洲本バスセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
洲本バスセンター
位置 北緯34度20分43.98秒東経134度53分47.23秒
洲本バスセンター

洲本バスセンター(すもとバスセンター)は、兵庫県洲本市港にある高速バス路線バスの発着場である。淡路交通とその共同運行会社では「洲本高速バスセンター」と掲げているが洲本市の設置基準では「洲本バスセンター」である。淡路島における最大のターミナルであり、島内各地や阪神方面へのバスが数多く発着する交通の要所である。

概要[編集]

  • 1998年平成10年)4月6日明石海峡大橋を経由する高速バスの運行が開始されたが運行開始当時は東に200メートルほど離れた洲本ポートターミナルビル(かつて共同汽船深日海運が発着していたところで現在はミニボートピア洲本・地元ケーブルテレビ淡路島テレビジョンが使用)から発着していたものの狭隘であることや、洲本内港の埋め立てによる再開発により1999年(平成11年)4月1日に現在地へ移転する。本四海峡バスはポートターミナルビル発着時「洲本港」と掲げており、淡路交通と共同運行会社ではポートターミナル発着時から「洲本高速バスセンター」と掲げていた。
  • 2004年(平成16年)12月、西へ200メートルほど離れた淡路交通の洲本バスターミナル(旧・洲本駅)が老朽化を理由に当所から発着(経由)していた路線バスを洲本高速バスセンター発着(経由)に変更する。変更前も縦貫線・福良行と夏季のみ鳥飼線・鳥飼 - 慶野松原 - 湊行が発着していた。
  • パークアンドライド駐車場は「すいせん苑駐車場」(位置:塩屋一丁目1番4)である。洲本バスセンター前駐車場(位置:港1番1)はバス利用者の送迎や洲本バスセンター周辺の施設・店舗利用など4時間未満駐車する場合に使用することになっている(前者は300円/1日、後者は100円/1時間)。
  • 高速舞子 - 洲本バスセンター間の定期乗車券は宇山・ワールドパークおのころ津名臨海公園志筑・津名港と同様に他淡路島内停留所に比べて片道運賃の割に高く設定されているため、通勤通学の場合は洲本IC本四中川原などで乗降車する方が安いとされている。

発着バス[編集]

表中【高速】はクローズドドアシステム採用の高速バスで、殆どの便は津名港経由。一部便は宇山・洲本IC経由。【IC】は交通系ICカード利用可。

バス停番号 路線名・バス愛称名 行先 運行会社
1 【高速】【IC】かけはし号(神戸) 高速舞子 - 三宮バスターミナル - 新神戸駅 西日本ジェイアールバス
本四海峡バス
【高速】AWAJI EXPRESS
【高速】【IC】(NicoPaを除く)ハーバーライナー
高速舞子 - 神姫バス三ノ宮バスターミナル 淡路交通
神姫バス
2 【高速】【IC】かけはし号(大阪) 高速舞子 - 三宮バスターミナル - なんばOCAT - 大阪駅JR高速バスターミナル 西日本ジェイアールバス
【高速】AWAJI EXPRESS
【高速】パールエクスプレス洲本号
阪急梅田駅阪急三番街高速バスターミナル 淡路交通
阪急観光バス
【高速】AWAJI EXPRESS
【高速】おにおん60
高速舞子 - 学園都市駅前 淡路交通
山陽バス
3 (路線)徳島線【特急】(平日のみ運行) 洲本IC - 大毛島 - 高速鳴門 - 松茂 - 徳大前 - 徳島 淡路交通
(路線)徳島線【急行 洲本IC - 小鳴門橋 - 鳴門駅前 - 松茂 - 徳大前 - 徳島
4 (路線)縦貫線 洲本IC - 広田 - 鳥井(一部 ファームパーク) - 福良
5 (路線)由良線 由良福祉センター
洲本市コミュニティバス上灘線 由良保育所前 - モンキーセンター - 来川 洲本観光タクシー
6 (路線)縦貫線 ワールドパークおのころ - 津名港(一部津名中学校前) - 東浦BT - 淡路夢舞台 - 岩屋 淡路交通
7 (路線)長田線 広田 - 土井谷口 - 庄田 - 湊
(路線)都志線 下加茂 - 岡本 - 五色バスセンター - 都志 - 湊
(路線)鳥飼線 鳥飼 - 慶野松原 - 湊
洲本市コミュニティバス五色線 五色図書館 - 五色地域福祉センター - 高田屋嘉兵衛公園 洲本観光タクシー

待合所内の設備[編集]

乗車するバスにより発売窓口が異なる

乗車券窓口[編集]

淡路交通
7:30 - 18:00
自動券売機も同時刻のみの稼働、ただし淡路島まつりなどの対応時は窓口営業時間を延長する場合がある
淡路交通と共同運行会社(山陽バス、阪急バス、神姫バス)で有効な乗車券を発売
本四海峡バス・洲本乗車券販売センター
6:45 - 18:00(多客時は窓口営業時間の延長あり)
かつてはマルス端末を設置しており、JR線乗車券青春18きっぷなど一部特別企画乗車券を含む)や特急券の発行が可能だったが、2013年(平成25年)3月31日をもって取扱が終了した。
西日本JRバスと共同運行会社(本四海峡バス)で有効な乗車券を発売で、各種クレジットカードによる支払いが可能。
2013年(平成25年)7月1日よりエディ号 (東京 - 徳島線)の乗車券を発売開始した(東京 - 東浦IC志知間のみ)。

周辺[編集]

兵庫県立淡路医療センターと、左隣は洲本市文化体育館(洲本バスセンターより撮影)

外部リンク[編集]