小値賀火山島群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小値賀火山島群の地形図。多数の火砕丘が形成されている。

小値賀火山島群 (おじかかざんとうぐん、Ojika Jima Volcano Group )は長崎県五島列島単成火山[1][2]小値賀島火山群[2]小値賀島単成火山群[3]の表記も見られる。

新第三紀[3]から第四紀[4]の形成と見られ、大小41以上の玄武岩質単成火山で構成され、これら火山はスコリア丘、ハイブリッドコーン、スパターコーン[5] に分類される(これら火山が複合して形成された島も存在する)[3]

海触の影響でスコリア丘の内部構造が確認でき、研究対象として「世界中でも大変希少価値」があると評される[3]

島と岩礁[編集]

以下に域内の島を示す[6]。最大の島は小値賀島である[3]。小値賀火山島群は小値賀島地域と肥前平島地域に分類されるが、資料によって属す島は一定していないため、ここでは単純に一覧として挙げる。なお、 -瀬とあるのは島未満[7]の岩礁であり[3]、個別項目がない島とあわせおおまかな位置を個別に示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大島巨大火山弾産地”. 長崎県. 2014年9月7日閲覧。
  2. ^ a b 小値賀島火山群”. 独立行政法人産業技術総合研究所. 2014年9月7日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 山本裕朗; 谷口宏充 「小値賀島単成火山群の火山地質」、『東北アジア研究』 (東北大学)201-232頁、1999年。ISSN 13439332http://ci.nii.ac.jp/naid/110004822807/ 
  4. ^ 森俊哉. “火山の形状と地形 単成火山・複合火山”. 火山学者に聞いてみよう -トピック編-. 日本火山学会. 2014年9月7日閲覧。
  5. ^ ハイブリッドコーン、スパターコーンは、
    • ハイブリッドコーンとはマグマ噴火とマグマ水蒸気噴火の噴出物によって構成されるスコリア丘
    • スパターコーンは山体の大部分が溶結した降下スコリアによって構成されているもの
    を指す(山本 & 谷口 1999, pp. 205-206)。
  6. ^ 山本裕朗 「小値賀島単成火山群における噴石丘の溶岩流出形態」、『火山』 (特定非営利活動法人日本火山学会)11-25頁、2003年。ISSN 04534360http://ci.nii.ac.jp/naid/110003041301/ 
  7. ^ 瀬とは”. コトバンク. 2014年9月7日閲覧。
  8. ^ a b 前掲(山本 & 谷口 1999, p. 220)
  9. ^ a b c d 前掲(山本 & 谷口 1999, p. 223)
  10. ^ 前掲(山本 & 谷口 1999, p. 224)
  11. ^ a b c 松井和典 「小値賀島及び肥前平島地域の地質」、『地域地質研究報告 : 5万分の1地質図幅 / 地質調査所[編]』 (地質調査所)1-64頁、1990年http://ci.nii.ac.jp/ncid/BN0591932X  p.4,p.53
  12. ^ 前掲(松井 1990, p. 56)
  13. ^ 長崎県の文化財”. 長崎県学芸文化部. 2014年9月7日閲覧。

外部リンク[編集]