八鹿氷ノ山インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
八鹿氷ノ山インターチェンジ
所属路線 E72 北近畿豊岡自動車道
起点からの距離 50.1km(春日IC/JCT起点)
養父IC (4.0km)
接続する一般道 国道9号標識国道9号
供用開始日 2012年11月24日
通行台数 X台/日
所在地 667-0045
兵庫県養父市八鹿町米里(めいり)
テンプレートを表示

八鹿氷ノ山インターチェンジ(ようかひょうのせんインターチェンジ)は、兵庫県養父市北近畿豊岡自動車道にあるインターチェンジである。

養父市八鹿町香美町村岡区のほか、当ICの名称でもある「氷ノ山(ひょうのせん)」へは、当ICが最寄のインターチェンジである。

当初は、2011年度の開通を目指していたが、養父IC-当IC間の八鹿トンネルが、予想していたよりも地山が軟弱で崩落し、対策に8か月程を要したことから、2011年度の開通は延期となり、2012年11月24日の開通となった。

道路[編集]

接続する道路[編集]

歴史[編集]

周辺[編集]

[編集]

E72 北近畿豊岡自動車道
養父IC - 八鹿氷ノ山IC - 日高神鍋高原IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 3月25日に北近畿豊岡自動車道 八鹿日高道路が開通! 〜 国道483号 八鹿日高道路の開通で地域活性化を支援 〜 (PDF)”. 国土交通省近畿地方整備局 豊岡河川国道事務所 (2017年1月23日). 2017年1月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]