完全なる首長竜の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
完全なる首長竜の日
著者 乾緑郎
発行日 2011年1月8日
発行元 宝島社
ジャンル SFミステリ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製本
ページ数 305
公式サイト 完全なる首長竜の日|宝島チャンネル
コード ISBN 978-4-79-667990-9
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

完全なる首長竜の日』(かんぜんなるくびながりゅうのひ)は、乾緑郎による日本SF小説ミステリー小説

第9回『このミステリーがすごい!』大賞の大賞受賞作。第4回の同コンテストで大賞を受賞した海堂尊の『チームバチスタの栄光』以来の満場一致での大賞受賞となった[1]

早川書房『ミステリが読みたい!』2012年版で国内編19位にランクイン。

ストーリー[編集]

少女漫画家の和淳美は、自殺未遂を起こし意識不明の弟・浩市と、「SCインターフェース」という機器を通じてコミュニケートする最新医療技術「センシング」により、対話を続けている。浩市がなぜ自殺を試みたかは不明であり、その原因を探らなくては、仮に浩市が意識を取り戻したとしても再び自殺を繰り返す恐れがあると、担当する精神科医・相原から言われていた。

漫画家としては中堅どころの淳美だったが、長期に渡って連載していた漫画『ルクソール』の打ち切りが決まる。

同じ頃、仲野泰子という女性から連絡があり、淳美は会いに行く。彼女の息子である由多加は淳美のファンであったが、浩市と同様、自殺未遂を起こしていた。淳美は最近まで由多加が浩市と同じ「西湘コーマワークセンター」に入院し、センシングによる治療を受けていたことを知る。泰子は息子の死に不審を抱いており、患者同士の意識が機器を介さずに交流する「憑依(ポゼッション)」という現象について語った。そして息子の死の真相を昏睡状態にある浩市が知っているのではないかと考え、泰子は浩市とのセンシングを求めてくる。漠然とした不安を感じながらもそれを許した淳美だったが、その直後から淳美の身の回りで不可解なことが起こり始める。

浩市とのセンシングの最中、淳美は幼い頃に描いた「首長竜」の絵のことを思い出す。それは初めて会う母方の祖父に、絵が得意だった淳美がプレゼントのために描いたものだったが、一所懸命に描いたそれは、祖父自身の手により「こんな恐竜がいるわけがない」と無惨に目の前でマジックで脚を描かれて破かれてしまった。淳美はそのことがトラウマになっていたが、浩市とのセンシングでそれを思い出し、手掛かりを求めて幼い頃に家族で訪れた島へと向かう。

崩壊していく夢と現実の境に、淳美は徐々に自分が現実の世界にいるのか、それとも意識化をセンシングしているのかの判断がつかなくなっていく。

登場人物[編集]

和敦美
少女漫画家。本作の主人公。
和浩市
敦美の弟。自殺未遂を起こし、遷延性意識障害で昏睡状態にある。
仲野泰子
敦美の前に現れる謎の女性。息子である由多加の死に不審を抱き、敦美に会いにくる。
仲野由多加
仲野泰子の息子。生前は敦美の漫画のファンだった。
相原
精神科専門医。浩市の自殺の原因を探るべく、カウンセリングを担当している。
沢野
敦美の担当編集者。
府川真希
敦美のアシスタント。
杉山
敦美の初代担当編集者。敦美の漫画家デビューを支える。
榎戸
センシングを担当する神経工学技師。
武本
看護師。
浩市の入院先の近くにある海岸で敦美が出会う謎の少女。
晴彦
敦美と浩市の大伯父。島に住む。
敦美の祖父
親戚中から嫌われている人物。敦美は幼い頃に首長竜の絵を描いてプレゼントをしたことがあるが、マジックで脚を描かれてしまったことがトラウマになっている。

書籍情報[編集]

  • 単行本:宝島社、2011年1月8日発行、ISBN 978-4-79-667990-9
  • 文庫:宝島社文庫、2012年1月13日発行、ISBN 978-4-79-668787-4
  • コミック版(作画・つかさき有):宝島社 Wonder Land Comic、2013年5月17日発行、ISBN 978-4800209115
    • ベストクリエイトが運営する総合電子書籍ストア「いつでも書店」では、映画の公開を記念してコミックを2013年6月7日より6月28日まで独占先行配信し、購入者の中から抽選でオリジナルのぬいぐるみ「首長竜くん」をプレゼントするキャンペーンを行った[2]

