いつか誰かが殺される

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

いつか誰かが殺される』(いつかだれかがころされる)は、赤川次郎の小説およびそれを原作とした1984年日本映画

書誌情報[編集]

  • 『いつか誰かが殺される』 1981年、カドカワノベルズ
  • 『いつか誰かが殺される』 1984年、角川文庫ISBN 4-04-149716-7
  • 『いつか誰かが殺される 赤川次郎ベストセレクション(11)』 2009年、角川文庫、ISBN 978-4-04-387012-7

映画[編集]

いつか誰かが殺される
監督 崔洋一
脚本 高田純
原作 赤川次郎
製作 角川春樹
出演者 渡辺典子
音楽 梅林茂
撮影 浜田毅
編集 鈴木晄
製作会社 角川春樹事務所
東映
配給 東映
公開 日本の旗 1984年10月10日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 5億1000万円[1]
テンプレートを表示

渡辺典子主演。角川春樹事務所東映の製作、東映の配給により1984年10月10日に公開された[2]。同時上映は和田誠監督の『麻雀放浪記』。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中川右介「資料編 角川映画作品データ 1976-1993」『角川映画 1976‐1986 日本を変えた10年』角川マガジンズ、2014年、283頁。ISBN 4-047-31905-8
  2. ^ いつか誰かが殺される - 作品情報・映画レビュー”. KINENOTE(キネノート). 2017年3月4日閲覧。 “製作会社 角川春樹事務所=東映”

外部リンク[編集]