新座頭市・破れ!唐人剣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新座頭市・破れ!唐人剣
'Zatoichi Meets The One-Armed Swordsman
獨臂刀大戦盲侠'
監督 安田公義、黄銘 (香港版共同監督)
脚本 安田公義山田隆之
原作 子母澤寛
製作 西岡弘善
出演者 勝新太郎王羽 (ジミー・ウォング)
音楽 冨田勲
撮影 牧浦地志
編集 谷口登志夫
製作会社 勝プロダクション、永聯電影有限公司
配給 ダイニチ映配ゴールデン・ハーベスト
公開 日本の旗 1971年1月13日
上映時間 94分(日本版)、87分(香港版)
製作国 日本の旗 日本香港の旗 香港
言語 日本語北京語
前作 座頭市あばれ火祭り、続・片腕必殺剣 (獨臂刀王)
次作 座頭市御用旅、獨臂雙雄
テンプレートを表示

新座頭市・破れ!唐人剣』(しんざとういち・やぶれとうじんけん)は、1971年日本香港の合作映画。勝新太郎の代表作、座頭市シリーズの第二十二作にして、香港のトップスター、ジミー・ウォングの代表作、片腕必殺剣 (獨臂刀)シリーズの第三作目という側面を持つ、クロスオーバー作品である

概要[編集]

香港映画のカンフースター、ジミー・ウォングを招き、言葉の違いによる壁と、それを超えた人間同士のつながりについて、座頭市ならではのヒューマニズムで描いた。日中アクション映画のアイドルが出演するイースト・ミーツ・イーストものとして海外でも人気があるが、座頭市作品としては異色の一作。

香港版[編集]

本作は勝プロと香港ゴールデン・ハーベスト社との合作映画で世界配給は勝プロ、中国語圏及び、東南アジア諸国の配給はゴールデン・ハーベストが行った。

香港版はジミー・ウォング、勝新太郎のダブル主演作品として公開された。

巷間伝えられている、座頭市敗北版である。

以下、主な日本版との相違点である。

  • タイトル前の座頭市と斬られ役との立ち回りシーンの全面カット。
  • 座頭市が旅路を行くタイトルバックの全面カット。
  • オープニングはゴールデン・ハーベストのカンパニーロゴに続いてマカロニ・ウェスタン風のタイトルバックに『中日両大巨星大合演(日中2大スター共演)』、『王羽 飾 獨臂刀』、『勝新太郎 飾 盲侠』『獨臂刀大戦盲侠』と紹介され、最後は『導演(監督)黄銘・安田公義』とクレジットされ、本編に切り替わる。
  • ファーストシーンから王羽が登場するが、役名は日本版と違い、『獨臂刀』シリーズの主人公同様、「方剛(ファン・カン)」である。
  • 登場人物は全て北京語で話す。
  • 座頭市の名前は「李大侠」に変わっている。
  • てんぷくトリオと座頭市の絡みは全面カット。
  • ラストは座頭市ではなく、獨臂刀が勝つ。
  • 日本版は一瞬、獨臂刀が勝利し、立ち去らせようとしたところ、崩れ落ち、座頭市が逆転勝利を収めるが、香港版は獨臂刀が浜木綿子扮する遊女に座頭市を介抱するように言い残し、そのまま立ち去り、『劇終』のエンドタイトル。
  • ラストショットのカメラアングルは日本版に準拠している。
  • ラストの勝者の行り以外に香港版独自の撮り下ろしシーンはない。

以上、主な相違点であるが、この香港版は版権が現在、混乱しており、公立のフィルムアーカイブで上映用プリントが確認されているだけである。

実質的な製作をした勝プロの常務だった眞田正典は本作の製作進行を担当、ラストシーンは組合の労働時間の関係で香港版はいい加減に撮影し、現像後、当該シーンのフィルムはネガごとゴールデン・ハーベストに引き渡したと証言している。

日本、香港、両版共に勝敗が決しただけで、お互い絶命には至っていない。

本作の主人公の名前は『方剛』であることから、オリジナルシリーズの製作会社ショウ・ブラザースから訴訟を含め、さまざまな妨害措置をとられた。その1つがオリジナルの監督チャン・チェデビッド・チャンティ・ロン主演で製作した『新・片腕必殺剣』である

幻ではあるが、座頭市唯一の黒星である。

見どころ[編集]

言うまでもなく、座頭市とジミー・ウォングとの対決が本作最大の見どころである。またお色気シーンは控えめなものの、殺陣によるゴアシーンの凄みは増し、ダークヒーローものにふさわしい味わいとなっている。東西芸人が出演し、劇中で余興を見せてくれるのも本シリーズ後期作品における魅力のひとつであるが、今作ではてんぷくトリオが出演し、座頭市との滑稽なやりとりを楽しむことができる。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]