エサール州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エサール州
エサール州旗
エサール州の州旗
エサール州の位置
パラオ国旗 パラオ
州都Ngersuul
人口254人
統計年2005年
ISOコードPW-226

エサール州(エサールしゅう、英語:State of Ngchesar)は、パラオ共和国の一つ。

概要[編集]

バベルダオブ島東側に位置し、パラオの首都であるマルキョク州の南に、またロマン・トメトゥチェル国際空港のあるアイライ州の北に隣接する。土地が肥沃で、日本統治時代には南洋拓殖の拓殖移民事業の一環として南洋庁指定開拓村でもある「清水村」という日本人村が存在していた[1][2]

地形は急峻で熱帯雨林に覆われている。海岸部はマングローブが発達している。

2015年の時点で人口は291人[3]で、州都はNgerkeaiである。パラオ16州の中で面積が6番目に大きい州である。

[編集]

  1. ^ 日本統治時代の日本人集落(清水村他)”. Ministry of Foreign Affairs of Japan. 在日本パラオ大使館. 2020年12月29日閲覧。
  2. ^ 飯田, 晶子; 大澤, 啓志; 石川, 幹子 (2011). “南洋群島・旧日本委任統治領における開拓の実態と現状に関する研究 パラオ共和国バベルダオブ島の農地開拓とボーキサイト採掘の事例”. 南洋群島・旧日本委任統治領における開拓の実態と現状に関する研究 46 (3): 320. doi:10.11361/journalcpij.46.319. https://www.jstage.jst.go.jp/article/journalcpij/46/3/46_3_319/_article/-char/ja/. 
  3. ^ 2015 Census of Population, Housing and Agriculture Tables (PDF)” (英語). Office of plannning and statistics, Ministry of Finance, Republic of Palau. p. 10. 2020年12月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • 須藤健一監修『パラオ共和国 過去と現在そして21世紀へ』おりじん書房、2003年

座標: 北緯7度27分 東経134度35分 / 北緯7.450度 東経134.583度 / 7.450; 134.583