紀元前525年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
世紀 前7世紀 - 前6世紀 - 前5世紀
十年紀 前540年代 前530年代
前520年代
前510年代 前500年代
前528年 前527年 前526年
紀元前525年
前524年 前523年 前522年

紀元前525年(きげんぜんごひゃくにじゅうごねん)は、西暦ローマ暦)による年。

紀元前1世紀共和政ローマ末期以降の古代ローマにおいては、ローマ建国紀元229年として知られていた。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前525年と表記されるのが一般的となった。

他の紀年法[編集]

できごと[編集]

エジプト[編集]

  • ペルシウムの戦い英語版 - アケメネス朝ペルシア帝国カンビュセス2世が、エジプト人たちが、猫など神聖と考えていた動物の姿を兵士たちの盾に描き、エジプトを征服した。エジプト人たちは、描かれた動物たちを「傷つける」ことを恐れて逃げ去った。戦いの後、カンビュセス2世は、聖なる動物のために国を犠牲にしたエジプト人を軽蔑し、エジプト人たちの顔に猫を投げつけたという[1]
  • カンビュセス2世は、エジプト第26王朝最後の王プサメティコス3世英語版を捕虜とし、当初は手厚く遇していたが、プサメティコス3世の反乱の企てが露見すると、すぐさま処刑した[1]
  • 第26王朝は断絶し、第27王朝が始まった。

中国[編集]

  • 荀呉が軍を率いて陸渾の戎を滅ぼした。
  • を攻撃し、長岸の戦いで楚の子魚を戦死させ、公子光が余皇を奪った[2]

芸術・建築[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Mark, Joshua J.. “The Battle of Pelusium: A Victory Decided by Cats”. Ancient History Encyclopedia Limited. 2015年6月27日閲覧。
  2. ^ 春秋左氏伝』昭公17年

関連項目[編集]