ジェームズ・サーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェームズ・サーバー
James Thurber
James Thurber NYWTS.jpg
ジェームズ・サーバー(1954年)
誕生 James Grover Thurber
(1894-12-08) 1894年12月8日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オハイオ州コロンバス
死没 (1961-11-02) 1961年11月2日(66歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
墓地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オハイオ州コロンバス Green Lawn Cemetery
職業 作家漫画家編集者
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 オハイオ州立大学
活動期間 1929年 - 1961年
ジャンル 短編小説漫画エッセイ
主題 ユーモア、言語
代表作
主な受賞歴 トニー賞特別賞(1960年、"A Thurber Carnival")
配偶者 Althea Addams Thurber (m. 1925–35)
Helen Wismer Thurber (m. 1935–61)
子供 1
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジェームズ・グローバー・サーバー(James Grover Thurber、1894年12月8日 - 1961年11月2日)はアメリカ合衆国作家漫画家である。雑誌『ザ・ニューヨーカー』の編集者・執筆者としても活躍した。

ニューヨーカー誌に掲載された"The Catbird Seat"などの漫画や短編小説で有名であり、後に書籍として出版された。普通の人々の欲求不満や奇抜さを描いた漫画で知られており、その時代の最も人気のあるユーモリストの一人だった。彼が大学時代からの友人である映画監督・脚本家のエリオット・ニュージェント英語版と共同で書いたブロードウェイコメディ"The Male Animal"は、ヘンリー・フォンダオリヴィア・デ・ハヴィランドの主演で映画化(邦題『男性英語版』)された。彼の短編『ウォルター・ミティの秘密の生活英語版』は、1947年(邦題『虹を掴む男』)と2013年(邦題『LIFE!』)に映画化された。

生涯[編集]

サーバーは、1894年12月8日オハイオ州コロンバスで父チャールズ・L・サーバーと母メアリー・アグネス・サーバー(旧姓フィッシャー)の間に生まれた。両親とも、彼の作品に大きな影響を与えた。父は臨時雇の事務員で、弁護士か俳優になることを夢見ていた。母のことをサーバーは、「生まれながらのコメディアン」「私が知る限り最高のコミックの才能」と述べていた。母はあるとき、身体が不自由になったふりをして信仰療法の集会に参加し、跳ね上がって治ったと言った[1]

14歳の時のジェームズ・サーバー

サーバーが7歳のとき、兄弟とウィリアム・テルごっこをしていて、誤っておもちゃの矢が左眼に刺さった[2]。これにより左眼を失明し、後に負傷によりほぼ完全に盲目状態となった。このために、子供時代にスポーツやその他の活動に参加することができなかったが、文章で自分を表現するための創造的な心を発達させた[1]。神経科医のヴィラヤヌル・S・ラマチャンドランは、サーバーの想像力がシャルル・ボネ症候群英語版である程度説明できるかもしれないと示唆した。シャルル・ボネ症候群は、低視力になった際に引き起こされる複雑な視覚幻覚である[3]("The Admiral on the Wheel"という作品はこの症候群が基礎となっている)。

高校の卒業写真
1915年に撮影された家族写真。左から右に、前列がロバート、チャールズ(父)、後列がウィリアム、ジェームズ、メアリー(母)

1913年から1918年までオハイオ州立大学に通った。このときに借りて一家で住んでいたジェファーソン通り77番の家は、1984年に「サーバー・ハウス」となった。視力が悪いため、必須だった予備役将校訓練課程(RTOC)を受講できず、大学を卒業できなかった[4]。死後の1995年に、大学は学位を授与した[5]

オハイオ州コロンバスのサーバーハウス

1918年から1920年まで、米国国務省の書記官として働いた。最初の勤務地はワシントンD.C.で、後にパリの在仏大使館に移った。コロンバスに戻り、1921年から1924年にかけて地元の新聞『コロンバス・ディスパッチ英語版』の記者をしていた。この間、"Credos and Curios"(クレドスとキュリオス)というタイトルの週刊コラムで本、映画、演劇をレビューした。このタイトルは、彼の死後に出された作品集につけられた。その後パリに戻り、『シカゴ・トリビューン』などの新聞に寄稿した[5]