映画[編集]

リアル〜完全なる首長竜の日〜
Real
監督 黒沢清
脚本 黒沢清
田中幸子
原作 乾緑郎『完全なる首長竜の日』
製作 下田淳行
幾野明子
及川義幸
製作総指揮 平野隆
田代秀樹
出演者 佐藤健
綾瀬はるか
音楽 羽岡佳
主題歌 Mr.ChildrenREM
撮影 芦澤明子
編集 佐藤崇
製作会社 ツインズジャパン
配給 東宝
公開 日本の旗 2013年6月1日
上映時間 127分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 4.2憶円
テンプレートを表示

本作は『リアル〜完全なる首長竜の日〜』として映画化された。主演は佐藤健綾瀬はるか、監督は黒沢清が務めた[3]

映画あらすじ[編集]

藤田浩市(佐藤健)は、1年前に自殺未遂をおこして昏睡状態に陥った恋人の和淳美(綾瀬はるか)が入院している国立先端医療センターを訪れた。最新脳外科医療”センシング”によって、意識不明の淳美の意識に入り込み、直接会話をするためである。精神科医の相原栄子(中谷美紀)、そして脳神経外科医の米村(堀部圭亮)らの協力を得て、不安を訴えながらも淳美の意識下に入っていった浩市。その中で淳美はいつも通り、マンションの一室で漫画家として漫画を描きながら浩市の帰りを待っていた。しかし浩市がすでにジムの仕事を辞めていることや、自分の漫画の連載がうまくいっておらず編集部から見切りをつけられていることなど覚えていないことも多く、自殺の理由を問いかける浩市とも話が噛み合わず言い争いになってしまう。淳美をなんとか漫画家としてのプレッシャーから解放し、深い昏睡状態から目覚めさせようとする浩市だったが、淳美はグロテスクなタッチで描く連続殺人鬼の漫画『ルーミィ』を描くことに拘り続け、うまく描けないと悩む。そしてかつての自信を取り戻すため、昔淳美が描いて浩市にプレゼントしたという首長竜の絵を探してきてほしいと浩市に訴える。なんとか淳美の願いを叶えてやりたいと淳美の貸倉庫を探したり実家に戻ったり、かつて2人が共に過ごした飛古根島にも足を運ぶ浩市だったが、センシングを繰り返すうちに仮想と現実の境界線は崩れ始め、『ルーミィ』に登場する死体が実現化するのを目にしたり謎の少年に遭遇したりするようになっていく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

製作[編集]

企画・撮影[編集]

映画の制作チームは、『このミステリーがすごい!』大賞を受賞する前から、同じく他人の意識の中に入っていくという話である『インセプション』を超える面白さと評判だったこの原作『完全なる首長竜の日』に興味を持っており、映画化を考えていた[6]。「人間の本質にある怖さと、人の頭の中にある誰も見たことのない世界、精神世界を上手く作り上げられるのは、黒沢監督しかいない」ということでプロデューサー陣から黒沢の名前が挙がりオファーされたが[6]、監督は当初、「原作は読み物としてはおもしろいがどう映像化するか途方に暮れた」と話している[7]。しかし”映画で人の心は撮影できない”という原則に挑戦してみたいという思いでオファーを引き受け、『トウキョウソナタ』でも組んだ脚本家・田中幸子やプロデューサー陣に支えられ、20回以上の脚本打ち合わせを繰り返して緻密にストーリを構築していった[6]。そして原作にある文学性をできるだけ取り払い、映画的なものに置き換えてた結果[8]、原作の姉弟という設定は幼馴染で恋人という設定に変わって主人公が恋人を救おうとするストーリーとなり[6]、結末も原作とは異なる[8]など、監督曰く70%くらい脚色されることとなった[9]。しかしセンシングという概念や、物語の象徴となる首長竜などは原作のままで、原作者の乾緑郎も「映画だから」「骨格となる設定と構造さえ大事にすれば他のことは変えてもかまわない」と快く脚色を了承している[6][9]

