お父さんは心配症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
お父さんは心配症
ジャンル 少女漫画ギャグ漫画
漫画
作者 岡田あーみん
出版社 集英社
掲載誌 りぼん
レーベル りぼんマスコットコミックス
発表号 1983年5月号(読みきり)
1984年11月号 - 1988年11月号
巻数 全6巻(単行本)
全4巻(文庫)
テレビドラマ:お父さんは心配症
演出 辻理
制作 朝日放送国際放映
放送局 テレビ朝日
放送期間 1994年4月12日 - 5月17日
話数 全5話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画テレビドラマ
ポータル 漫画ドラマ

お父さんは心配症』(おとうさんはしんぱいしょう)は、岡田あーみん作の漫画作品。集英社の漫画雑誌「りぼん」にて1983年5月号に読み切りが掲載後、1984年11月号から1988年11月号まで連載されていた。コミックス全6巻、文庫版全4巻。1994年4月から5月には、テレビ朝日系列にて朝日放送国際放映製作の連続テレビドラマとして放送された。

なお、「お父さんは心配」であって「お父さんは心配」ではない。

概要[編集]

本作は新人漫画賞に投稿された作品だが、ストーリーのテンポ・キャラクター設定のよさから審査員から絶賛を受け第162回りぼんNEW漫画スクール「準りぼん賞」を受賞、同時にりぼん本誌に掲載が決定している。短編として掲載後、連載となった。佐々木光太郎のフルネームと強烈な性格は連載時に設定された。

こっそり娘の愛読誌を読む父親からも支持を得ていたという本作は、文庫版が全4巻として発売されており、巻末に作家本人のコメントが収載されている。

なお、「ちびまる子ちゃん」との合作を果たした回もある[1](『ちびまる子ちゃん』単行本第二巻収録)。この回では岡田あーみんとさくらももことの合作中のエピソードも挿入されている。また「こいつら100%伝説」にも、本作品のキャラクターがゲスト出演している回がある。

ストーリー[編集]

佐々木光太郎は、高校生の娘を持つ中年のサラリーマン。妻に先立たれ、娘が非行に走ってしまわないかと心配するあまり、常軌を逸した行動に出てしまう。

一方、心配症の父を持つ典子は、父の心配など必要ないほど、よくできた娘。彼氏の北野くんも、近年まれにみる好青年であり、清い交際を続けている。ところが、父の心配症は、ますますエスカレートして、友人・知人を巻き込んだ、異常な大騒動を繰りひろげる。

登場人物[編集]

※演の記述は、テレビドラマ版の表記

主要人物[編集]

