バベルダオブ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バベルダオブ島(ばべるだおぶとう、英語BabeldaobBabelthuap)は、太平洋に位置するミクロネシアを構成する島々の一部、パラオ諸島に存在するの1つである。数あるミクロネシアの島々の中でもグアム島に次いで2番目に大きな島であり、パラオ共和国が領有する島としては最大である。

概説[編集]

バベルダオブ島の空撮写真。

バベルダオブ島の面積は約331 km2である。これはパラオ共和国に所属する島の中では最大の面積を持った島であり、同国の国土面積の70 %以上を占めている。また、同国は1980年代からバベルダオブ島へと遷都する計画を立てていた。そしてそれは2006年のパラオ共和国独立記念日である10月7日に行われ、この島の東岸に形成された町であるマルキョクが同国の首都となった。この他、島の南端部に位置している、ロマン・トメトゥチェル国際空港が設置されているアイライ州は、同国で2番目に人口の多い州である[注釈 1]。島内にはコンパクト・ロードと呼ばれる全長約85 kmの島を1周する舗装された道路が2007年に全通したことで、陸上交通の便が良くなった[注釈 2]。なお、バベルダオブ島の南に位置していて、パラオ共和国の遷都前の首都があったコロール島とバベルダオブ島とは、KBブリッジなどの橋によってつながっており[注釈 3]、船舶を使用せずに渡ることが可能である。

自然[編集]

パラオ共和国に属する他の多くの島々とは異なり、バベルダオブ島には山が幾つも存在し、その中には同国における最高峰であるゲルチェレチュース山(標高242 m)も含まれる。このような地形である上に、バベルダオブ島の気候は熱帯雨林気候で年間を通じて降水量が多いといったこともあり、島内には同国で最大の瀑布であるガラスマオの滝をはじめ、複数の瀑布が見られる。そして、島内は森林に覆われており、海岸部にはマングローブも見られる。

バベルダオブ島内の州[編集]

バベルダオブ島はパラオ最大の島。

パラオ共和国が設定している16個の州のうちの10州が、バベルダオブ島に存在する。その10州は、以下の通りである。

注釈[編集]

  1. ^ 参考までにパラオ共和国で最も人口の多い州は、バベルダオブ島ではなく、コロール島を主要な領域とするコロール州である。2006年10月7日に行われたマルキョクへの遷都前のパラオ共和国の首都は、遷都以降はコロール州の州都となっているコロールであった。
  2. ^ コンパクト・ロード開通以前は、島南端部に設置されているロマン・トメトゥチェル国際空港の近くに比較的整備された道路があるのみで、他は大雨が降ればぬかるんで普通乗用車での移動は難しくなるほど陸上交通は不便だった。このため、島の北部へは船舶を利用して向かうのが主要な交通手段であった。
  3. ^ KBブリッジは、コロール島(K)とバベルダオブ島(B)との間にかかる橋である。しかしながら、この2島をつなぐ道路や橋は、直接2島をつないでいるのではなく、途中に存在する小さな島を経由している。

関連項目[編集]