こつなぎ 山を巡る百年物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こつなぎ 山を巡る百年物語
監督 中村一夫
ナレーター すまけい
撮影 前島典彦
配給 「こつなぎ」上映実行委員会事務局
公開 2010年5月22日
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

こつなぎ 山を巡る百年物語』(こつなぎ やまをめぐるひゃくねんものがたり)は、2009年日本映画山形国際ドキュメンタリー映画祭2009特別招待作品。いわゆる小繋事件の裁判の歴史と住民の暮らしを追った記録映画。

概要[編集]

映画には、亀井文夫監督をサポートしたドキュメンタリーカメラマン菊地周、写真家の川島浩、ドキュメンタリー作家の篠崎五六が小繋を訪れて記録した膨大なフイルム・写真・録音テープなどが活かされている[1]

映画の企画・制作を担当したのは、菊地周夫人の菊地文代[1]

スタッフ[編集]

  • 企画・制作 - 菊地文代(株式会社周)
  • 監督 - 中村一夫
  • 撮影 - 前島典彦
  • 語り - すまけい
  • 配給協力 - パンドラ
  • 後援 - 社団法人農山漁村文化協会、財団法人森林文化協会、NPO法人樹木環境ネットワーク、NPO地球緑化センター、日本有機農業研究会、一般社団法人あいあいネット
  • 協力 - 福島県郡山市石筵共有林組合、全国農業協同組合労働組合連合会、岩手県生活協同組合連合会
  • 文部科学省選定(青年・成人向き)

評価[編集]

2009年第83回キネマ旬報文化映画ベスト・テン第2位に選ばれた[2]

出典[編集]

  1. ^ a b 「ドキュメンタリー映画「こつなぎ」をみて」加藤善正(岩手県生活協同組合連合会会長理事)リベラル21
  2. ^ 2009年第83回キネマ旬報ベスト・テン

外部リンク[編集]