佐々木 光太郎(ささき こうたろう)
演 - 大地康雄
主人公。典子の父。通称『パピィ』。
妻に先立たれ、一人娘を大事に想うあまりに異常なほどの心配症になり、常識外れの変態的な行動に出ることが多い。娘に近づく男(特に北野くん)には容赦しない。だが、北野くんに対してはどんなに痛めつけても典子を一途に愛してくれる事に感謝している部分もあるようである(作中では誤魔化していたが)。また、安井さんに惚れてからは例え患者だろうと彼女に近づく男には容赦しない。
空回りもあるが、基本的には物事に一生懸命に取り組む真面目な性格。娘や亡き妻、北野くんからは慕われている。また、『ちびまる子ちゃん』との合作でまる子と出会った時には(変態的かつ強引ではあったが)優しく接し、典子の幼少時の頃を思い返していた(デパートで呼び出された時、「淀川区から来た」と言われているため、淀川区出身と思われる)。
特技は変装だが、決して眼鏡をはずす事はない為、素顔は謎。説得力があり、テレビの教育討論番組に出演を依頼されたり、バレンタインデーにはPTAの特別役員として保護者達を言葉巧みに丸め込み、チョコを貰えない男子達をも扇動して北野くんやチョコを受け取った他の男子達からチョコを奪った。また、騙されやすいところがあり、幼少の頃から色々騙されてきた事から毎年4月1日には警察に必ず電話し、騙されないように警戒心を強めている[2]
最終回では、晴れて安井さんと再婚を果たした。
好きな歌手は天地真理。好きな唄は舟木一夫高校三年生。好きな食べ物はすきやき、きつねうどん、酢豚。シャンプーは牛乳石鹸を使っている。係長を目指している。北野を闇に葬るのが夢[3]
佐々木 典子(ささき のりこ)
演 - 持田真樹
本作のヒロイン。今時珍しい、とてもよくできた性格の高校生。父親の心配症ぶりに苦労しているが、心底嫌っておらず、父のことは誰よりも慕っている。北野くんとは清い関係の恋人同士。父の代わりに家事をこなしている。
9月13日生まれ。身長156cm、体重は秘密。好きな俳優はスティーブ・マックイーン。ハンカチコレクションをしている。漫画はたまにコミックスを買う程度。ショートヘアにも憧れている。今欲しいものは自転車。とにかく父の心配症が治る方法が欲しい[3]
唯一まともなキャラだったが、連載終了後の「あーみんの好き放題劇場」では、作者に「唯一まともでいられた典子が一番の変人」と言われた。
北野(きたの)
演 - 国分太一
典子の彼氏。好青年だが、光太郎の嫌がらせでいつもデートの邪魔をされている。典子が財閥の御曹司(後述)とデートすることになった際に光太郎が助けを求めてきたり、窮地に立たされた場合は光太郎と絶妙のコンビネーションを発揮したりと、少しずつではあるが仲良くはなっている。典子への愛は本物で、光太郎の心配症すら上回るレベルである。時としてその行動が異常となることがあり[4]、光太郎ですらドン引きさせる程。
いつも名字で呼ばれており、名は最後まで不明だったが、持っていた万年筆には『T.KITANO』としめされていた(ドラマ版では、北野 司(きたの つかさ)である)。
好きな歌手は小林麻美。好きな音楽はサザンオールスターズビリー・ジョエル。漫画が好きで、少女漫画も結構好きな方。ラジオはたまに聞く。好きな食べ物は肉まん、チョコパフェ、お好み焼き。勉強は嫌いで、苦手なものは朝、テスト(テスト前はいつも典子に教えてもらってる)、光太郎[3]
北野という名は、自身の出身高校である大阪府立北野高等学校から取った[要出典]

準主要人物[編集]

片桐(かたぎり)
典子と北野くんが所属するサッカー部のキャプテン。初登場では比較的まともな人物だったが、早い段階から変態化する。御曹司で性格が悪くワガママであり、実力や人望でなくその性格に根負けした周囲に渋々認められてキャプテンに就任した様である。光太郎に他の部員と一緒に性犯罪者扱いされた事がある。一重とたらこ唇が特徴。母親からは「ミッシェル」と呼ばれている。
終盤では2度も無免許運転を行い、その度に警察に捕まっていた(通報は主に福永が行っている)。
安井 智恵子(やすい ちえこ)[5]
演 - 美保純
課長が紹介した光太郎のお見合い相手で、もう一人のヒロイン。職業は看護婦天然ボケとおっとりした性格で目の前で起こる変態な出来事にも物怖じせず、時には大胆かつエキセントリックな行動に出る。
最終回では、晴れて光太郎と結婚。「佐々木 智恵子」となり、典子の義母となった。
安井 守(やすい まもる)
智恵子の一人息子。素直で優しい性格で、光太郎からは時に虐待に近い扱いを受けることもあるが、話が進むごとに実の親子にも劣らない確固たる絆を築いていった。典子や北野にも懐いている。
初登場時は亡くなった父が伊賀忍者の子孫で、自身は忍者の末裔だった。後に学校でいじめられているが、それを見かねた光太郎に庇ってもらったことがある。なお、忍者という設定は当時の担当編集者のアイディアである[6]
最終回では、母が晴れて光太郎と結婚したことで「佐々木 守」となり、典子の義弟になった。
寝棺 竹子(ねかん たけこ)
光太郎のおばさんが紹介した光太郎の最初のお見合い相手。未亡人で体が病弱。よく血を吐くが本当に死にそうになった事はない。
その後も息子と共に時々登場してくる。
寝棺 一郎(ねかん いちろう)
寝棺さんの一人息子。中学生。不良であるが、母親思い。トレードマークのリーゼントは自由自在に動き、物を掴んだりバレーボールができる等と変幻自在。

登場人物の家族たち[編集]

佐々木家[編集]

