坂戸藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

坂戸藩(さかとはん)は、越後国魚沼郡(現在の新潟県南魚沼市)に存在した。居城は坂戸城

藩史[編集]

慶長3年(1598年)、堀秀治上杉氏に代わって越後に入部したとき、堀直寄堀直政の子)が坂戸2万石に入った。直寄は慶長11年(1606年)の堀鶴千代の死去により蔵王堂藩3万石を加増され、5万石を領すようになった。 しかし、慶長13年(1608年)に父・直政が死去すると直寄は幼主・堀忠俊のもとでの主導権をめぐって兄直清と争う。これに勝利はしたが、忠俊は内紛の責任を問われ改易とされ、直寄も坂戸5万石から信濃国飯山藩4万石に減移封された。ここに坂戸藩は廃藩となった。

歴代藩主[編集]

堀家[編集]

外様。2万石→5万石。

  1. 堀直寄(なおより)

関連項目[編集]