コロール州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コロール州
コロール州旗
コロール州の州旗
コロール州の位置
パラオ国旗 パラオ
州都コロール
人口12676人
統計年2005年

コロール州State of Koror)は、パラオ共和国である。州都コロールはパラオ最大の都市であり、2006年10月まではパラオの首都であった。人口は12,676人(2005年[1])で、パラオの人口の半数以上がコロール州に集中している。

コロール島を本島としており、そのほかにもアラカベサン島マラカル島などと接続されている。このうちコロール島が人口10000以上であり、アラカベサン島は人口が1000人を超えている。マラカル島(Malakal)にはコロール州の主要港がある。

州南西部には島がたくさん存在しロックアイランドと呼ばれているがその多くが無人島である。ウルクターブル島マカラカル島などは周囲がダイビングスポットとしてよく知られている。

パラオで最大の島であるバベルダオブ島とは、KBブリッジ(Koror-Babeldaob Bridge、正式名称「日本・パラオ友好の橋(Japan-Palau Friendship Bridge)」)という橋で繋がっている。KBブリッジのバベルダオブ島側は、ロマン・トメトゥチェル国際空港があるアイライ州であり、同島には首都であるマルキョク州もあって、この橋は交通の要所になっている。

コロール州政府庁舎

[編集]

  1. ^ 2005年度パラオ共和国国勢調査 (PDF)” (英語). パラオ共和国統計局. p. 11. 2012年6月26日閲覧。

座標: 北緯7度20分32秒 東経134度28分38秒 / 北緯7.34222度 東経134.47719度 / 7.34222; 134.47719