浅倉卓弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浅倉 卓弥あさくら たくや
誕生 (1966-07-13) 1966年7月13日(55歳)
日本の旗 北海道 札幌市
職業 作家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2003年 -
ジャンル ファンタジー
主な受賞歴 『このミステリーがすごい!』大賞(2002年)
デビュー作四日間の奇蹟
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

(あさくら たくや、1966年[1]7月13日[要出典] -)は、日本作家、翻訳家。

北海道札幌市生まれ[1]東京大学文学部[1]。レコード会社へ就職し、洋楽部ディレクターほかを務める。その後、翻訳会社、雑誌編集部、団体職員などを経験する。

2002年に『四日間の奇蹟』で、第1回『このミステリーがすごい!』大賞の金賞を受賞[1]

著書[編集]

小説[編集]

単行本[編集]

  • 四日間の奇蹟(2003年1月 宝島社 / 2004年1月 宝島社文庫
  • 君の名残を(2004年6月 宝島社 / 2006年2月 宝島社文庫【上・下】 / 2022年2月 宝島社文庫【新装版 上・下】)
  • 雪の夜話(2005年1月 中央公論新社 / 2007年10月 中公文庫
  • 北緯四十三度の神話(2005年12月 文藝春秋 / 2008年12月 文春文庫
  • ビザール・ラヴ・トライアングル(2007年6月 文藝春秋)
    • 【改題】向日葵の迷路(2012年4月 幻冬舎文庫
      • 収録作品:ヨーグルトを下さい / 夕立のあと / 紅い実の皮 / 向日葵の迷路 / ビザール・ラヴ・トライアングル
  • オールド・フレンズ(2009年7月 宝島社【上・下】)
  • 追憶の雨の日々(2009年8月 宝島社)
  • ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ(2009年12月 ポプラ社
  • 黄蝶舞う(2010年1月 PHP研究所 / 2012年6月 PHP文芸文庫)
    • 収録作品:空蝉 / されこうべ / 双樹 / 黄蝶舞う / 悲鬼の娘

単行本未収録作品[編集]

  • 霧の降る郷 第一章(角川書店野性時代』2007年2月号 - 10月号)
  • ラ・カンパネラ(PHP研究所『月刊PHP』2007年7月号 - 8月号)
  • 箴言――これは小説ではない(朝日新聞出版小説トリッパー』2007年冬季号)
  • ハチミリ(角川マーケティング『別冊カドカワ 総力特集 スキマスイッチ』2009年)
  • 冬の十字架(宝島社『別冊宝島1711 『このミステリーがすごい!』大賞STORIES』2010年11月)
  • ひょいの話(PHP研究所『文蔵』2013年10月号)
  • 乱 0000-XXXX(角川マーケティング『別冊カドカワ 総力特集 LUNA SEA』2014年)
  • 液晶と携帯電話のフーガ(河出書房新社文藝』2016年秋季号)
  • 関ヶ原の丑三つ(PHP研究所『歴史街道』2016年)
  • 黒夜叉姫(河出書房新社『文藝』2018年冬季号)

電子書籍[編集]

  • サムライ伝 ダダイ編(2013年7月 文力ノベルス)
  • サムライ伝 シモン編(2013年11月 文力ノベルス)

その他[編集]

翻訳書[編集]

  • 父と僕の終わらない歌(サイモン・マクダーモット著)(2018年12月 ハーパー・コリンズ・ジャパン
  • 天才作家の妻 40年目の真実(メグ・ウォリッツァー著)(2019年1月 ハーパー・コリンズ・ジャパン)[2]
  • 安アパートのディスコクイーン〜トレイシー・ソーン自伝(トレイシー・ソーン著)(2019年6月 Pヴァイン
  • くたばれインターネット英語版(ジャレット・コベック著)(2019年12月 Pヴァイン)
  • アナザー・プラネット〜郊外の十代(トレイシー・ソーン著)(2020年6月 Pヴァイン)
  • フェイス・イット~デボラ・ハリー自伝(デボラ・ハリー著)(2020年7月 Pヴァイン)
  • ぜんぶ間違ってやれ~XXXテンタシオン・アゲインスト・ザ・ワールド(ジャレット・コベック著)(2020年11月 Pヴァイン)
  • レコードは死なず(エリック・スピッツネイゲル著)(2021年1月 Pヴァイン)
  • デイジー・ジョーンズ・アンド・ザ・シックスがマジで最高だった頃(テイラー・ジェンキンス・リード著)(2022年1月 左右社)
  • ミッドナイト・ライブラリー(マット・ヘイグ著)(2022年2月 ハーパー・コリンズ・ジャパン)

映像化作品[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 四日間の奇蹟”. 宝島社. 2022年6月12日閲覧。
  2. ^ 天才作家の妻 40年目の真実”. Book Bang. 新潮社 (2019年3月28日). 2020年6月24日閲覧。

外部リンク[編集]