エサール州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エサール州
エサール州旗
エサール州の州旗
エサール州の位置
パラオ国旗 パラオ
州都Ngersuul
人口254人
統計年2005年
ISOコードPW-226

エサール州(エサールしゅう、英語:State of Ngchesar)は、パラオ共和国の一つ。

概要[編集]

バベルダオブ島東側に位置し、パラオの首都であるマルキョク州の南に、またロマン・トメトゥチェル国際空港のあるアイライ州の北に隣接する。土地が肥沃で、日本統治時代には南洋拓殖の拓殖移民事業の一環として「清水村」という日本人村が存在していた。

地形は急峻で熱帯雨林に覆われている。海岸部はマングローブが発達している。

2005年の時点で人口は254人[1]で、州都はNgerkeaiである。パラオ16州の中で面積が6番目に大きい州である。

[編集]

  1. ^ 2005年度パラオ共和国国勢調査(英語、PDF))」パラオ共和国統計局、2005年12月、11頁。

参考文献[編集]

  • 須藤健一監修『パラオ共和国 過去と現在そして21世紀へ』おりじん書房、2003年

座標: 北緯7度27分 東経134度35分 / 北緯7.450度 東経134.583度 / 7.450; 134.583