佐々木 静子(ささき しずこ)
光太郎の妻で、典子の母。故人。光太郎とは大学時代に知り合ったが、体が弱かったらしい。
光太郎の父
田舎に住む典子の父方の祖父。光太郎から「お父様」と呼ばれている。光太郎同様に分厚い眼鏡をかけており、彼以上の心配症。他にも妻、親戚のおばさんといったそっくりな身内がいる。
佐々木 奈々(ささき なな)
演 - 有田気恵[7]
ドラマオリジナルキャラクター。典子の妹。アイドルコンテストの回のワンシーンで彼女らしい人物が登場している。

北野家[編集]

北野の兄
なかなかの美形だが、変わり者で軟派な性格。初登場の時にズボンを履かない格好だった。ロン毛でサングラスが特徴。
北野の両親
演 - 石井苗子(北野の母)
父は冷静な性格で、安井さんと同じく目の前で起こる変態な出来事にも物怖じせず、家族の中では比較的常識人。また、北野からも称賛される程の愛妻家で、自宅に脱獄犯が立て籠り、犯人が妻を襲った時はプロレスラーに扮し身を挺して妻を守った。
母は北野とそっくりな容姿の女性だが、息子の北野を攻撃する光太郎と対峙することが多い。
えりか
北野のいとこの少女。守とはお互い一目惚れして、仲良しになった。

片桐家[編集]

片桐夫妻(かたぎりふさい)
光太郎の会社の取引先の社長とその夫人。息子の片桐キャプテンを甘やかしている。息子同様金持ち特有の自慢をする。
息子のたらこ唇は父親、一重の目元は母親譲りである。
福永(ふくなが)
片桐家に仕える謎の爺や。たまに片桐家の人間をバカにするような発言をしたりする毒舌家な面がある。常に無表情かつ神出鬼没で、いつも余計なトラブルを引き起こす
分身したり、水面に立つことが出来る。片桐がシリアスな場面で空気の読めない言動を取った場面で殴りつけるといった見方によっては良識的な面もある(殴った直後に『虫です』と誤魔化した)。

光太郎の会社の関係者[編集]

緒方(おがた)
光太郎のライバル。見た目はナイスミドルだが、中身は変態。
緒方 ひろみ(おがた ひろみ)
緒方の娘で、典子の知り合い。ぶりっ子口調で、何かにつけて父親の自慢になっていない自慢をする。
課長
光太郎の上司。光太郎の変態ぶりには悩まされているものの、光太郎に見合いの話を持ってくるなど、部下思いの性格。バーコード形のハゲ頭は時折『ペン刺し』扱いされ、出血する。
丸閥 三角(まるばつ さんかく)
丸閥商事の社長の息子。会社見学に訪れた際、光太郎の忘れ物を届けに来た典子を見かけて気に入り、デートに誘う。二枚目だが女性社員達には、かなりの遊び人と噂されている。

その他の人物[編集]