撮影は全てデジタルでフィルムは1回も挟まず、フィルムでは絶対やらないようなオーヴァーラップや急激なズームアップをあえて取り入れるなど、監督にとっては初めての試みが多くみられる[10]。当初は現実と非現実が明確に区別できるような撮り方をしていたが、撮影を進めるうちに"フィクション映画というのはどのみちそれ自体が疑似現実"であることに気づき、「現実か仮想かの区別を明確にする必要はない」と開き直り、その代わり、一つのファンタジーという形で佐藤健と綾瀬はるかという2人の俳優がどれだけ頑張っているかを表現することに費やしたと後のインタビューで話している[8]。その他、ドラマのカギを握る首長竜、町が崩壊するシーンや鉛筆が浮くシーンなど、今作ではVFXが欠かせないツールとなっているが、首長竜のCG制作に使用したのは『ロード・オブ・ザ・リング』や『アバター』と同じソフトで、約半年のポスプロ期間をかけ、ハリウッド映画にも負けないクオリティで作り上げられた[6]。ちなみに首長竜の骨格は、劇中でも写り、映画の完成披露会見[11]の会場にもなった国立科学博物館の展示が参考にされている[6]。首長竜が動き回るクライマックスシーンはシミュレーション用のプレビズ映像を制作し、スタッフやキャストに映像の完成イメージを伝えるところから始まった[12]。そしてロケセットで部分的にグリーンバックを建て、佐藤と綾瀬の人物部分の撮影をした後に首長竜を合成するという流れで行われた[12]。また、劇中でセンシングに使用される装置もこの映画のために1000万円で制作されたオリジナルのものである[6]。幼い頃に2人が暮らしていた飛古根島のシーンは八丈島で撮影されている[13]

2013年5月開催の第66回カンヌ国際映画祭出品も視野に入れ、2012年6月15日にクランクインし、7月末にはクランクアップした[14][注釈 1]

主題歌[編集]

主題歌は、佐藤健も中学時代から大ファンだというMr.Childrenが担当[5]。作詞、作曲を手掛けた桜井和寿は映画の台本を何度も読んでラストシーンだけでなく映画全体をイメージし[5]、「愛する人の意識の中へ入っていくとまどい」「仮想と現実を行き来する極限の愛」をMr.Children独自の世界観で構築[15]、Mr.Children史上最も激しいかもしれないというロック「REM」を書き下ろした[5]。ちなみに「REM」というタイトルは身体は眠っているが脳は覚醒状態にあるという"REM睡眠"からきているが[15]、眠り続ける恋人を救うために“センシング”で彼女の意識の中へ潜入し、仮想と現実の間を彷徨う主人公の姿をイメージして付けられた[16]。ミュージックビデオも映画のストーリーに合わせてボーカルの桜井和寿が仮想と現実をさまようイメージで展開され、映画の公式YouTubeチャンネルで5月22日より先行公開された[15]

封切り[編集]

2013年6月1日[17]TOHOシネマズ有楽座他全国270スクリーンで公開され、初日の6月1日-2日の土日2日間で動員9万6165人、興収1億801万200円になり、映画観客動員ランキングで初登場第3位となった[18]。最終興収は4億2,000万円[19]。また、台湾、香港、シンガポールフランスでの公開も決定している[18]

プロモーション[編集]

CDジャケットやブランドキャラクターなど数多くのデザインを手がけ、近年はサンリオキャラクターや『ONE PIECE』、『ジョジョの奇妙な冒険』とのコラボレーションでも話題となったデザイナーのPansonWorksが今作とコラボレーション[20]。佐藤健演じる浩市と綾瀬はるか演じる淳美を2頭身にデフォルメ&キュートかつポップにアレンジし、クリアファイルやタオル、イヤホンジャックマスコットなどのオリジナルグッズが発売された[21]

Blu-ray / DVD[編集]

