小林駅 (兵庫県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小林駅
駅舎
駅舎
おばやし - Obayashi
HK-27 逆瀬川 (1.0km)
(1.7km) 仁川 HK-25
所在地 兵庫県宝塚市千種二丁目1番1号[1]
駅番号 HK-26
所属事業者 Hankyu-logo.svg阪急電鉄
所属路線 今津線
キロ程 2.8km(宝塚起点)
梅田西宮北口経由)から20.5km
駅構造 地上駅[2]
ホーム 2面2線[2]
乗車人員
-統計年度-
9,136人/日(降車客含まず)
-2010年[3]-
開業年月日 1921年大正10年)9月2日[2]
テンプレートを表示

小林駅
配線図

逆瀬川駅

STRg STRf
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STRg STRf

仁川駅

小林駅(おばやしえき)は、兵庫県宝塚市千種二丁目にある、阪急電鉄今津線。小林は「こばやし」と読むことが多いが、当駅および地名の読みは「おばやし」である。駅番号はHK-26

歴史[編集]

鉄道が開通するまでは西宮から当地まで乗合馬車が運行され、神戸方面から宝塚へ向かう観劇客などを運んでいた[1]

駅構造[編集]

プラットホーム

相対式ホーム2面2線を有する地上駅[2]分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。駅舎は西宮北口方面ホーム側の地上部に立地し[2]、窓口や売店、自動券売機ATMが備えられている。各ホーム間は跨線橋により連絡しており、跨線橋と各ホームをそれぞれ連絡するエレベーターが設置されている。改札口は、駅舎のある東口と跨線橋上の西口の2箇所にある[2]。西口は駅員無配置で自動改札機のみ設置されており、自動券売機も設置されていない[2]

のりば[編集]

(西側) 今津線(下り) 宝塚川西能勢口中山観音清荒神箕面方面
(東側) 今津線(上り) 西宮北口大阪神戸今津方面

※のりば番号は設定されていない。

駅周辺[編集]

周辺は閑静な住宅街が広がる[2]

隣の駅[編集]

阪急電鉄
今津線(今津北線)
直通特急「とげつ」・準急(梅田行きのみ運転)・普通
逆瀬川駅 (HK-27) - 小林駅 (HK-26) - 仁川駅 (HK-25)
  • 直通特急「とげつ」は、春・秋の行楽シーズンにのみ運転。
  • なお戦中の1943年12月15日から1945年9月21日までは、川西航空機(現在の阪神競馬場敷地)への通勤客輸送を図るため、鹿塩駅が仁川駅との間に設置されていた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『阪急ステーション』 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部〈阪急ワールド全集 4〉、2001年、78-79頁。ISBN 4-89485-051-6
  2. ^ a b c d e f g h i j 『兵庫の鉄道全駅 私鉄・公営鉄道』 神戸新聞総合出版センター、2012年12月10日、70頁。ISBN 9784343006745
  3. ^ 平成23年版 宝塚市統計書 9. 運輸・通信
  4. ^ a b 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』11号 阪急電鉄 1、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年10月、14-17頁。ISBN 978-4-02-340141-9
  5. ^ “「西山天王山」駅開業にあわせて、「三宮」「服部」「中山」「松尾」4駅の駅名を変更し、全駅で駅ナンバリングを導入します” (PDFlink) (プレスリリース), 阪急電鉄株式会社, (2013年4月30日), オリジナル2013年12月15日時点によるアーカイブ。, http://megalodon.jp/2013-1215-0920-39/holdings.hankyu-hanshin.co.jp/ir/data/ER201304306N1.pdf 2016年4月8日閲覧。 
  6. ^ “阪急電鉄:21日から駅名変更 宝塚線、中山駅→中山観音駅 神戸線、三宮駅→神戸三宮駅 京都線新駅開業に合わせ”. 毎日新聞(朝刊) (毎日新聞社): p. (地方版/兵庫)p.24. (2013年12月19日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]