会社は学校じゃねぇんだよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
会社は学校じゃねぇんだよ
ジャンル 配信ドラマ
配信時間 土曜 22:00 - 23:00(終了時間不定)
配信期間 2018年4月21日 -(8回)
配信国 日本の旗 日本
制作 AbemaTV
企画 藤田晋
監督 藤井道人、逢坂元、Yuki Saito
脚本 鈴木おさむ
プロデューサー 神通勉、谷口達彦、髙橋良昌、瀬崎秀人、浅石優子
出演者 三浦翔平
早乙女太一
宇野実彩子
松岡広大
柄本時生
松岡充
池田鉄洋
豊原功補
エンディング AK-69Forever Young feat. UVERworld
外部リンク 会社は学校じゃねぇんだよ
テンプレートを表示

会社は学校じゃねぇんだよ』(かいしゃはがっこうじゃじゃねぇんだよ)は、2018年4月21日からAbemaTVで配信されているテレビドラマである。全8話予定[1]

概要[編集]

AbemaTV開局2周年を記念して制作する完全オリジナルドラマである。本作の企画者でサイバーエージェント代表取締役社長藤田晋の著書『渋谷ではたらく社長の告白』(幻冬舎文庫)を下敷きに「夢・恋愛・金・友情」を主題にした反逆と成功の物語を熱く描く。三浦翔平[2]は、本作でドラマを初主演する。

三浦と脚本を手掛ける鈴木おさむは『奪い愛、冬』以来の顔合わせ[3]で、早乙女太一とは『髑髏城の七人』に続く共演となる[4]

2018年4月2日の2018年度サイバーエージェント入社式に三浦が登場し、新入社員は写真撮影やSNSへ投稿は禁止されていたが、インターネットの会社がSNSを禁止する姿勢に疑問を呈した三浦は、本作の宣伝も兼ねて笑顔で快諾し、藤田や新入社員と共に本作のタイトルをコールしながら写真撮影に臨んだ[5][6]

2018年2月17日に撮影開始[7]し、4月16日に終了した[8]

2018年6月9日の最終話放送日、同日行われていた打ち上げ会場から生中継が放送される。主題歌を担当しているAK-69が登場し、更にサプライズゲストでUVERworldのTAKUYA∞が登場。スペシャル生ライブとして「Forever Young feat. UVERworld」を熱唱した。

あらすじ[編集]

学生時代、渋谷のギャル男たちの代表をしていた主人公の藤村鉄平(三浦翔平)が様々な壁にぶち当たりながらも、21世紀を代表する会社を作りたいという思いで「会社は学校じゃねぇんだよ」と決め台詞を炸裂させながら、仲間とともに起業し、上場を目指す反逆と成功のリベンジサクセスストーリー。

キャスト[編集]

主要人物(サイファークリエーション)
藤村 鉄平
演 - 三浦翔平
主人公。学生時代に渋谷で会社「渋通」を設立して社長をしていた元ギャル男。偶然本屋で目にしたビッドバレーエージェントの沢辺の本を目にし、ギャル男を辞め沢辺の会社に入社するも理不尽な扱いを受け、自ら辞める。その後起業し、21世紀を代表する会社を作るため「サイファークリエーション」を設立し、社長となる。
火高 拓海
演 - 早乙女太一
鉄平の同期。営業トップの成績でかなりの頭脳派。鉄平と共にビッドバレーエージェントを辞め、共に起業する。サイファークリエーションの設立メンバー。常に冷静で鉄平が突っ走り過ぎた時のストッパーで、副社長で鉄平の右腕である。華子に恋心を寄せる。
水川 華子
演 - 宇野実彩子
元モデルで事務所をクビになり、自ら起業しようとしていたところ鉄平に出会う。サイファークリエーションの看板、インフルエンサー事業設立に関わり、モデル達のまとめ役として活躍する。鉄平に恋心を寄せる。沢辺の会社にインフルエンサー事業が売却され、これから……という時に不慮の事故で亡くなる。
笹川 翔太
演 - 松岡広大
ビッドバレーエージェント時代にの大学生インターンとして鉄平達に出会う。鉄平達の起業際、親の借金を返済するため、沢辺のスパイとしてサイファーに潜入するも、沢辺に切り捨てられビッドバレーエージェントをクビになる。行く当てがなくなった時、一度裏切ったにも関わらず鉄平に受け入れられ、サイファーで働く。
堀田 貴之
演 - 柄本時生
天才プログラマー。投資家、森永泰三と仲がいい。沢辺に依頼されプログラムを作成するも、泰造の悪口を言われ消去してしまう。鉄平達にアプリの開発を頼まれ引き受け、サイファーの仲間になる。いつもグミを食べており、腐ったピザのカビを育てるなどかなりの変人。
ビッドバレーエージェント
沢辺 進
演 - 豊原功補
ビッドバレーエージェント社長。金のためなら人を裏切ることも厭わない非情極まりない性格。起業する鉄平達の邪魔を繰り返す。泰三の腹違いの兄で、かつて共に働いていた泰三をでっち上げのセクハラ事件で辞職に持ち込んだ過去がある。
黒沢 武雄
演 - 池田鉄洋
ビッドバレーエージェントの専務。沢辺の元で働いている。