2013年12月18日発売。発売元はTBS、発売・販売元はアミューズソフトエンタテインメント。12月4日よりレンタルが開始され、同日にAmazon.co.jpのみ、スペシャル・エディションBlu-ray版にインターナショナル版ビジュアルのスチールブックが付いた限定4000個セットが先行発売される[22]。スチールブックのデザインは海外上映時に使用されたポスタービジュアルで[23]、中面には首長竜がデザインされている[24]。また、スペシャル・エディションにはTSUTAYAでは予約特典として「オリジナル・プレミアムディスク」[25]が、アミューズ公式オンラインショップ・アスマートでは先着購入特典で「アスマート限定特典DVD(佐藤健の撮影日誌)」[26][27]が付けられる。

  • スペシャル・エディション(2枚組)
    • 初回限定仕様:アウターケース付きデジパック仕様、スペシャル・ブックレット(20ページ)、スペシャル・コミックス(54ページ・綾瀬はるか演じる漫画家:和淳美が執筆した『ルーミィ』[28]『もげもげ島』[注釈 2][29]を読み切り漫画として収録)
    • ディスク1:本編
    • ディスク2:特典映像DVD
      • VFX首長竜ができるまで〜黒沢清監督×クリエイターの挑戦に迫る〜
      • 『リアル〜完全なる首長竜の日〜』公開直前特別番組
      • 潜入!映画『リアル〜完全なる首長竜の日〜』佐藤健 綾瀬はるかの世界
      • 潜入!映画『リアル〜完全なる首長竜の日〜』監督 黒沢清の世界
      • Behind the scenes
      • 完成披露舞台挨拶
      • 初日舞台挨拶
      • 予告編
      • 特報(2種類)
      • TVスポット(3種類)
  • スタンダード・エディション(1枚)
    • ディスク1:本編

作品の評価[編集]

2013年8月7日から17日にスイスで開催される世界4大映画祭の1つ、第66回ロカルノ国際映画祭のコンペティション部門に出品されることが日本外国特派員協会で発表され[30]、監督も現地で14日に記者会見を開き[31]多くの記者が集まったが[32]、受賞は逃した[33]。その他、第38回トロント国際映画祭(9月5日 - 15日、カナダ)のスペシャル・プレゼンテーション部門[34]、第51回ニューヨーク映画祭(9月27日 - 10月13日、アメリカ[35]釜山国際映画祭2013(10月3日 - 12日、韓国、監督も出席)[36]、第44回インド国際映画祭(11月20日 - 30日、インド、監督も出席)[37]に出品された。

ロカルノ映画祭の上映会では、淳美が描く漫画に登場する死体を浩市が現実のものとして目の当たりにするというシリアスなシーンでクスクスと会場から笑い声が起きた[32]。人は驚いた時に息をのむが、海外ではその後に大抵少し笑うという行為がみられるため、シリアスなシーンでの表現が陳腐で笑われたというよりは、日本と海外との文化の違いだろうと監督は受け取ったという[32]。他の海外メディアの反応も肯定的で、「現実と非現実、漫画やまぼろしなど複雑な要素が絡み合っているが、それを盛り立て、感動する映画になっている。」と評価するジャーナリストがいたり[32]、この映画祭の記者会見でも外国人記者から「恐竜の表現がとても素晴らしかった」というコメントがあった[24]

映画評論家の村山匡一郎は、「意識や夢に入り込む物語を描く映画は難しいが、本作では現実と仮想現実の境界をたえず観客に見せる形で展開するため説得力を持っている。」「黒沢監督の演出はCG技術を活用しながら一方でリアル感も保っている。ラストの首長竜の登場も納得できて面白い。」と述べている。[38]

雑誌『映画芸術』が2013年の日本映画ベストテン&ワーストテンにおいてベスト7位に選んでいる[39][40]他、財団やNPOではなく映画ジャーナリスト・大高宏雄が主宰する第23回日本映画プロフェッショナル大賞でも日プロ大賞第10位に本作を選んでいる[41]

テレビ放送[編集]

2016年3月6日の25:55(同年3月7日の1:55)に、TBSで地上波初放送された。[42]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ しかし実際にはカンヌ国際映画祭ではなく、他の国際映画祭に出品されることとなった。
  2. ^ 劇中では和淳美の未発表原稿として登場していたためその内容は明かされていなかったが、離島に引っ越してきた少年ヨシノブと突然現れたゾンビ君、そして島に住む不思議な少年の話で、これを読むことで映画のキーパーソンである少年をより深く知ることができる。

