エジプト第14王朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エジプト第14王朝(紀元前1725年頃-紀元前1650年頃、または紀元前1805年頃-紀元前1650年頃)は第2中間期に分類される古代エジプトの王朝。この王朝が支配した領域は下エジプトナイル川デルタ地帯)あるいはそのごく一部であったと推定されている。その歴史について残る記録は極めて少なく、全体像はよく分かっていない。

歴史[編集]

恐らく第14王朝は第13王朝末期に並存していた勢力であったが、その正確な年代については研究者の間でも見解が分かれている。Kim Ryholtは第14王朝が第12王朝最後の女王であるセベクネフェルの治世の半ばかその直後には既に成立していたと主張する。その中心となったのは第1中間期以降、エジプトに流入して数を増やしていたカナン系の住民で、ナイルデルタ東部で独立勢力になって以降、メンフィスの第13王朝政府に対抗したという。この説では第12王朝が終焉した紀元前1805年頃あるいは紀元前1778年頃からヒクソスに制圧される1650年頃まで約150年間存続したとされる。 一方で、第14王朝のものと見られる遺物の殆どは第13王朝中期以降の時代の地層から発見されていることから、他のエジプト学者は第14王朝が第13王朝のセベクヘテプ4世(在位前1730年頃 - 1720年頃)の治世半ばかそれ以降の年代に独立し、最長で約70年間続いたと考えている。

マネト[注釈 1]の記録によれば第14王朝には76人のクソイス英語版の王がいた[1][2]。クソイスはストラボン[注釈 2]の記録によれば下エジプトの内部にあって島でもあり都市でもあったとされている[1]。このクソイスは恐らく今日のサカで、下エジプト第6県にあったと考えられている[1]。しかし、近年の発掘調査で第15王朝の首都であるアヴァリス英語版[注釈 3]にヒクソスよりも前の時代から大規模な宮殿が存在していたことが明らかになり、同じ場所から非エジプト的な宗教様式を持った彫像が出土したこともあって、現在は多くの研究者が第14王朝がアヴァリスを中心にした政権だったと見ている。 Ryholtによれば、アヴァリスを中心とした第14王朝の勢力範囲は最大で下エジプトの全域に及び、ブバスティスが第13王朝との境界であったとされる。加えて、第14王朝のものと見られる紋章は上エジプトヌビアパレスティナでも見つかっているため、これを王朝が周辺の勢力と広範囲にわたる貿易を展開していた証拠であると主張している。

トリノ王名表に記録されている王のうち何人かは第14王朝の王であると考えられているが、彼らについての史料はほとんど残されていない。これらの王のうちベブネムは恐らくアジア名であり、アジア人の支配者がデルタ地帯に自立勢力を作っていたことが伺われる[3]。また、第14王朝の王の中で若干の史料が残されているのがネヘシ(英語版)王である[4][5]。彼は恐らくアジア人ではなくエジプト人の高官の息子であったと考えられている。アヴァリスから発見された神殿遺跡から彼の名前が発見されている他、周辺からも彼の記念物が見つかっている[4]。ネヘシ王の記念物の分布が下エジプト東部の狭い範囲に集中していることから、彼の王国はアヴァリス周辺の小さな勢力であったことが分かる[4]

ネヘシの治世と考えられる1705年頃以降、デルタ地域が長期の飢饉と疫病に見舞われた痕跡が発見されている。これらの災厄は第13王朝にも打撃を与えた可能性があり、王権が弱体化し、多数の王が短期間で交代する第2中間期の政治情勢の一因となり、ひいては第15王朝の急激な台頭を招いた可能性がある。

このように第14王朝の王について具体的に分かる事はほとんど無い。また第14王朝の王とされている人々が果たして本当に同一の勢力、家系に属したのかも判然としないのである[6]。その終焉の時期もはっきりしないが、少なくても第14王朝が支配していた下エジプト東部は紀元前17世紀後半には第15王朝ヒクソス)の勢力範囲に入ることになる。

歴代王[編集]

第14王朝の歴代王の一覧は復元されていない。この時代の印章の多くに王室の人々の名前が刻まれている物の、その相互の関係をはっきり証明するものはなく、名前以外に確かな事も何もわからない[6]。エイダン・ドドソンとディアン・ヒルトンはこの王朝の歴代王のリストの作成について「多くの場合1文字か2文字残っているだけの損傷著しい名前を列挙してみてもあまり意味はないように思われる。」としている[7]。クレイトンは実在が確実であるネヘシ王のみをリストにいれている[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 紀元前3世紀のエジプトの歴史家。彼はエジプト人であったが、ギリシア系王朝プトレマイオス朝に仕えたためギリシア語で著作を行った。
  2. ^ 紀元前後、古代ローマ時代のギリシア人地理学者。
  3. ^ 古代エジプト語:フト・ウアレト(ḥw.t wr.t)、現在のテル・アル=ダバア遺跡

出典[編集]

  1. ^ a b c フィネガン 1983, p.287
  2. ^ マネトーン断片集 第14王朝” (日本語). Barbaroi!. 2017年6月14日閲覧。
  3. ^ フィネガン 1983, p. 288
  4. ^ a b c 近藤 1997, pp. 119-120
  5. ^ スペンサー 2009, p. 47
  6. ^ a b ドドソン, ヒルトン 2012, p. 115
  7. ^ ドドソン, ヒルトン 2012, p. 285 注釈90番より
  8. ^ クレイトン 1999, p. 115

参考文献[編集]

原典資料[編集]

二次資料[編集]