オノトア環礁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オノトア環礁

オノトア環礁キリバスが領有する環礁であり、キリバスの行政区画。太平洋上のギルバート諸島に存在し、ギルバート諸島最小の島タマナから 65 km 離れたところに位置する。 2020年の国勢調査におけるオノトアの人口は1,423人[1]

オノトア環礁はギルバート諸島の他の島々と同様、環礁東側に列島が連なっている。環礁西側には小島を囲む暗礁が連なり、環礁中央のラグーンを形成している[2]

地理[編集]

オノトア環礁は 15.62 km2 の陸地面積を持つ環礁である。オノトア環礁には7つの村があり、最南端のタブアロラエから順にアイアキ、オトアエ、テマオ、ブアリキ、タナエアン、最北端のテカワと続き、ラグーン沿岸地域に沿って位置する。テマオからアイアキへの土手道が建設されているため、環礁北部からオトアエ、アイアキには簡単にアクセスできるようになっている。なお、タブアロラエのみ他の地域と陸路で接続していない[2]

各施設は島全体に広がっており、オノトア空港が最北端のテカワ近郊に、ボート用の水路と波止場が南端の小島タブアロラエに、中学校がオトアエとアイアキの中間に、そして評議会がテマオとブアリキの中間に存在する[2]

環境問題[編集]

土手道の建設によってラグーンの水流循環が著しく減少し、ラグーン内の酸素レベル低下により水質が悪化した[3]。海岸線に沿って発生している侵食と堆積は、骨材の採掘、埋め立て、および土手道の建設に関連するものだと特定されており、海岸線沿いの流れを変えていると考えられている[3]

神話と伝説[編集]

オノトアという名称は「6人の巨人」を意味する(キリバス語で ono「六」、toa「巨人」)。伝説によれば、タラワ出身のヌアタブの村に住むくる病の女性には6人の息子がいたが、息子たちは彼女の奇形をからかっていた。彼女はオノトアに逃げ、南部(アイアキ)に住み着いた。6人の息子たちはここで彼女を見つけ、巨大な珊瑚の岩を積み上げて母の家を建てたという[3]

歴史[編集]

1826年、イギリスの捕鯨船 John Palmer英語版 の船長クラークがオノトアを発見した最初のヨーロッパ人であり、続いてアメリカの捕鯨船 Japan の船長チェイスが同年に発見した[3]

オノトア郵便局は1912年頃に開設された[4]

交通[編集]

エアー・キリバスのタラワからの国内線が週1便ある(2021年9月現在)[5]

著名な住民[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 2020 Kiribati Population and Housing Census Provisional results”. kir20phc.prism.spc.int. 2021年10月3日閲覧。
  2. ^ a b c 16. Onotoa”. Office of Te Beretitent - Republic of Kiribati Island Report Series (2012年). 2021年10月3日閲覧。
  3. ^ a b c d Dr Temakei Tebano & others (2008年4月). “Island/atoll climate change profiles - Onotoa Atoll”. Office of Te Beretitent - Republic of Kiribati Island Report Series (for KAP II (Phase 2). 2011年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月28日閲覧。
  4. ^ Premier Postal History. “Post Office List”. Premier Postal Auctions. 2013年7月5日閲覧。
  5. ^ キリバス共和国ガイドブック p.27(太平洋諸島センター) 2021年10月22日閲覧

写真:The Alfred Agate Collection: The United States Exploring Expedition, 1838-1842海軍アートギャラリー 座標: 南緯1度51分 東経175度33分 / 南緯1.850度 東経175.550度 / -1.850; 175.550