山野 太一朗

演 - 篠原篤
ビッドバレーエージェント勤務。元鉄平達の先輩で、沢辺も世話になっている代理店の息子。縁故入社で贔屓されており、鉄平達の作った企画をパクったり、いじめを楽しんだりとどうしようもない性格をしている。
投資家
森永 泰三
演 - 松岡充(特別出演)
有名投資家。人の未来に投資する人情派。鉄平達が投資のお願いに来た時、床にパスタを落とし煽るが、そのパスタを食べる二人の姿を見て投資を決心する。沢辺の腹違いの弟。関西弁で喋る。

その他

谷山竜彦
演 -浅香航大
ギャル男時代の鉄平の仲間で共に会社「渋通」を立ち上げたが、鉄平が突如辞めて会社を継ぐ。その時のことを今も根に持っており、鉄平のことをひどく恨んでいる。

美紀

演 -島崎遥香
華子の後輩でモデル仲間。最初は華子の起業に協力していたが、自分の事務所が決まると早々に手を引くちゃっかり者。

麗子

演 -森矢カンナ
華子の昔のモデル仲間。人気雑誌の現役モデルの傍、サロンでも働いており資金繰りに困っていた華子に沢辺を紹介している。

亜美

演 -糸原美波
華子の後輩でモデル仲間。事務所をクビになったが、華子に誘われてサイファークリエーションで働いている。

沙耶

演 -比嘉梨乃
華子の後輩でモデル仲間。事務所をクビになったが、華子に誘われてサイファークリエーションで働いている。

水川雪子

演 -中村ゆりか
華子の妹で大学生。姉の華子と二人暮らしで、華子のことを尊敬している。

ゲスト[編集]

#1

居酒屋の女

 演 -曽田茉莉江

#2

金木茂

 演 -野中隆光

#3

Youtuber

DJ社長(本人)

よきき(本人)

#4

軍田編集長

演 -ふせえり
人気雑誌の編集長。沢辺にそそのかされ、サイファークリエーションのモデル達を横取りする。

#5

虎屋

 演 -堀部圭亮

 DDD代表取締役。鉄平に提携を持ちかけるが断られる。

記者

 演 -水間ロン

若社長

 演 -松村順平

#6

沢辺進(20代)

 演 -木村龍

森永泰三(20代)

 演 -沢村玲

#7

高校生

怪盗ピンキー(本人)

ねお(本人)

#8

記者

 演 -水間ロン

若者

 演 -中島健

外国人

 演 -イアン・ムーア

各話あらすじ[編集]

#1「ギャル男社長の逆襲」

学生時代から起業していた渋谷のギャル男・藤村鉄平は、偶然手に取ったベンチャー企業社長・沢辺の書籍に感銘を受け、彼が経営するビットバレーエージェントへの入社を決める。だが入社した鉄平を待っていたのは、学生社長としての広報的活動と、退屈な雑務だった。ある日鉄平は現状を打破するべく、同期の火高とインターンの翔太とで社内の新規事業コンテストに応募する。提案したインフルエンサー事業の企画は沢辺の目にとまるが、偶然にもほぼ同じ企画を出した先輩の山野とプロジェクトを組むことに。山野は沢辺も世話になっている代理店社長の息子で縁故入社だった。山野の理不尽な要求に耐えられなくなった鉄平は、沢辺に直談判するのだが……。沢辺の本当の顔を見た鉄平は、ある決意をする。

#2「3000万の出資者を探せ!」

ともに会社を辞めた火高と起業の準備をする鉄平。そこにインターンを辞めてきた翔太も加わる。手持ちの資金500万は渋谷に借りたオフィス代で一気に飛んだ。インフルエンサー事業を成功させるには3,000万円の資金が必要になると火高。資金調達のためベンチャーキャピタル交流会に参加するも振るわず、エレベーターピッチで巨額の投資をしたというモバラボテックの金木社長に会いに行くことに。わずか25秒のプレゼンは成功、金木からの投資を取り付ける。だが後日、出資の件は無しにしてくれと金木から連絡が入る。慌てて金木のオフィスに行くと、そこには意外な人物が……。最後の望みをかけ、鉄平たちは有名投資家が集まるシャンパンバーに向かう。

