逆瀬川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
逆瀬川駅
逆瀬川駅駅舎(2005年11月)
逆瀬川駅駅舎(2005年11月)
さかせがわ - Sakasegawa
HK-28 宝塚南口 (0.9km)
(1.0km) 小林 HK-26
所在地 兵庫県宝塚市逆瀬川二丁目1番17号[1]
駅番号 HK-27
所属事業者 阪急電鉄
所属路線 今津線
キロ程 1.8km(宝塚起点)
梅田西宮北口経由)から21.5km
駅構造 地上駅橋上駅[2]
ホーム 2面2線[2]
乗降人員
-統計年度-
27,364人/日
-2014年-
開業年月日 1921年大正10年)9月2日[2]
テンプレートを表示

逆瀬川駅
配線図

宝塚南口駅

STRg STRf
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STRg STRf

小林駅

ホーム
駅西側

逆瀬川駅(さかせがわえき)は、兵庫県宝塚市逆瀬川二丁目にある、阪急電鉄今津線である。駅番号はHK-27

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、1987年(昭和62年)に宝塚市の駅前再開発事業により橋上駅舎が竣工した[2]分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。橋上駅舎の2階に窓口、自動券売機改札口、売店、コンビニエンスストアトイレが集まっている。ホームと改札内コンコース、改札外コンコースと出入口をそれぞれ連絡するエスカレーターエレベーターが設置されている。

のりば[編集]

(西側) 今津線(下り) 宝塚川西能勢口中山観音清荒神箕面方面
(東側) 今津線(上り) 西宮北口大阪神戸今津方面

※のりば番号は設定されていない。

利用状況[編集]

2014年の平日1日平均乗降人員27,364人(乗車人員:13,573人、降車人員:13,791人)である[7]

近年の1日乗降・乗車人員の推移は下記の通り。

1日乗降・乗車人員推移[8]
年次 乗降人員 乗車人員
平日平均 11月特定日 平日平均 11月特定日
2000年(平成12年) 30,859 16,305
2001年(平成13年) 29,235 14,682
2002年(平成14年) 28,063 14,049
2003年(平成15年) 26,481 13,028
2004年(平成16年) 28,934 14,251
2005年(平成17年) 25,943 12,807
2006年(平成18年) 26,173 12,947
2007年(平成19年) 25,654 25,543 12,773 12,568
2008年(平成20年) 26,042 26,154 12,969 12,842
2009年(平成21年) 25,510 25,707 12,687 12,659
2010年(平成22年) 25,796 25,384 12,811 12,482
2011年(平成23年) 26,422 27,174 13,130 13,398
2012年(平成24年) 26,766 13,295
2013年(平成25年) 26,987 13,390
2014年(平成26年) 27,364 13,573

駅周辺[編集]

駅北側を東流する逆瀬川の河岸に沿って両岸に豪壮な邸宅建築が建ち並んでおり、阪神間高級住宅地の一角を占めている[2]

宝塚市立病院、宝塚郵便局、宝塚市立総合体育館・武道館、宝塚市立スポーツセンター方面へのバス路線も発着し、宝塚市役所[2]宝塚市消防本部など[2]、宝塚市官庁への最寄駅でもある[2]

  • アピア1 [2]- LIVIN(旧・宝塚西武店)を核店舗とした商業施設。LIVINは2006年6月で閉店。
  • カルチェヌーボ(元アピア3)
  • アピア2
  • アピアホール(アピア1 5階)
  • 宝塚市役所[2] - 徒歩で10 - 15分程度。阪急バスも運行されている。
  • 末広中央公園(防災公園)
  • 宝塚市立勤労市民センター[2]
  • 宝塚市末広体育館
  • 宝塚市消防本部[2](西消防署)
  • 宝塚保健所[2]
  • 宝塚逆瀬川郵便局
  • 宝塚福井郵便局
  • 宝塚野上郵便局
  • 宝塚病院
  • イトーピア - 旧宝塚市役所の跡地。
  • アピアきた(コープこうべ宝塚店・旧逆瀬川市場)
  • 宝塚ゴルフ倶楽部 - 宝塚ホテルの社交倶楽部であった「宝塚倶楽部」のゴルフ部門が独立したもの[2]

