キース・ロバーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キース・ロバーツKeith Roberts1935年9月20日2000年10月5日)は、イギリスSF作家、イラストレーター。本国では地味な中堅SF作家として知られており、日本では単行本『パヴァーヌ』のほか、短編が翻訳されている。

生涯[編集]

1935年生まれ。長年、広告業界に携わった後1964年、ファンタジー短編『アニタ』で作家デビュー。1966年破滅SFを発表し1968年に代表作である歴史改変SF『パヴァーヌ』を発表。SF雑誌の編集も手がけその間に幾つもの短編を発表した。その後は鳴りをひそめていたが1980年にSF長編を発表し1985年から連作短編集を発表。1987年には長編「Grainne」で英国SF協会賞長編部門を受賞した。

しかし、以後は小出版社から発表し、1990年代に入ると病気がちになり、その為か気難しく人間嫌いになった。一時は絶筆宣言が出されたほどだが、1997年には自伝的な長編を出版。2000年にはSF雑誌に連載を再開したが、肺炎をこじらせて死去。65歳。

代表作『パヴァーヌ』の日本語版は1987年3月に出版されたが、2ヶ月後にサンリオSF文庫自体が廃刊。入手困難になり、高額の値段が付く稀少本になった。その後、2000年に扶桑社から新装版が出版され、2012年に筑摩書房から文庫版が出版された。

主な著作[編集]

小説[編集]

  • The Furies (1966) - 長編
  • Pavane (1968)  邦訳『パヴァーヌ』越智道雄訳、筑摩書房ちくま文庫〉、2012年。
  • Anita (1970) - 連作短編集
  • The Inner Wheel (1970) - 連作短編集
  • The Boat of Fate (1971) - 長編歴史小説
  • Machines and Men (1973) - 短編集
  • The Chalk Giants (1974) - 連作短編集
  • The Grain Kings (1976) - 短編集
  • The Passing of the Dragons (1977) - 短編集
  • Ladies from Hell (1979) - 短編集
  • Molly Zero (1980) - 長編
  • Kiteworld (1985) - 連作短編集
  • Kaeti & Company (1986) - 連作短編集。「ケイティ」シリーズ
  • The Lordly Ones (1986) - 短編集
  • Gráinne (1987) - 長編。英国SF協会賞
  • The Road to Paradise (1989) - 長編
  • Winterwood and Other Hauntings (1989) - ホラー短編集
  • Kaeti on Tour (1992) - 連作短編集。「ケイティ」シリーズ
  • Lemady: Episodes of a Writer's Life (1997) - 自伝的小説

その他[編集]

  • A Heron Caught in Weeds (1987) - 詩集
  • The Natural History of the P.H. (1988) - ノンフィクション
  • Irish Encounters: A Short Travel (1989) - アイルランド旅行記

参考文献[編集]

  • 『パヴァーヌ』解説(大野万紀)、訳者あとがき(越智道雄)

外部リンク[編集]