銀の湯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

銀の湯(ぎんのゆ)は、六甲山北麓有馬温泉郷にある神戸市営の温泉入浴施設。2001年に開館した。温泉は炭酸泉源から引いているものにラジウム泉をブレンドした銀泉(ぎんせん)である。2014年8月の保全点検の結果、天井部分の改修が必要な状況と判明したため1年近く休館していたが、2015年10月1日から営業を再開した。

浴場の天井が高く、外光を取り入れている。姉妹施設に「金の湯」がある。

銀の湯

施設[編集]

  • 浴槽
  • 湿式サウナ
  • うたせ湯
  • 休憩コーナー

温泉データ[編集]

  • 泉質 - 炭酸泉・単純放射能泉(ラジウム泉)
  • 温度 - 29.4℃(ラジウム泉)18.6℃(炭酸泉)
  • 効能 - 神経痛、皮膚病、関節痛、五十肩、うちみ、疲労回復、筋肉痛、冷え性、慢性消化器病

※ 効能は万人に対してその効果を保障するものではない。

所在地[編集]

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度47分43.7秒 東経135度14分56.6秒