武士道シックスティーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

武士道シックスティーン』(ぶしどうシックスティーン)は、誉田哲也による日本の小説作品。

剣道青春をかける対照的な2人の女子高生をユーモラスかつ爽やかに描く。続編に『武士道セブンティーン』、『武士道エイティーン』及び『武士道ジェネレーション』がある。

2009年5月から『月刊アフタヌーン』(講談社)、『デラックスマーガレット』、『ザ マーガレット』(集英社)にて漫画化作品が連載開始。2010年に映画が公開された。

あらすじ[編集]

日本舞踊から剣道に転向した「柔」の早苗、剣道エリートの「剛」の香織。2人は中学最後の横浜市民大会で戦うが、早苗が香織に勝ってしまうところから物語が始まる。この因縁の2人が一緒の高校に入り、敗れた悔しさを忘れない香織と、そんなことはとっくに忘れている早苗が切磋琢磨しながら、お互いに成長していくストーリー。

登場人物[編集]

磯山 香織
新免武蔵を心の師と仰ぐ高校1年生で、早苗と同じ剣道部員。性格は攻撃的かつ勝利至上主義。剣道以外はほとんど眼中に無い、剣道オタクでもある。全中準優勝の肩書を持つほどの剣道エリートだが、中学最後の大会で全く無名の選手だった早苗に負けてしまう。
西荻 早苗
剣道歴3年の高校1年生。性格は温厚でマイペース。日本舞踊から習得した個性的な足捌きが特徴。中学時代に出場した最後の大会で香織と対戦し、勝利した経歴を持つ。しかし、本人は剣道を純粋に楽しむことを目的としており、勝敗には全く拘りがない。旧姓「甲本」。

書誌情報[編集]

文藝春秋(後に文春文庫)より刊行されている。

漫画[編集]

月刊アフタヌーン』(講談社)、『デラックスマーガレット』、『ザ マーガレット』(集英社)、と異なる出版社での同時連載が行われる。

『月刊アフタヌーン』では安藤慈朗の作画で2009年7月号(5月25日発売)より2010年12月号(10月25日発売)[1]にかけて連載。

『デラックスマーガレット』、『ザ マーガレット』では尾崎あきらの作画で2009年7月特大号(5月28日発売)より2010年7月特別号(最終号、5月28日発売)にかけてシリーズ連載。

映画[編集]

武士道シックスティーン
監督 古厩智之
脚本 古厩智之
大野敏哉
出演者 成海璃子
北乃きい
音楽 上田禎
主題歌 MiChi
「Together again」
撮影 清久素延
編集 大重裕二
製作会社 「武士道シックスティーン」製作委員会
配給 ゴー・シネマ
公開 日本の旗 2010年4月24日
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2010年4月24日に公開。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

キャスト[編集]

関連テレビドラマ[編集]

ブカツ道 (WOWOW)

映画公開を記念しWOWOWで放送される短編ドラマ集。成海璃子、北乃きいがそれぞれさまざまな部活動に挑戦。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「げんしけん 二代目」スタート、木尾士目サイン会も決定”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2010年10月25日). 2017年12月26日閲覧。
  2. ^ 【11月20日付】本日発売の単行本リスト”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2009年11月20日). 2017年12月26日閲覧。
  3. ^ a b 【4月23日付】本日発売の単行本リスト”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2010年4月23日). 2017年12月26日閲覧。
  4. ^ 【12月22日付】本日発売の単行本リスト”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2010年12月22日). 2017年12月26日閲覧。
  5. ^ 【11月25日付】本日発売の単行本リスト”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2009年11月25日). 2017年12月26日閲覧。
  6. ^ 【11月25日付】本日発売の単行本リスト”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2010年11月25日). 2017年12月26日閲覧。
  7. ^ 【4月25日付】本日発売の単行本リスト”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2011年4月25日). 2017年12月26日閲覧。

外部リンク[編集]