表意文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

表意文字(ひょういもじ、: ideogram)は、ひとつひとつの文字が意味を表している文字体系のこと。

概要[編集]

表意文字とは、「意味」を形(絵)に置き換えて表した文字の集まり。文字の一つ一つに意味があるため、表意文字では、ある文字を一つ見るだけで伝えたいことが理解できる。

アラビア数字、その他の数学記号は、代表的な表意文字である。&は本来はラテン語の "et" の事であるが、英語のand、ドイツ語のuntなど、違う言語の同じ意味の言葉を表す文字となっており、現代では表意文字といえる。

表意文字は、ひとつひとつの文字が意味を表すが、必ずしも言語の発音を表してはいない。そのため表意文字で書かれた文章を、異なる言語を用いる者が、それぞれの言語で読む事もできる。前述の数字や数学記号はその典型であって、「1+1=2」は、日本語で「一足す一は二」、英語で「One plus one equals two」と読める。

対義語として、表音文字がある。一つの文字で音素または音節を表す文字体系の事である。表音文字は表意文字から発展し、文字の意味を無視して発音のみを利用したのが、その発祥であったとされる。

漢字なども表意文字と呼ばれることがある。しかし、漢字に関しては、文字のひとつひとつが意味だけを表すのではなく、言語の語や形態素を表し、その結果、語や形態素の発音も表していることから、表意文字と呼ぶのは適切ではないという意見がある[1]文字体系の分類では、漢字などは表語文字と呼ばれる。

言語との結びつきがないが意味を表す図像を、特に絵文字 (英: pictogram) と呼ぶこともある。

表意文字の一例として、古代アメリカのマヤ文字紋章文字)が表意文字とされ、漢字と仮名文字から成る日本語と同様、表意と表音の組み合わせ(異なる文字体系)から成立する[2]

脚注[編集]

  1. ^ たとえば Gelb, I. J. A Study of Writing, University of Chicago Press, 1963 参照。
  2. ^ 『神秘の王朝 マヤ文明展』 2003年 TBS 国立科学博物館 p.22

関連項目[編集]