出典[編集]

  1. ^ 佐藤健×綾瀬はるか、異次元ラブストーリーでタッグ!目標は2013年カンヌ!”. Cinema Cafe.net (2012年7月18日). 2013年1月7日閲覧。
  2. ^ 原作コミック独占先行配信キャンペーン 佐藤健×綾瀬はるか W主演映画「リアル〜完全なる首長竜の日〜」”. mobilenavi (2013年6月3日). 2014年6月29日閲覧。
  3. ^ “綾瀬はるか、佐藤健と本格恋愛映画でW主演「ワクワクして、ヒャーッ!」”. ORICON STYLE. (2012年7月18日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2014480/full/ 2013年5月29日閲覧。 
  4. ^ 中谷美紀が綾瀬はるかの奇行を暴露「お手洗いに行くたびについて来るんです」”. マイナビニュース (2013年6月2日). 2014年6月29日閲覧。
  5. ^ a b c d Mr.Children、映画『リアル〜完全なる首長(くびなが)竜(りゅう)の日〜」』主題歌が新曲「REM」に決定”. BARKS (2012年3月14日). 2013年3月14日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h 映画『リアル〜完全なる首長竜の日〜』公式サイト【ABOUT THE MOVIE】”. 東宝. 2013年6月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月30日閲覧。
  7. ^ 山崎伸子 (2013年5月29日). “佐藤健の顔と綾瀬はるかの運動神経がすごいと黒沢清監督が太鼓判!”. MovieWalker. 2013年5月30日閲覧。
  8. ^ a b c “黒沢清監督:「リアル 完全なる首長竜の日」を語る 「現実か仮想か明確に区別する必要はない」”. MANTANWEB. (2013年6月5日). http://mantan-web.jp/2013/06/05/20130605dog00m200071000c.html 2013年11月3日閲覧。 
  9. ^ a b “佐藤健、“先輩”福山に続け!主演作「リアル」がロカルノ国際映画祭出品”. 映画.com. (2013年5月28日). http://eiga.com/news/20130528/17/ 2013年5月29日閲覧。 
  10. ^ 田中竜輔、増田景子. “最新作「リアル〜完全なる首長竜の日〜」黒沢清インタヴュー”. nobodymag. 2013年6月5日閲覧。
  11. ^ “綾瀬はるかの意識に潜入?映画「リアル」完成披露”. 朝日新聞デジタル. (2013年4月24日). オリジナル2013年6月25日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130625125942/http://www.asahi.com/culture/update/0424/TKY201304240007.html 2013年6月5日閲覧。 
  12. ^ a b 佐藤健、黒沢清監督との初タッグで放つファンへの挑戦状”. 映画.com (2013年5月31日). 2013年11月3日閲覧。
  13. ^ 八丈島フィルムコミッションブログ|映画『リアル~完全なる首長竜の日~』ポスター”. 八丈町商工会 (2013年1月23日). 2013年3月14日閲覧。
  14. ^ 佐藤健&綾瀬はるか、映画初共演!黒沢清監督新作でカンヌ出品も視野に”. シネマトゥデイ (2012年7月18日). 2013年1月7日閲覧。
  15. ^ a b c “ミスチル史上初の試み 綾瀬はるか&佐藤健W主演映画主題歌で”. modelpress. (2013年5月22日). http://mdpr.jp/cinema/detail/1246112 2013年5月29日閲覧。 
  16. ^ ミスチルが歌う映画『リアル』主題歌「REM」MVがweb先行公開!”. cinemacafe.net (2013年5月22日). 2013年11月3日閲覧。
  17. ^ リアル〜完全なる首長竜の日〜-映画|東宝WEB SITE”. 東宝WEB SITE. 2013年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月7日閲覧。
  18. ^ a b “「オブリビオン」が初登場1位!「リアル −完全なる首長竜の日−」「グランド・マスター」も初登場(6月1日-6月2日)”. 興行通信社. (2013年6月3日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/201306/03201103.php 2013年6月5日閲覧。 
  19. ^ 「2013年 日本映画・外国映画業界総決算」、『キネマ旬報(2月下旬決算特別号)』第1656号、キネマ旬報社2014年、 201頁。
