三善為長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
三善為長
時代 平安時代中期 - 後期
生誕 寛弘4年(1007年
死没 永保元年8月3日1081年9月8日
官位 従四位下淡路守
主君 後朱雀天皇後冷泉天皇後三条天皇白河天皇
氏族 三善氏
父母 父:三善雅頼
雅仲
養子:為康
テンプレートを表示

三善 為長(みよし の ためなが)は、平安時代中期から後期にかけての貴族算博士三善雅頼の子。官位従四位下淡路守

経歴[編集]

長暦3年(1039年)に算博士となり、後に大外記主税権助を兼ねた他、美濃国越後国越前国備前国播磨国の介を兼ねた。延久元年(1062年)には、長年の労により紀伝道以外の学者ながら対策の問答博士(試験官)に任じられ、同4年(1065年)には淡路守を兼職する(『除目申文之抄』)。承暦3年(1079年)には従四位下に叙せられた。

実子・雅仲従五位下大外記・算博士)がいたものの、算道に通じた門人・射水為康を養子に迎えて跡継ぎとした。