花園 るり子(はなぞの るりこ)
光太郎の父が見合い写真で持ってきた熊滝村(架空の村)に住んでいる女性。村の子供を大蛇から守るために出来た勇敢な傷が額にある。写真だけの登場なもののインパクトが強い。
青山(あおやま)
安井さんが勤める病院の院長。独身で安井さんに片思いをしている。キザであり、なぜか女言葉を使う。光太郎のことを良く思っておらず、嫌味を言ったり嫌がらせを仕掛けては、光太郎からしっぺ返しを喰らう。
ハッピーしあわせ協会アジア支部の森本
七色の光にふれると幸せになれるというマバンヤ様を崇拝する謎の宗教団体『ハッピーしあわせ協会』に所属している。品の良いセールストークで近づいてきたが、光太郎の暴力に対し「ちっ、ちきしょう!マバンヤ様にいいつけてやる!」と捨て台詞を吐く。
レゲエのタミさん
貧乏親子の家のタンスに月30円の家賃で住んでいる。
時間をあやつる男
バミューダトライアングルにてタイムスリップした光太郎一行を救うために集められた超能力者の一人。他人を刺し殺すことでその人間の時間を止める。
謎の超能力者
バミューダトライアングルにてタイムスリップした光太郎一行を救うために集められた超能力者の一人。インド人のような風貌。まともな能力はあるものの、全国のお父さん達と一緒に光太郎達に念力を送る際、キャバレーのるみちゃんのことを思い出し、袋叩きにされた。
トーマスさんと犬のリンリン
会社の金を強奪された光太郎が犯人の似顔絵として描いた絵の人物とその飼い犬。光太郎自身の目撃した犯人の特徴とすら全く似ていないが、すぐ近くに実在して散歩していたため犯人扱いされ殴られる。
エンマさま
あの世の管理者。光太郎をあの世に来たら大きな迷惑になる危険人物としてマークしているが、最終回の一話前にコンピューターが故障し、変質者に襲われた上、片桐の危険運転で轢き殺される形で光太郎を死なせてしまう。葬式の最中で気付き、慌てて現世で永久に生きててもらおうと生き返らせた。
笹口(ささぐち)
最終回で安井さんと晴れて再婚する事になった光太郎が、挙式する結婚式場の支配人にして司会を務めた。
だが、性格は残忍で、かつて昔の恋人の披露宴に乗り込み、新郎新婦及び出席者全員を殺害。現場となった式場を格安で勧め、遺体を片付けしたものの片付け切れずにウェディングケーキに混ぜ、顰蹙を買う。
まる子
ちびまる子ちゃん』との合作の際に登場。光太郎とは知り合いという設定。
夏休みの昆虫採集の宿題のためにデパートに行き、偶然出くわした光太郎と同行したために、変態ギャグ漫画の世界に巻き込まれる。本人に直接危害は及ばなかったが、光太郎に置き去りにされて迷子になり、危うく家に帰れなくなるところだった。
あーみん
漫画の原作者として劇中にたびたび登場する。暗い性格で「壁の中から声がする〜」など不気味な歌を歌う。一日2分だけまともになるらしい。
『ちびまる子ちゃん』との合作の際はさくらももこと共にサイン会を開いており、光太郎はまる子に「まるちゃんはああいう大人になってはダメだよ」と忠告していた。
山田 英樹(やまだ ひでき)
本作連載当時のりぼん編集長であり、こちらも劇中にたびたび登場した。とても商業誌に掲載出来ないようなタブーネタが出てきた際に強制終了させたり、担当替えをしてくれと泣きついてくるあーみんの担当編集者を「運命だよ」と諭したりしていた。


元ネタについて[編集]

あーみん作品には数々の漫画やテレビの影響を受けたネタが存在する。代表的なのは特撮番組『超人バロム・1』。

『超人 バロム・1』より[編集]

クチビルゲ
シンデレラの回で、意地悪な姉(長女)・パピィ(光太郎)が意地悪な姉(次女)・キャピィ(片桐)のたらこ唇を罵って言った言葉。
元ネタはバロム・1に登場する怪人の名前。
ヤゴヤゴヤーゴの子守唄
寝付けない北野を寝かせるために光太郎が歌った不気味な子守唄。
元ネタはバロム・1に登場した怪人『ヤゴゲルゲ』が歌った「ヤゴゲルゲの子守唄」(ドナドナが元になっている)。
マッハロッド
片桐キャプテンが無免許で運転していた西ドイツ製の車。ボンネットにはたらこ唇がデザインされており、車体が長すぎてカーブを曲がりきれなく事故を起こし、光太郎を轢き殺してしまう。
元ネタはバロム・1の愛車『マッハ・ロッド』。

テレビドラマ[編集]

火曜ドラマ「お父さんは心配症」(朝日放送制作 テレビ朝日系)

1994年4月12日 - 5月17日 毎週火曜20:00 - 21:00(JST)全5回

他キャスト[編集]

スタッフ[編集]

楽曲[編集]

サブタイトル[編集]

  1. 大騒動の我が家!
  2. 恋はポケベルで!?
  3. 愛の言葉はABC
  4. 初めてのキッス
  5. 離れたくない!

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 厳密にいうと本作の世界観(連載時とほぼ同時代の1980年代)と『ちびまる子ちゃん』の世界観(1970年代中頃の静岡県清水市)ではずれがあるが、この回では無視されている。
  2. ^ だがその日では、2度も北野を騙すことに成功している。
  3. ^ a b c プロフィールより。
  4. ^ パンスト欲しさに光太郎の頼みを聞いたり、下着が盗まれた時はどこからともなく現れたり、典子が会社の御曹司とデートすると聞いた時にはそれを許可した光太郎を殴りとばし、主従関係を逆転させるなど。
  5. ^ ドラマ版では、「安井智子」になっている。
  6. ^ こいつら100%伝説』3巻、P.147
  7. ^ 有田がNECPC-98CanBeのCMで大地の娘役を演じていたため本作のドラマにも出演となった。