打ち消し線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

打ち消し線(うちけしせん)は、文字の中央に横断する形で引く線である。横書きの場合は横線、縦書きの場合は縦線が引かれる。おもに該当の記述を削除する目的で使用される。

概要[編集]

文字を打ち消すのに用いられる。日本語の場合は文字の中央を横断する形で使用する。

通常の線だけでなく、二重線や三重線や波線が用いられる。

打ち消される文字

関連項目[編集]