四日間の奇蹟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

四日間の奇蹟』(よっかかんのきせき)は、浅倉卓弥小説、またその小説を原作とする日本映画

小説[編集]

2003年平成15年)1月宝島社から刊行された。第1回『このミステリーがすごい!』大賞の金賞受賞作品。2004年(平成16年)1月に文庫化され、累計127万部。また、瓜生花子の作画による漫画版も発刊されている。

ストーリー[編集]

新進ピアニストとして将来を嘱望視されていた如月敬輔は、留学先のオーストリアで強盗事件に巻き込まれた少女をかばい、薬指を失ってしまう。両親を失った知的障害の少女・楠本千織を引き取った敬輔は、彼女のサヴァン症候群による優れたピアノの才能を見出し、彼女と各地を演奏して廻ることとなる。

そうして招待された療養センターで敬輔たちは、敬輔の高校時代の後輩だった岩村真理子と出会う。真理子はかつて農家の息子に嫁入りし、子供が出来ないために夫の家族に一方的に離婚を言い出された、という辛い過去の持ち主だった。真理子と親しくなっていく敬輔・千織だったが、落雷による事故に巻き込まれて真理子は意識不明の重傷を負い、その真理子の心が千織の体に宿る。

真理子に与えられた期間は4日間。最期の時が来るまで、真理子は敬輔と共に自分の人生を見つめ直していくこととなる。

映画[編集]

2005年平成17年)6月4日に公開された。監督の佐々部清の出身である山口県下関市豊北町に位置する角島が主な舞台になっている。 なお京都唯一の東映直営封切館“大宮東映劇場”閉館最後の上映作品でもある。

映画撮影用に建てられた教会 現在はキャンプ用の施設に再利用されている
「つのしま自然館」は、映画の序盤で真理子(石田ゆり子)と千織(尾高杏奈)が出会う療養所として登場
映画の物語で度々登場する角島灯台 日没とともに三方へ光を放ち始める
ロケで使用された特牛駅。ロケで使われた「伊上畑駅」の看板がある。

キャスト[編集]

  • 如月 敬輔(きさらぎ けいすけ) - 吉岡秀隆:千織の引き取り手
  • 岩村 真理子(いわむら まりこ) - 石田ゆり子:療養センター職員
  • 楠本 千織(くすもと ちおり) - 尾高杏奈:敬輔と共に生活
  • 長谷川 未来(はせがわ みく) - 中越典子:看護師
  • 倉野 和枝(くらの かずえ) - 松坂慶子:医師・倉野の妻
  • 倉野 順次(くらの じゅんじ) - 西田敏行:脳科学研究所勤務医
  • 萩原 誠(はぎわら まこと) - 鳥羽潤:療養センター職員
  • 後藤 則幸(ごとう のりゆき) - 西村和彦:真理子の前夫
  • 後藤 小夜子(ごとう さよこ) - 小林綾子:則幸の妻
  • 長谷川 隆(はせがわ たかし) - 石橋蓮司:未来の父
  • 藤本 正造(ふじもと しょうぞう) - 平田満:療養センター所長

スタッフ[編集]

劇中ピアノ曲[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]