M・ジョン・ハリスン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M・ジョン・ハリスン
Michael John Harrison
誕生 1945年6月26日(68歳)
イギリスの旗 イギリス ウォリックシャーラグビー
職業 小説家SF作家ファンタジー作家
国籍 イギリスの旗 イギリス
ジャンル SFファンタジー
主な受賞歴 アーサー・C・クラーク賞フィリップ・K・ディック記念賞
公式サイト M John Harrison dot com
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

マイケル・ジョン・ハリスンMichael John Harrison1945年6月26日 - )は、イギリス小説家SF作家ファンタジー作家。ファンタジーの大作《ヴィリコニウム》シリーズや、『ライト』、Nova Swingで知られる。

ウォリックシャーラグビーで、ウェールズ系の家庭に生まれた。

概要[編集]

初期の作品はファンタジーであった。1968年から1975年SF雑誌〈ニュー・ワールズ〉誌の編集者として過ごし、1976年から1986年までピーク・ディストリクトに住んだ。

この場所でハリスンは、ロック・クライミングへの関心に導かれ自伝体の小説 Climbers (1989年)を執筆した。続いて書かれた長編 The Course of the Heart (1991年)と短編 Empty (1995年)はロンドンとピーク・ディストリクトの間を舞台とし、リリカルな文体と場所地域への強い印象、そしてリアリズムとミスティシズムの対立から来る特徴的な緊張感をはらんでいる。

またハリスンは、マイク・ハリスン(Mike Harrison)の名で、イギリスの最も優れたクライマーの一人であるロン・フォーセットの代作者を務めたことがある。[1]

ハリスンは幾つかの短編でマイケル・ムアコックサイモン・イングスと共著したことがあり、またサイモン・パメルとはショートムービー Ray Gun Fun の脚本で協力した[2]The Wild Road (1996年)に始まるジェーン・ジョンソン(ガブリエル・キング名義)の4連作アニマルファンタジーは、ハリソンとの共著である。最近ではバーバラ・キャンベル(1001 Nights Cast, 2007年, 2008年)やケイト・マッキントッシュ(Loose Promise, 2007年)のパフォーマンスに素材を提供したりもしている。

デヴォンウェールズでアダム・リヴリーや紀行文作家ジェームズ・ペリンらと共に、風景描写や自叙伝体に焦点をあて、クリエイティブ・ライティングの指導を行っている。

1991年より『ガーディアン』を初め、『デイリー・テレグラフ』、『タイムズ文芸付録』、『ニューヨーク・タイムズ』などの一般紙でのレビュアーとしての活動も開始する。また短編を文芸誌 Conjunctions や日曜紙『インデペンデント・オン・サンデー』、『タイムズ文芸付録』などにも掲載している。

作品[編集]

《ヴィリコニウム》シリーズ[編集]

  • パステル都市 (The Pastel City, 1971) - 風の谷のナウシカに影響を与えた作品
  • A Storm of Wings (1980)
  • In Viriconium (1982)
  • Viriconium Nights (1984) - 短篇集
  • Viriconium (1988) - 上作品全てをまとめた決定版

《ライト》シリーズ[編集]

Tag, the Cat[編集]

ジェーン・ジョンソン(ガブリエル・キング名義)との合作。

  • The Wild Road (1997)
  • The Golden Cat 1998
  • The Knot Garden (2000)
  • Nonesuch (2001)

他長編[編集]

  • The Committed Men (1971)
  • The Centauri Device (1975)
  • The Machine in Shaft Ten (1975)
  • Climbers (1989) - 1989年ボードマン・タスカー山岳文学賞受賞
  • The Course of the Heart (1992)
  • Signs of Life (1996)
  • Things That Never Happen (2002)
  • Anima (2005)

短篇集[編集]

  • The Machine in Shaft Ten (1975)
  • The Ice Monkey (1985)
  • Travel Arrangements (2000)
  • Things That Never Happen (2002)

脚注[編集]

外部リンク[編集]