ボブ・ショウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボブ・ショウ
誕生 ロバート・ショウ
(1931-12-31) 1931年12月31日
北アイルランドの旗ベルファスト
死没 (1996-02-11) 1996年2月11日(64歳没)
イギリスの旗ウォリントン
職業 小説家構造エンジニア、航空機設計者, ジャーナリスト
ジャンル サイエンス・フィクション
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ロバート・“ボブ”・ショウ(Robert "Bob" Shaw, 1931年12月31日 - 1996年2月11日)は、北アイルランドSF作家SFファン

概要[編集]

ボブ・ショウはベルファストで警察官の3兄弟の長男として生まれた[1]。11歳の頃からヴァン・ヴォークトの短編や初期の『アナログ』誌を読み始め、SFに馴染んでいった。ショウは後に、この時の体験はLSDの摂取よりも重大な意義を持ち、かつ長続きしたと説明している[2]

1950年には、北アイルランドのSF小説家であるジェイムズ・ホワイトの家でファンダムのグループと出会い、参加することとなる。そのグループはSFファンダムの草創期に影響力を持ち、後にショウも寄稿することとなる HyphenSlant といったファンジンを発行していた[1]。この時期にショウは "BoSh" のニックネームを得た[3]。1951年に最初のSF短編を発表し、続けて幾つもの作品を世に送り出していった。

作品[編集]

ショウの作品はおそらく、スローガラスの概念を知らしめたSF短編「去りにし日々の光」(Light of Other Days, 1966年)がもっともよく知られている。ショウはこの短編を『アナログ』誌の編集者ジョン・W・キャンベルに売り込み、大変気に入ったキャンベルにより、ショウは続編「物証の重み」(Burden of Proof, 1967年)を書くこととなる。元のストーリーは、数年の構想の後に、わずか4時間で書き上げられたものであった[4]。ショウはこのコンセプトを膨らませ、長編『去りにし日々、今ひとたびの幻』(Other Days, Other Eyes, 1972年)にまとめた。

著作リスト[編集]

  • Night Walk (1967)
  • The Two-Timers (1968)
  • The Palace of Eternity (1969)
  • The Shadow of Heaven (1969)
  • One Million Tomorrows (1970)
  • Ground Zero Man (1971)
  • Other Days, Other Eyes (1972) - 短編集、日本語版題名『去りにし日々、今ひとたびの幻』
  • Tomorrow Lies in Ambush (1973)
  • The Orbitsville トリロジー
    • Orbitsville (1975)
    • Orbitsville Departure (1983)
    • Orbitsville Judgement (1990)
  • A Wreath of Stars (1976)
  • Cosmic Kaleidoscope (1976)
  • Cosmic Kaleidoscope (1977)
  • Medusa's Children (1977) 日本語版題名『メデューサの子ら』
  • The Warren Peace saga
    • Who Goes Here? (1977) - 1988年に 短編 The Giaconda Caper として再発行。日本語版題名『おれは誰だ?』
    • Warren Peace (1993) - 1994年に Dimensions として再発行。
  • Ship of Strangers (1978) - 短編集 日本語版題名『見知らぬ者たちの船』
  • Vertigo (1978) - 1991年に Terminal Velocity として再発行。日本語版題名『眩暈』
  • Dagger of the Mind (1979)
  • The Ceres Solution (1981)
  • Galactic Tours (1981) - David A. Hardy と共著。
  • Courageous New Planet (1981) - 限定パンフレット
  • A Better Mantrap (1982) - 短編集
  • Fire Pattern (1984)
  • Messages Found in an Oxygen Bottle (1986) - 短編集
  • Land and Overland トリロジー
    • The Ragged Astronauts (1986)
    • The Wooden Spaceships (1988)
    • The Fugitive Worlds (1989)
  • Killer Planet (1989)
  • Dark Night in Toyland (1989) - 短編集
  • Overload (1995) - 限定パンフレット

ノンフィクション[編集]

  • The Best of the Bushel (1979)
  • The Eastercon Speeches (1979)
  • How to Write Science Fiction (1993)
  • A Load of Old BoSh (1995) - The Eastercon Speeches を含む。

短編(一部)[編集]

  • 去りにし日々の光 ("Light of Other Days, 1966)
  • "Skirmish on a Summer Morning" (1976)
  • "Unreasonable Facsimile" (1974)
  • "A Full Member of the Club" (1974)
  • "The Silent Partners" (1959)
  • "The Element of Chance" (1969)
  • "The Gioconda Caper" (1976)
  • "An Uncomic Book Horror Story" (1975)
  • "Deflation 2001" (1972)
  • "Waltz of the Bodysnatchers" (1976)
  • "A Little Night Flying" ("Dark Icarus") (1975)

脚注[編集]

  1. ^ a b Lyons & O'Malley-Younger 2008, p. 195
  2. ^ Stableford 1995, p. 22
  3. ^ Cloud Chamber 118 - D. Langford”. Ansible.co.uk. 2011年11月8日閲覧。
  4. ^ Ashley 2005, p. 286

引用出典[編集]

外部リンク[編集]