アイライ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイライ州
アイライ州旗
アイライ州の州旗
アイライ州の位置
パラオ国旗 パラオ
州都ネゲキブ
人口2700人
統計年2004年
ISOコードPW-004

アイライ州(Airai)は、パラオ共和国バベルダオブ島の南岸に位置する。パラオの州の中で2番目に人口が多い。ロマン・トメトゥチェル国際空港があり、南のコロール島とKBブリッジ(Koror-Babeldaob Bridge、正式名称「日本・パラオ友好の橋(Japan-Palau Friendship Bridge)」)という橋で繋がっている。

概要[編集]

44km²の面積を持ち、州の人口は2004年現在2,700人である。アイライの町の人口は2005年現在920人で、州で一番大きな町であり、コロール州以外では最大の町である。

アイライは、現存する最古のバイ(男性用集会所)がある。しかし、パラオの激しい雨により、古代のパラオ人の建築物は長期的な保存が難しいため、たった200年しか遡る事ができない。

アイライは内陸の山岳地帯であるため、コロールベッドタウンである[要出典]

教育[編集]

教育省が公立学校を運営している。

アイライ小学校は1945年9月に設立された。当初は、旧日本軍の通信棟を使用していた[1]

パラオ高校はこの国唯一の公立高校なので、この州の子どもたちもそこへ通っている[2]

対外関係[編集]

姉妹自治体・提携自治体[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Airai Elementary School." Ministry of Education (Palau). Retrieved on February 22, 2018.
  2. ^ "About." Palau High School. Retrieved on February 22, 2018.

関連項目[編集]

座標: 北緯7度22分 東経134度33分 / 北緯7.367度 東経134.550度 / 7.367; 134.550