  20. ^ 佐藤健&綾瀬はるかが「キュートなSDキャラ」に!映画『リアル』× PansonWorksが夢のコラボレーション”. テレビドガッチ (2013年5月16日). 2015年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月3日閲覧。
  21. ^ 『リアル』とPansonWorksがコラボ!佐藤健と綾瀬はるかがSDキャラ化”. MovieWalker (2013年5月16日). 2013年11月3日閲覧。
  22. ^ 佐藤 健×綾瀬はるか『リアル 〜完全なる首長竜の日〜』BD&DVD発売決定”. CDJournal (2013年8月16日). 2013年11月3日閲覧。
  23. ^ 映画『リアル〜完全なる首長竜の日〜』公式twitter2013年8月15日の発言
  24. ^ a b 映画『リアル〜完全なる首長竜の日〜』公式twitter2013年8月28日の発言
  25. ^ リアル〜完全なる首長竜の日〜 - TSUTAYA オンラインショッピング”. TSUTAYA. 2015年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月3日閲覧。
  26. ^ ASMART|TV・映画「リアル〜完全なる首長竜の日〜」”. アスマート. 2013年11月3日閲覧。
  27. ^ 『リアル』、アスマート限定特典DVD「佐藤健 撮影日誌」の一部を公開”. マイナビニュース (2013年10月25日). 2013年11月3日閲覧。
  28. ^ 綾瀬はるかが描いた殺人鬼漫画「ルーミィ」がリアルに”. クランクイン! (2013年9月13日). 2013年11月3日閲覧。
  29. ^ 『リアル』、BD/DVD初回限定生産特典に未発表漫画「もげもげ島」を収録”. マイナビニュース (2013年9月27日). 2013年11月3日閲覧。
  30. ^ “佐藤健、『ロカルノ国際映画祭』出品決定に歓喜「結果を残せたら」”. ORICON STYLE. (2013年5月28日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2025010/full/ 2013年5月29日閲覧。 
  31. ^ 映画『リアル〜完全なる首長竜の日〜』公式twitter2013年8月15日の発言
  32. ^ a b c d 鹿島田芙美 (2013年8月16日). “ロカルノ国際映画祭 日本から2作品がノミネート”. IBTimes. 2013年11月3日閲覧。
  33. ^ “日本作品、主要賞逃す=ロカルノ映画祭”. 時事通信社. (2013年8月18日). オリジナル2013年11月4日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20131104121429/http://www.jiji.com/jc/zc?k=201308/2013081800017 
  34. ^ 宮崎駿監督「風立ちぬ」ベネチアに続きトロント映画祭に出品決定”. 映画.com (2013年8月20日). 2013年11月3日閲覧。
  35. ^ 第51回ニューヨーク映画祭開幕!『風立ちぬ』など日本映画がメインセクションで3本上映へ”. MovieWalker (2013年9月28日). 2013年11月3日閲覧。
  36. ^ 映画『リアル〜完全なる首長竜の日〜』公式twitter2013年10月3日の発言
  37. ^ “インド最大の映画祭で日本特集 黒沢監督「多様性、知って欲しい」”. MSN産経ニュース. (2013年11月25日). オリジナル2013年11月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131125075514/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/131125/ent13112501060001-n1.htm 2014年6月29日閲覧。 
  38. ^ “リアル〜完全なる首長竜の日〜 説得力持つ仮想現実”. 日本経済新聞 (村山匡一郎). (2013年5月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXDZO55640950Q3A530C1BE0P01/ 2013年11月3日閲覧。 
  39. ^ 「映画芸術」2013年日本映画ベストテン&ワーストテン決定!!(2014年1月17日)、映画芸術、2014年1月28日閲覧。
  40. ^ 中山雄一朗 (2014年1月17日). “「映画芸術」が選ぶ2013年日本映画ベスト&ワーストテン発表!”. シネマトゥデイ. 2014年6月29日閲覧。
  41. ^ 【日プロ大賞】作品賞「ぼっちゃん」の大森立嗣監督「映画を作る自由味わえた」”. 映画.com (2014年6月29日). 2014年6月29日閲覧。
  42. ^ TVステーション」(ダイヤモンド社)関東版2016年5号 60頁

外部リンク[編集]