掘削

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バックホウによる道路掘削

掘削(くっさく、掘鑿とも)とは、土砂岩石を掘り取って穴を開けることである。「~する」で動詞にもなる。

道具・機械[編集]

人力による掘削の時に用いる道具は、シャベル、スコップ、つるはしくさびオーガースパッドSpud)、ディガーDigger)等が挙げられる。シャベルとスコップは、どちらも似たような道具であるが、どちらを大きいものと思うかは関東関西とで違うらしい。ちなみに、工事現場などで使う大型のものは関東では「スコップ」であるが、関西では「シャベル」、小児用や園芸用で使うものは関東では「シャベル」、関西では「スコップ」と呼ぶことが多いとのこと。

掘削に使用する大型機械の代表的なものには、油圧ショベル(パワーショベル、バックホウ)、スクレイパークラムシェルドラグラインブルドーザリッパハンマードリルなどがある。

その他、小型機械であるブレーカ-、高圧噴射水を利用するウォータージェット火薬を用いる発破(はっぱ)、化学反応を利用する静的破砕剤なども掘削道具として用いられる。

掘削の制約等[編集]

日本では私有地であったとしても、特定の場所において掘削行為をする場合には、事前の許可もしくは届出を要することがある。主なものは次の通り。

掘削に関する資格[編集]

国際的な掘削プロジェクト[編集]

関連項目[編集]