ニューヨークで[編集]

1925年、サーバーはニューヨーク市のグリニッジ・ヴィレッジに移り、『ニューヨーク・イブニング・ポスト』の記者としての職を得た。1927年、彼は友人でニューヨーカーに寄稿していたE・B・ホワイトのつてで『ニューヨーカー』誌の編集者となった。1930年、彼が描いてゴミ箱に捨てた絵をホワイトが見つけたことから、漫画家としての彼のキャリアが始まった。ホワイトは、雑誌でよりよく再現できるように、初期にはサーバーが描いた作品に修正を入れていたが、後にそれを後悔した。サーバーは、1950年代までユーモアや風刺に溢れたエッセイ漫画短編をニューヨーカー誌に寄稿した。

結婚と家族[編集]

サーバーは1922年にアルテア・アダムスと結婚したが、1935年5月に離婚した[1]。アルテアとの結婚は「魅力的で、素晴らしい、そして傷ついた関係」に変わったと、彼は友人に宛てて書いている[6]。一家はコネチカット州フェアフィールド郡に住み、アルテアとの間に一女ローズマリー(1931年生まれ)を儲けた[7]。彼は1935年6月にヘレン・ウィズマー(1902年 - 1986年)と結婚した[8]

死去[編集]

晩年、彼の行動は不安定で予測不可能なものになった。1961年10月4日に脳血栓により意識を失い、緊急手術を受けた。手術は最初は成功したが、同年11月2日に肺炎の合併症により66歳で亡くなった。医師は、彼の脳は脳卒中と動脈硬化により細胞老化していたと述べた。彼の妻ヘレンによれば、彼の最期の言葉は、繰り返された"God"(神よ)という言葉は別として、"God bless... God damn"(神のご加護を……こんちくしょう)だった[9]

遺産と栄誉[編集]

キャリア[編集]

彼はアメリカの主要な文学者の中でも特異な存在であり、シンプルでシュールな絵や漫画で有名になった。彼の絵の技術は、ニューヨーカー誌の同僚であるE・B・ホワイトの支援や協力によって開花したものである。ホワイトは、サーバーのスケッチが芸術表現として独立していると主張した。 サーバーは、ニューヨーカー誌のために6枚の表紙絵と多くのイラストを描いた。

無類の愛犬家としても知られ、を題材にした漫画や小説作品も多い。

作家[編集]

サーバーの人生の最後の20年間は、失明したにもかかわらず、世俗的・職業的な成功に満ちたものだった。彼は少なくとも14冊の本を出版した。その中には、The Thurber Carnival(1945年)、Thurber Country(1953年)、そしてニューヨーカー誌の編集者ハロルド・ロス英語版の生涯について書いたThe Years with Ross(1959年)がある。『ウォルター・ミティの秘密の生活英語版』(1947年)など、短編小説の多くは映画化された。冴えない日常生活を送りながら、空想の中で英雄的な冒険に耽る男を描いた短編である『ウォルター・ミティの秘密の生活』は、1947年ダニー・ケイ主演で映画化(邦題『虹を掴む男』)され、さらに2013年にはベン・スティラー主演で『LIFE!』としてリメイクされた。彼の短編小説の多くは彼の人生の経験に基づくユーモラスな架空の回顧録であるが、狂気と殺人の物語である"The Whip-Poor-Will"などの暗い題材の物語も書いた。

フィクションのほか、サーバーは75作以上の寓話を書いた。その一部はニューヨーカーから1939年に出版され、その後、作品集Fables for Our Time & Famous Poems Illustrated(1940年)とFurther Fables for Our Time(1956年)が出版された。これらは、擬人化された動物を主人公として描いた短編小説であり、最後に格言で締めくくっていた。ただし、彼の最も有名な寓話であるThe Unicorn in the Garden庭さきの一角獣英語版)はこの形式の例外である。この寓話は、話すことのできない一角獣を除いて登場人物は全て人間である。サーバーの寓話は風刺的であり、格言は読者へのアドバイスであると同時に落ちとしても機能し、「信頼できるガイドラインがほとんど存在しない不確実で不安定な場所として世界を描くことにより、人生の複雑さ」を示した[13]

