマを見てジャーナリストを志した者は多かったが、「仁義なき戦い」に比べて知名度は圧倒的に低い。
  • 仁義なき戦い』の映画化と同様、暴力団追放のキャンペーンにもなると考えた広島県警察が当初協力をしてくれたという[7]

関連項目[編集]

文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 原作の著者である地方新聞の記者達も、自分たちのことを「事件記者」と記している。
  2. ^ 広島ホームテレビは1970年12月に開局した。
  3. ^ a b 仁義なき戦いシリーズにも出演。
  4. ^ 私の新人時代 塙淳一(プロデューサー)より。
  5. ^ “オーサー・ビジット(池上彰氏)”. オーサー・ビジット. (2009年10月16日). http://www.higo.ed.jp/sh/tamanash/topics/H21/author-visit.html 2010年9月23日閲覧。 
  6. ^ 中国新聞創刊120周年特集2面 〔中国新聞に思う ゆかりの3人語る 池上彰〕
  7. ^ 「仁義なき戦い PERFECT BOOK」 別冊宝島833号、宝島社、2003年、p20-23
NET 金曜21時枠
前番組 番組名 次番組
ある勇気の記録

挑戦者 続・ある勇気の記録
(1966.10.7 - 1967.6.30)
白い巨塔
※枠交換で土曜22:00より移動
NET系 土曜22時枠
白い巨塔
※枠交換で金曜21:00へ移動
挑戦者 続・ある勇気の記録
(1967.7.8 - 9.30)