#3「衝撃!サロンde全裸」

超有名投資家の森永泰三から出資を勝ち取った鉄平。社名を『サイファー・クリエイション』に決め、オフィスも構えた。事業の要となるインフルエンサーを集めるため、学生時代ともに『渋通』を起業した仲間・竜彦に協力を求める。だが竜彦は勝手に辞めた鉄平に恨みを持ち、すでにビットバレーと提携を結んでいた。「一千万円で竜彦のところから100人引き抜く」そう決めた鉄平は、インフルエンサー集めに一人奔走する。並行してアルバイトの面接をしていると、意外な人物がオフィスを訪れた。そんな中、「前向きな話がしたい」と連絡が入り、竜彦の元に向かう鉄平。だが鉄平を待ち受けていたのは、衝撃的な現場だった。そして、新たな出会いが……。

#4「起死回生の盗撮大作戦! 」

事務所を解雇されたモデルの華子からインフルエンサー集めに協力すると言われ、それを受ける鉄平。泰三の紹介で大手お菓子メーカー三果堂のコンペに参加することになったのだが、競合にはビットバレー山野のチームも。プレゼンに勝つためには、インフルエンサーの確保が重要になる。ビットバレーは人気雑誌編集長の軍田と組み、300人以上のモデルを囲い込む。対して華子が集めたのは32人と、その差は歴然。だが、集まったインフルエンサーを前に鉄平はある秘策を思いつく。並行して足りないエンジニアを獲得すべく、鉄平は超有名なエンジニア・堀田を口説きにいくも高額な契約料を請求される。「俺の気持ちが震えるような企画だったらやるけど」そう言われ、鉄平が出した企画は……。果たして鉄平は、ビットバレー・山野にプレゼンで勝つことができるのだろうか。

#5「社内激震!社長の非情なる決断 」

2年後。鉄平の会社・サイファークリエイションは大きく成長していた。上場、そして21世紀を代表する会社を作ることを目指す鉄平は新規事業を立ち上げるべく、社内で毎日事業プランコンテストを開催する。インフルエンサー事業の取締役に昇格した華子との夕食中、鉄平はある新規事業のアイデアを思いつく。「Amazonや楽天のように大きなビジネスが展開できる」と喜ぶ一同だったが、試算した開発費用は10億近くかかる試算がでる。鉄平が取った行動は…。

#6「私の生きている意味 」

新規事業・ビットラブ(仮想恋愛)の開発資金として、インフルエンサー事業をビットバレーに買収すると一同に伝えた鉄平。一人落ち込む華子を慰める火高は、鉄平と初めて出会った時のことを回想し、暴走する鉄平を止めると華子に誓う。堀田が作ったビットラブのデモ版ができあがり、その映像を見た鉄平は自分たちが時代を変えることができると確信する。新規事業のためにインフルエンサー事業を売却すべきかどうか、鉄平は多数決で決めると一同に告げる。果たして、賛成に手を挙げるのは…。そして動き出す鉄平と華子の恋の行方。さらに、衝撃の事件が……。激動の第6話。

#7「忍び寄る崩壊の足音… 」

事故で亡くなった華子の葬儀に参列する鉄平たち。華子亡きインフルエンサー事業は柱を失い、メンバーは途方に暮れていた。ビットバレーからは代わりに創業メンバーの一人を立てろと条件をつきつけられ、鉄平はある人物に白羽の矢を立てる。そしてついにリリースされたビットラブはまたたく間に大ヒット、順調な滑り出しを見せる。そんな中、華子のことで割り切れない気持ちを抱えたままの火高は、ある決断をすることに。鉄平を買っていた大手企業社長・虎屋は一人のしがないプログラマーのSNSに目を留め、ある計画を思いつく。「藤村鉄平のサイファーをまるごと飲み込む」。華子を失った鉄平と火高の関係は? 虎屋の狙いとは?