彼の作品には、The White Deer(1945年)、The 13 Clocks(1950年)、The Wonderful OすばらしいO英語版、1957年)などのおとぎ話もある。ニューヨーカー誌やその他の媒体に寄稿されたサーバーの散文には、数多くのユーモラスなエッセイが含まれている。彼の晩年に特に好んで取り上げた題材は英語だった。この題材のエッセイには、会話での'You Know'の乱用を非難する"The Spreading 'You Know'"('You Know'の蔓延)や、"The New Vocabularianism"、"What Do You Mean It Was Brillig?"などがある。物語、エッセイ、あるいはその中間など形式を問わず、彼の短編は、サーバーとニューヨーカー誌のスタッフによって「カジュアル」と呼ばれていた[14]

サーバーは、ニューヨーカー誌の創始者であるハロルド・ロス英語版の伝記的な回想録The Years with Ross(1958年)を執筆した。彼は、聞き取りと研究に基づいてラジオソープオペラ現象を詳しく調べ、1947年から1948年の間に5回に渡ってニューヨーカー誌の記事を執筆した。これは、ポップカルチャー現象を詳細に調査した最初のものの一つだった。

漫画家[編集]

イラストはシンプルな線の絵柄が特徴的で、絵本作家の長新太はサーバーの漫画に影響を受けたと語っている[15]

サーバーは、1920年代から1930年代には普通の方法で漫画を描いていたが、視力の低下に伴い方法の変更を余儀なくされた。彼は、非常に大きな紙に黒の太いクレヨンで漫画を書いた(あるいは、黒い紙に白のチョークで描き、それを写真に撮って色を反転した)。このような方法に関わらず、彼の漫画はその著作と同様に注目されるようになった。彼の絵は不気味で不安定な感じを持っており、それは彼の人生に対する特異な見方を反映しているようだった。彼はかつて、自分の絵が水の中に描いたように見えると言われたと書いていた。サーバーの友人であるドロシー・パーカーは、彼の漫画が「焼く前のクッキーのように見える」と言った。サーバーが最後に描いた絵は、黒い紙に黄色のクレヨンで描かれた自画像であり、1951年7月9日の『タイム』誌の表紙として取り上げられた[16]。この絵は、1952年に刊行されたThe Thurber Albumのブックカバーにも使われた。

派生作品[編集]

作品[編集]

一般書[編集]

  • Is Sex Necessary? or, Why You Feel the Way You Do,(1929年、E・B・ホワイトとの共著)
    • 75周年記念版(2004年、ジョン・アップダイクによる序文) 0-06-073314-4
  • The Owl in the Attic and Other Perplexities(1931年)
  • The Seal in the Bedroom and Other Predicaments(1932年)
  • My Life and Hard Times(1933年)0-06-093308-9
  • The Middle-Aged Man on the Flying Trapeze(1935年)
  • Let Your Mind Alone! and Other More Or Less Inspirational Pieces(1937年)
  • The Last Flower(1939年)
  • Fables for Our Time and Famous Poems Illustrated(1940年)0-06-090999-4
  • My World—And Welcome to It(1942年) 0-15-662344-7
  • Men, Women and Dogs(1943年)
  • The Thurber Carnival(アンソロジー、1945年)0-06-093287-2, 0-394-60085-1 (Modern Library Edition)
  • The Beast in Me and Other Animals(1948年) 0-15-610850-X
  • The Thurber Album(1952年)
  • Thurber Country(1953年)
  • Thurber's Dogs(1955年)
  • Further Fables for Our Time(1956年)
  • Alarms and Diversions(アンソロジー、1957年)
  • The Years with Ross(1959年) 0-06-095971-1
  • Lanterns and Lances(1961年)

児童書[編集]

戯曲[編集]

死後に刊行された作品集[編集]

