内田正敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
後列左4人目が内田、5人目山本権兵衛、9人目片岡七郎 前列左2人目上村彦之丞(於サンフランシスコ)

内田 正敏(うちだ まさとし、1851年4月16日嘉永4年3月15日) - 1922年5月11日)は、日本の海軍軍人政治家華族。最終階級は海軍中将貴族院議員男爵

略歴[編集]

1851年(嘉永4年)高知城下築屋敷(現在の高知市)で内田茂助の子に生まれた。若くして東京遊学。1868年(明治元年)[西暦年要検証]北村重頼の砲隊に属し東征軍に従う。1871年(明治4年)8月、海軍兵学寮入学。1876年(明治9年)9月、海軍少尉補任官。「雷電丸」「金剛」乗組を経て、1878年(明治11年)7月、海軍少尉に任官。1881年(明治14年)11月、海軍兵学校3期)を卒業した。

1884年(明治17年)10月、「扶桑分隊長となり、「比叡」分隊長、「筑紫」副長を歴任し、1887年(明治20年)10月、海軍少佐に進級。海兵運用術教官、「金剛」「比叡」「扶桑」の各副長を経て、1891年(明治24年)7月、「鳳翔艦長に就任。横須賀軍港司令官副官呉鎮守府海兵団長心得などを経て、1893年(明治26年)6月、海軍大佐に昇進し呉鎮守府海兵団長となった。

1894年(明治27年)2月、「千代田」艦長に発令され日清戦争に出征した。1895年(明治28年)9月、佐世保知港事となり、佐世保鎮守府予備艦部長、横須賀海兵団長、「高砂」回航委員長、同艦長、「八島」艦長、呉海兵団長などを歴任。1900年(明治33年)5月、海軍少将に進級し佐世保港務部長兼佐世保予備艦部長に就任した。

以後、兼佐世保海運部長、常備艦隊司令官、呉鎮守府艦政部長などを歴任し、日露戦争時には呉港務部長兼呉予備艦部長を務めた。1905年(明治38年)11月、海軍中将に進級と同時に待命となり、翌年2月8日、予備役に編入[1]1914年(大正3年)3月1日に後備役となる[2]1916年(大正5年)3月15日に退役した[3]

1907年(明治40年)9月21日、男爵の爵位を授爵し華族となった。1910年(明治43年)12月、貴族院男爵議員に就任し[4]公正会に所属して活動し死去するまで在任。

栄典[編集]

位階
勲章等

親族[編集]

  • 妻:千代猪(ちよい、門田正吉二女)[14]
  • 養子:栄(矢部善作二男、離縁)[14]
  • 養孫:敏男(栄長男、貴族院男爵議員)[14]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第6781号、明治39年2月9日。
  2. ^ 『官報』第476号、大正3年3月3日。
  3. ^ 『官報』第1085号、大正5年3月16日。
  4. ^ 『官報』第8255号、明治43年12月26日。
  5. ^ 『官報』第177号「叙任」1884年2月4日。
  6. ^ 『官報』第6790号「叙任及辞令」1906年2月20日
  7. ^ 『官報』第1252号「叙任及辞令」1916年10月2日。
  8. ^ 『官報』第2932号「叙任及辞令」1922年5月13日。
  9. ^ 『官報』第3676号「叙任及辞令」1895年9月28日。
  10. ^ 『官報』第3858号・付録「辞令」1896年5月12日。
  11. ^ 『官報』第5548号「叙任及辞令」1901年12月28日。
  12. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  13. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  14. ^ a b c 『平成新修旧華族家系大成』上巻、248頁。

参考文献[編集]

  • 『高知県人名事典』高知市民図書館、1970年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第9巻、発売:第一法規出版、1995年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
内田(正敏)家初代
1907年 - 1922年
次代:
内田敏雄