#8「【最終回】一発逆転!50億円の秘策!!」

火高とは別れたものの、ビットラブは順調にサービス利用者を伸ばし、鉄平は若者のカリスマとして世間にもてはやされる。そんな中、ビットラブに使われているプログラムの特許申請をしているという男が現れた。特許申請の取り下げを依頼するもすでにその権利は虎屋に買われたあとで、特許をまるごと売ってくれと懇願する鉄平に虎屋は50億円を要求する。サイファーにそんな資金はなく、このままではビットラブはサービス停止、サイファーも倒産してしまう。今まで鉄平を持ち上げていた記者や投資家も手のひらを返したように態度が一変、泰三に資金援助を依頼するも断られ八方塞がりの状態に。大切な仲間も失い、全てを賭けてきた会社も失いかけ、ボロボロになる鉄平。そんな鉄平の前に、翔太に背中を押された火高が現れる。「今のお前に金を出す可能性のある投資家が一人いる」。火高の提案は、意外なものだった...。ビットラブ、サイファークリエーションの運命は? 鉄平は21世紀を代表する会社を作ることができるのだろうか? 若者のすべてを熱く描くリベンジサクセスストーリー、ここに完結!

スタッフ[編集]

配信日程[編集]

話数 配信開始日 サブタイトル 監督 時間
4月21日 第1話 ギャル男社長の逆襲 藤井道人 34分
4月28日 第2話 3000万の出資者を探せ! 藤井道人 34分
5月5日 第3話 衝撃!サロンde全裸 逢坂元 38分
5月12日 第4話 起死回生の盗撮大作戦! 藤井道人 36分
5月19日 第5話 社内激震!社長の非常なる決断 Yuki Saito 35分
5月26日 第6話 私の生きている意味 Yuki Saito 41分
6月2日 第7話 忍び寄る崩壊の足音… 藤井道人 42分
6月9日 第8話 一発逆転!50億円の秘策!! 藤井道人 41分

まだまだ終わりじゃねぇんだよ[編集]

本編終了後に放送されるメイキング番組。撮影現場で出演者が自由気ままにトーク。この番組内の「宣伝大使」に任命された松岡広大が、楽屋での様子やインタビューを撮影。ここでしか見ることのできない出演者の素顔やマル秘裏話が満載。

副音声ビデオ[編集]

出演者が会社は学校じゃねぇんだよを見ながらコメントしている副音声付き本編がビデオ限定で公開。

副音声ゲスト

#1 三浦翔平、早乙女太一、宇野実彩子、松岡広大、柄本時生

#2 三浦翔平、早乙女太一

#3 DJ社長、DJふぉい

#4 三浦翔平、松岡広大、篠原篤

#5 早乙女太一、松岡広大

#6 三浦翔平、鈴木おさむ 

#7 早乙女太一、柄本時生

#8 三浦翔平、早乙女太一、松岡広大、藤井道人

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “三浦翔平主演『会社は学校じゃねぇんだよ』キービジュアル&特報映像公開”. TVLIFE web (学研プラス). (2018年3月11日). http://www.tvlife.jp/entame/162373 2018年4月25日閲覧。 
  2. ^ “AbemaTV藤田晋社長の著書をベースにオリジナルドラマ 主演は三浦翔平”. ORICON NEWS (オリコン). (2018年2月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2105849/full/ 2018年4月25日閲覧。 
  3. ^ “AbemaTV藤田晋社長の著書をベースにオリジナルドラマ 主演は三浦翔平”. オリコンミュージックストア (oricon ME). (2018年2月16日). https://music.oricon.co.jp/php/news/NewsInfo.php?news=2105849 2018年4月25日閲覧。 
  4. ^ “三浦翔平が連ドラ初主演、AbemaTV「会社は学校じゃねぇんだよ」4月放送”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年2月18日). https://natalie.mu/eiga/news/270046 2018年4月25日閲覧。 
  5. ^ “『会社は学校じゃねぇんだよ』 主演三浦翔平さんがサイバーエージェント入社式にサプライズ登場!! 「やった人はどんどん上にいける会社。いつか一緒に仕事しよう!」と熱いエール”. 番組公式サイトニュース (AbemaTV). (2018年4月2日) 
  6. ^ “三浦翔平、入社式で粋な計らい 主演ドラマのアピール兼ね撮影許可「どんどん上げて」”. ORICON NEWS (オリコン). (2018年4月2日) 
  7. ^ =【会社は学校じゃねぇんだよ】-メイキングvol.1 三浦翔平- クランクイン~緊迫シーンの真剣な表情のあとに…!?| 1話「ギャル男社長の逆襲」4/21(土)よる10時放送”. AbemaTV公式 YouTube (2018年4月18日). 2018年4月24日閲覧。 }}
  8. ^ “クランクアップ写真公開 「20代最後の作品に主演をやらせて頂いた事が最高の思い出になりました。」”. 番組公式サイトニュース (AbemaTV). (2018年4月18日). https://drama-gakkoujyanee.abema.tv/posts/4068303 2018年4月25日閲覧。 

外部リンク[編集]