マネト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

マネトラテン語: Manetho[1]、生没年不詳)は紀元前3世紀古代エジプト歴史家神官

プトレマイオス朝に仕えたエジプト人であり、ギリシア語で著作を行った。歴史書『アイギュプティカ』で示した時代区分は、 現代もエジプト年代学の基礎となっている。

名称[編集]

マネトはラテン語による名[1]で、マネトー[2]とも表記される。ギリシャ語形ではマネトーンΜανέθων / Manethōn、長母音を略してマネトン[1]とも)またはマネトースΜανέθως / Manethōs)。

経歴[編集]

マネトはエジプト人であったが、彼の時代(紀元前300年前後)はヘレニズム系のプトレマイオス朝の時代であり、彼もプトレマイオス1世2世に仕えたためギリシア語で著作を行った。また、神官としてヒエログリフも解読できたとみられ、その能力が著作に生かされたとみられている。

マネトの著作は現存しておらず、断片部が引用されてその内容が知られている。代表的なものとして『アイギュプティカ』(古代ギリシア語: Αἰγυπτιακάアルファベット表記:Aegyptiaca。『エジプト史』『エジプト誌』とも呼ばれる)があり、古代エジプトの時代区分(「第○○王朝」)はアイギュプティカに基づいている。その他にもマネトが記したとされる著作も現存しておらず、中には彼の著作かどうかも不明なものもある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c マネトン”. 世界大百科事典 第2版(コトバンク所収). 2018年5月12日閲覧。
  2. ^ マネトー”. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典(コトバンク所収). 2018年5月12日閲覧。

参考文献[編集]

  • イアン・ショー、ポール・ニコルソン『大英博物館 古代エジプト百科事典』原書房、1997年 ISBN 4-562-02922-6 P520