  • Credos and Curios(1962年、ヘレン・サーバー編集)
  • Thurber & Company(1966年、ヘレン・サーバー編集)
  • Selected Letters of James Thurber(1981年、ヘレン・サーバー、エドワード・ウィークス編集) 978-0-316844-44-4
  • Collecting Himself: James Thurber on Writing and Writers, Humor and Himself(1989年、マイケル・J・ローゼン英語版編集)
  • Thurber on Crime(1991年、Robert Lopresti編集) 978-0-892964-50-5
  • People Have More Fun Than Anybody: A Centennial Celebration of Drawings and Writings by James Thurber,(1994年、マイケル・J・ローゼン編集) 978-0-151000-94-4
  • James Thurber: Writings and Drawings(アンソロジー、1996年、ガリソン・キーラー英語版編集、ライブラリー・オブ・アメリカ978-1-883011-22-2
  • The Dog Department: James Thurber on Hounds, Scotties, and Talking Poodles(2001年、マイケル・J・ローゼン編集) 978-0-060196-56-1
  • The Thurber Letters: The Wit, Wisdom, and Surprising Life of James Thurber(2002年、Harrison Kinney、Rosemary A. Thurber編集) 978-0-743223-43-0
  • Collected Fables(2019年、マイケル・J・ローゼン編集)
  • A Mile and a Half of Lines: The Art of James Thurber(2019年、マイケル・J・ローゼン編集) 978-0814255339

短編集[編集]

この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています

邦訳作品[編集]

作品集[編集]

  • 『現代イソップ 名詩に描く』福田恒存訳、万有社、1950年
  • 『現代アメリカ文学全集4 J・サーバー.R・ラードナー.M・キャンター』杉木喬石川欣一訳 荒地出版社、1957年
  • 『虹をつかむ男』鳴海四郎訳、早川書房、1962年(1976年、2006年に新版刊行)、ハヤカワepi文庫、2014年
  • 『すばらしいO(オー)』船戸英夫訳、興文社、1968年
  • 『あの世からやってきた犬』津山悌二訳、丸の内出版、1971年
  • 『空中ブランコに乗る中年男』西田実鳴海四郎訳、講談社、1974年(のち講談社文庫
  • 『虹をつかむ男 他19篇』鈴木武樹訳、角川書店角川文庫)、1974年。のち『ジェイムズ・サーバー傑作選1』(創土社、1978年)
  • 『マクベス殺人事件の謎 他25篇』鈴木武樹訳、角川書店(角川文庫)、1975年。のち『ジェイムズ・サーバー傑作選2』(創土社、1978年)
  • 『サーバーのイヌ・いぬ・犬』鳴海四郎訳、早川書房、1982年、ハヤカワ文庫NF、1985年
  • 『サーバーおじさんの犬がいっぱい』マイケル・J.ローゼン編、青山南訳、筑摩書房、2009年
  • 『傍迷惑な人々 サーバー短編集』芹澤恵訳、光文社古典新訳文庫、2012年

戯曲[編集]

  • 『男性動物 現代世界戯曲選集6 アメリカ篇』エリオット・ヌージェント共作 鳴海四郎・訳 白水社 1954

絵本・童話[編集]

  • 『たくさんのお月樣』ジェイムズ・サーバー原著、ルイス・スロボドキン画、光吉夏弥訳、日米出版社、1949年
  • 『たくさんのお月さま』ジェームズ・サーバー作、宇野亜喜良長新太画 、今江祥智訳、学習研究社、1965年
  • 『大おとことおもちゃやさん』ジェームズ・サーバー作、柏村由利子絵、那須辰造訳、偕成社、1967年
  • 『たくさんのお月さま』ジェームス・サーバー作、宇野亜喜良絵、今江祥智訳、サンリオ出版、1976年
  • 『そして、一輪の花のほかは…』ジェイムズ・サーバー作、高木誠一郎訳、篠崎書林、1983年
  • 『たくさんのお月さま』ジェームズ・サーバー作、宇野亜喜良絵、今江祥智訳、ブックローン出版、1989年
  • 『たくさんのお月さま』ジェームズ・サーバー文、ルイス・スロボドキン絵、なかがわちひろ訳、徳間書店、1994年
  • 『おもちゃ屋のクィロー』ジェームズ・サーバーさく、飯野和好え、上条由美子やく、福音館書店、1996年

