あいバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新大阪駅東口にて(2007年6月)

あいバスは、大阪府大阪市東淀川区内で運行されていたコミュニティバス

阪急バス吹田営業所が運行を受託しており、阪急バスにおける路線名は「新大阪・淡路循環線」である。

概要[編集]

地元で結成されたNPO法人『地域交通まちづくり協会』が阪急バスに運行を委託する形式で、2006年5月13日に運行を開始した[1]

関西における新幹線ターミナル駅である新大阪駅と直接連絡する公共交通機関に乏しい淡路地区の住民からの声に応える形で、阪急京都本線千里線淡路駅から新規のバス路線が整備された。

阪急にとっては、かつて淡路駅から新大阪駅を経て十三駅及び神戸本線神崎川駅に至る新大阪連絡線を計画し、路線としての免許も取得していたが、2002年12月6日に十三 - 新大阪間を除いて失効させていた経緯がある。よって、新大阪 - 淡路駅間に相当する区間をバスによって代替した格好になる[2]

地元からの請願で誕生した路線にもかかわらず、実際には経路の大半が既存の大阪市営バス赤バス西淡路 - 区役所」系統[3][4][5]と重複している関係もあって利用客数は伸びず、2年にも満たない短命で廃止された[6]

また、2019年3月にJRおおさか東線が延伸開業し、淡路駅を経て新大阪駅まで直通した。

運行方式[編集]

運賃は一乗車につき、大人200円・小児100円均一。阪急バスの磁気カード類(回数カード・スルッとKANSAI各種カード)やPiTaPaも使用できた(PiTaPaは2007年12月1日から)。また、『あいバス』のみで使える一日乗車券を300円で販売していた。

ダイヤは朝夕ラッシュ時が15分間隔(ルート1のみ運行)、日中は30分間隔で設定されていたが、土曜日は運行しない時間帯があった。日曜日・祝日は利用者が少なかったため、2006年11月9日より運休となった。また、2006年から2007年にかけての年末年始も運休となった。

路線[編集]

新大阪駅へ連絡する「ルート1」と、東淀川駅へ連絡する「ルート2」の2種類を運行していたが、「ルート2」は利用者減少により2007年4月1日をもって廃止となった。「ルート1」も同様に利用客数は伸びず、2008年3月31日をもって廃止となり、運行終了となった。

なお、日中は同じバス車両が淡路駅で「ルート1」・「ルート2」の双方に系統を入れ替えながら運転を続行していた[1]

  • ルート1:新大阪駅東口 - 淀川キリスト教病院[7] - 阪急淡路駅西口
    • 「新大阪駅東口」停留所は3か所にあり、そのいずれにも停車していた。
  • ルート2:阪急淡路駅西口→西淡路住宅→JR東淀川駅→北陽住宅→阪急淡路駅西口(循環)
  • 日中の運行形態:新大阪駅東口→淀川キリスト教病院→阪急淡路駅西口(ルート1から2へ変更)→西淡路住宅→JR東淀川駅→北陽住宅→阪急淡路駅西口(ルート2から1へ変更)→淀川キリスト教病院→新大阪駅東口(この繰り返し)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「あいバス」が5月13日に運行を開始します (PDF)
  2. ^ 阪急京都本線は新大阪駅の南側(約1km)を回り込むように走っており、同駅とは直接は連絡していない。京都本線を利用して新大阪駅へ向かう場合は、南方駅地下鉄御堂筋線西中島南方駅)に乗り換えるか、南方駅から北に1kmほど歩く必要がある。
  3. ^ 淡路駅周辺には乗り入れていないが、町内の東海道新幹線の高架沿いや阪急電鉄で一駅隣の崇禅寺駅柴島駅前には発着している。
  4. ^ なお、赤バスにおける新大阪駅(東口)から淡路地区への所要時間は、15分前後である(参考:大阪市営バス 営業所別路線図・井高野営業所)。
  5. ^ 赤バスは2013年3月31日をもって乗客の多い3つの路線(1年間の運行延長)を除き運行を終了するが、存続する3つの路線には「西淡路 - 区役所」系統も含まれている。
  6. ^ 新大阪・淡路コミュニティバス「あいバス」路線廃止のお知らせ(阪急バス) [リンク切れ] (PDF)
  7. ^ 当時は淡路駅近くに本病院(本部)があった(現在の老人福祉施設棟に相当)。

関連項目[編集]