縦中横

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

縦中横(たてちゅうよこ)は、縦組みの文書の中で横組みすることである。読みは「たてちゅうよこ」であり、「たてなかよこ」ではない(JIS X 4051で規定)。縦組みの行の中で数文字(通常2、3文字。まれに4文字以上)の欧字や数字を、1文字分の高さで左横書きに配置する。

縦中横を用いる場合、前の文字と後ろの文字の間に空白は開けず、行の中心が、縦中横全体の中心にくるように文字を配置する。また、縦中横の中の文字数が多い場合、それぞれの文字の幅を文字数に応じて三分(さんぶ。通常の文字の幅の3分の1)や四分(しぶ。同4分の1)などとすることで、縦中横にした箇所の幅が前後の文字と揃うように配慮する。[要出典]

昔の日本語では縦中横は存在しなかったが、明治時代の末ごろに使用されるようになった。[要出典]

縦組みの際に数字を表記する場合は、通常は漢数字を用いるが、算用数字を用いる場合もあり、この場合に2桁から4桁になる場合に縦中横が多く用いられる。

多い使用例[編集]

スタイルシートによる縦中横[編集]

スタイルシートを使用して縦中横を実装する場合はCSS 3で検討中となっていた writing-modeとtext-combine-upright属性を使用する。(現在は、一部のブラウザしか対応していない[1]

例:

<div style="writing-mode:vertical-rl">
 昭和<span style="text-combine-upright:all">20</span><span style="text-combine-upright:all">8</span><span style="text-combine-upright:all">6</span>日に広島に原爆が投下され、
 上空<span style="text-combine-upright:all">580</span>メートルで爆発し、<span style="text-combine-upright:all">3.5</span><span style="text-combine-upright:all">km</span>離れた場所に
 いる人でも火傷を負った。
</div>

表示例

昭和2086日に広島に原爆が投下され、
上空580メートルで爆発し、3.5km離れた場所に
いる人でも火傷を負った。

出典[編集]

  1. ^ text-combine-upright - CSS | MDN”. 2016年5月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]