バス路線[編集]

「阪急逆瀬川」バス停があり、阪急バスの路線が乗り入れる。バス乗り場は駅東側と西側に分かれる。

西口[編集]

  • 1番のりば(光が丘北系統
    • 171番 光が丘北 行
    • 173番 光が丘北 行(野上三丁目を経由しない)
  • 3番のりば(甲山・逆瀬台系統
    • 102番 逆瀬台センター 行(逆瀬川団地・宝塚西高校前経由)
    • 103番 宝塚西高校前 行(逆瀬川団地経由)
    • 104番 エデンの園 行(逆瀬川団地・宝塚西高校前経由)
    • 105番 かぶとやま荘(六甲保養荘) 行(逆瀬川団地・宝塚西高校前経由)
  • 4番のりば(光が丘北系統)
    • 101番 逆瀬台センター 行(逆瀬川団地経由)
  • 5番のりば
    • 宝塚西高校前 行(逆瀬川団地経由・生徒専用)

東口[編集]

  • 6番のりば(武庫川線
  • 7番のりば(宝塚市内線
    • 75番 阪急中山 行(宝塚市役所・宝塚市立病院(玄関前)・宝塚営業所・売布東の町経由)
    • 73番 阪急山本 行(宝塚市役所・宝塚市立病院(国道)・宝塚営業所・JR中山寺経由)
    • 76番 野里 循環(宝塚市役所・宝塚市立病院(国道)・宝塚営業所・JR中山寺阪急山本経由)
    • 77番 野里 循環(宝塚市役所・宝塚市立病院(玄関前)・宝塚営業所・JR中山寺阪急山本経由)
    • 79番 売布神社駅前 行(宝塚市役所・宝塚市立病院(玄関前)・宝塚営業所・福祉コミュニティプラザ経由)
    • 80番 総合福祉センター前 行(宝塚市役所前経由)
    • 82番 中野住宅前 行(宝塚市役所・宝塚市立病院(国道)経由)
    • 83番 中野住宅前 行(宝塚市役所・宝塚市立病院(玄関)経由)

隣の駅[編集]

阪急電鉄
今津線
直通特急「とげつ」・準急(梅田行きのみ運転)・普通
宝塚南口駅 (HK-28) - 逆瀬川駅 (HK-27) - 小林駅 (HK-26)
  • 直通特急「とげつ」は、春・秋の行楽シーズンにのみ運転。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『阪急ステーション』 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部〈阪急ワールド全集 4〉、2001年、80頁。ISBN 4-89485-051-6
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『兵庫の鉄道全駅 私鉄・公営鉄道』 神戸新聞総合出版センター、2012年12月10日、71頁。ISBN 9784343006745
  3. ^ a b 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』11号 阪急電鉄 1、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年10月、14-17頁。ISBN 978-4-02-340141-9
  4. ^ 『阪急沿線 No.131』(1986年9月1日、阪急電鉄発行)
  5. ^ “「西山天王山」駅開業にあわせて、「三宮」「服部」「中山」「松尾」4駅の駅名を変更し、全駅で駅ナンバリングを導入します” (PDFlink) (プレスリリース), 阪急電鉄株式会社, (2013年4月30日), オリジナル2013年12月15日時点によるアーカイブ。, http://megalodon.jp/2013-1215-0920-39/holdings.hankyu-hanshin.co.jp/ir/data/ER201304306N1.pdf 2016年4月8日閲覧。 
  6. ^ “阪急電鉄:21日から駅名変更 宝塚線、中山駅→中山観音駅 神戸線、三宮駅→神戸三宮駅 京都線新駅開業に合わせ”. 毎日新聞(朝刊) (毎日新聞社): p. (地方版/兵庫)p.24. (2013年12月19日) 
  7. ^ 阪急電鉄 鉄道情報ホームページ 駅別乗降人員(上位50位)
  8. ^ 宝塚市統計書
  9. ^ ヤマダ電機HPテックランド逆瀬川店
  10. ^ マツヤデンキHPテックランド逆瀬川店

関連項目[編集]

外部リンク[編集]