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Liukkonen, Petri. “James Thurber”. Books and Writers (kirjasto.sci.fi). Finland: Kuusankoski Public Library. 2006年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月12日閲覧。
  2. ^ Kelly, John (2018年4月7日). “Perspective | Why is there a street in Falls Church, Va., named after James Thurber?” (英語). Washington Post. ISSN 0190-8286. https://www.washingtonpost.com/local/why-is-there-a-street-in-falls-church-va-named-after-james-thurber/2018/04/07/98d14084-3903-11e8-9c0a-85d477d9a226_story.html 2018年5月17日閲覧。 
  3. ^ V.S. Ramachandran; Sandra Blakeslee (1988). Phantoms in the Brain. HarperCollins. pp. 85–7. 
  4. ^ Thurber House. “James Thurber”. 2007年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月14日閲覧。
  5. ^ a b Thurber House. “James Thurber: His Life & Times”. 2006年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月14日閲覧。
  6. ^ Is Sex Necessary?”. The Attic. 2018年9月8日閲覧。
  7. ^ A Window Into Thurber's Secret Life, The New York Times, 12 March 1975
  8. ^ “Helen Thurber Is Dead at 84; Edited Writings of Husband”. The New York Times. (1986年12月26日). https://www.nytimes.com/1986/12/26/obituaries/helen-thurber-is-dead-at-84-edited-writings-of-husband.html 2016年1月11日閲覧。 
  9. ^ Bernstein, Burton (1975). Thurber. New York: Dodd, Mead & Company. p. 501. ISBN 978-0-396-07027-6. https://books.google.com/books?id=aKrZAAAAMAAJ. 
  10. ^ Grossberg, Michael (2009年10月5日). “Frazier first to win Thurber Prize twice”. The Columbus Dispatch. http://www.dispatch.com/content/stories/life_and_entertainment/2009/10/06/thurber_prize.html 
  11. ^ CONNECTICUT - Fairfield County”. National Register of Historic Places. 2019年12月12日閲覧。
  12. ^ OHIO - Franklin County”. National Register of Historic Places. 2019年12月12日閲覧。
  13. ^ "The Modern Fable: James Thurber's Social Criticisms", by Ruth A. Maharg, Children's Literature Association Quarterly, Volume 9, Number 2, Summer 1984, pp. 72-73.
  14. ^ Sorel, Edward (1989年11月5日). “The Business of Being Funny”. The New York Times (Time Inc.). https://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=950DE5D9113CF936A35752C1A96F948260 2007年8月17日閲覧。 
  15. ^ 青山南『傍迷惑な人々 サーバー短編集』解説P.313(芹澤恵訳、光文社古典新訳文庫、2012年8月)
  16. ^ “Time Magazine Cover: James Thurber – July 9, 1951”. Time Archive: 1923 to the Present (Time Inc.). (1951年7月9日). http://www.time.com/time/covers/0,16641,19510709,00.html 2007年1月31日閲覧。 
  17. ^ “Priceless Gift of Laughter”. Time Archive: 1923 to the Present (Time Inc.). (1951年7月9日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,806164-1,00.html 2007年1月31日閲覧。 
  18. ^ The Unicorn in the Garden”. The Big Cartoon Database. 2007年1月31日閲覧。
  19. ^ A Thurber Carnival”. Internet Broadway Database. The Broadway League. 2008年3月1日閲覧。
  20. ^ Thurber, James (January 8, 1949). “File and Forget”. The New Yorker 24 (46): 24–48. 

参考文献[編集]

サーバーの伝記[編集]

  • Bernstein, Burton. 1975. Thurber. William Morrow & Co. 9780396070276
  • Fensch, Thomas. 2001. The Man Who Was Walter Mitty: The Life and Work of James Thurber. 9780738840833
  • Grauer, Neil A. 1994. Remember Laughter: A Life of James Thurber. University of Nebraska Press. 9780803221550
  • Kinney, Harrison. 1995. James Thurber: His Life and Times. Henry Holt & Co. 9780805039665

書評[編集]

  • Holmes, Charles S. 1972. The Clocks Of Columbus: The Literary Career of James Thurber Atheneum. 9780689705748

外部リンク[編集]