わぐりたかし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
わぐり たかし
わぐり たかし
生年月日 1961年
本名 和栗 隆史
出身地 神奈川県横浜市
出生地 東京都
学歴 慶應義塾大学文学部
職業 放送作家
ディレクター
プロデューサー
一般社団法人全国寺社観光協会 企画室長
主な作品
アメリカ横断ウルトラクイズ』(TV番組)
『地団駄は島根で踏め〜行って・見て・触れる《語源の旅》』(書籍)
『ぷらり日本全国「語源遺産」の旅』(書籍)

わぐり たかし(本名:和栗 隆史、1961年 - )は、日本の放送作家、語源ハンター、一般社団法人 全国寺社観光協会 企画室長、元大阪府公立学校長。東京都生まれ。

人物[編集]

学生時代に『アメリカ横断ウルトラクイズ』で放送作家デビュー。その後、ディレクターやプロデューサーも兼務しながら、情報・バラエティ−・報道・教養・ドキュメンタリーなど幅広いジャンルで数々のヒット番組を生みだし、企画・構成・演出・プロデュースに携わる。

また、世界でただ一人の“語源ハンター”として、さまざまな言葉が誕生した由来の地「語源遺産」を訪ねて国内外各地を旅している。読売新聞夕刊連載コラム「語源ハンター」、著書に『地団駄は島根で踏め〜行って・見て・触れる《語源の旅》』(光文社新書)、『ぷらり日本全国「語源遺産」の旅』(中公新書ラクレ)などがあるほか、テレビやラジオにも数多く出演。

ほかに、日本フードジャーナリスト会議代表、辻静雄食文化賞選考委員、料理本のアカデミー賞「グルマン世界料理本大賞」日本推薦委員などを歴任。美味しいブックサロン活動「クックブックカフェ」店長としても活動。

一方で、2014年4月、3年の任期付で大阪府公立学校長に任命され、大阪府立金岡高等学校(堺市)の第13代校長として着任[1][2][3]。日本初の(公認)帰宅部を創設[4]。ホリエモン堀江貴文氏やLINE創業者の森川亮氏といったIT系の大物ゲスト講師をはじめ、米良美一(カウンタテナー)やR-指定(フリースタイルラッパー)、大前光市(義足のダンサー)などのエンターテイメント系ゲスト講師なども続々招聘して話題に[5][6][7]。2015年(平成27年度)には、松竹芸能と協働で、〈正解のない時代に、正解のない授業シリーズ第1弾〉日本初の新教育課程「探究(笑育)」を開発実践[8][9]。「探究(笑育)」は、漫才づくりなどを通して、創造力・論理的思考力・情報編集力・コミュニケーション能力・表現力といったスキルを身につける先進的なアクティブ・ラーニング型授業として注目を集める[10][11][12]。関連して、漫才の頂上決戦「M-1グランプリ2015」に現役「校長・教頭」コンビで出場。同時に出場した生徒会長・副会長コンビと共に2回戦に進出してメディアを賑わせた[13][14]。2016年(平成28年度)には、電通総研アクティブラーニング こんなのどうだろう研究所と協働で、〈正解のない時代に、正解のない授業シリーズ第2弾〉「探Q(変な授業)」を開発実践[15][16][17][18][19]

2017年3月、大阪府公立学校長を任期満了退職後、一般社団法人 全国寺社観光協会の企画室長に転身。

2017年3月、慶應義塾大学文学部卒業。4月、大阪府立大学大学院経済学研究科(観光・地域創造専攻)博士前期課程入学。

経歴[編集]

これまでの主な担当番組[編集]

NHK

日本テレビ

TBSテレビ

フジテレビ

テレビ朝日

テレビ東京

TOKYO MX

BBC(英国)

  • Mu-Looking for a Lost Continent

「語源ハンター」としての主な出演番組[編集]


「校長」としての主な出演番組[編集]


著書[編集]

  • 変な校長 〜 未来を変える勇気の呪文「ゼロ・プラス・ワン」(セブン&アイ出版、2016年)
  • 大方言(ぴあ、2013年)
  • ぷらり日本全国「語源遺産」の旅(中央公論新社、2013年)
  • 地団駄は島根で踏め〜行って・見て・触れる《語源の旅》(光文社、2009年)
  • ポカホンタスの秘密(データハウス、1995年)
  • ポカホンタス講談社、1995年)
  • 神様の秘密〜イルカとサイババの超脳力(データハウス、1995年)
  • 宜保愛子の証明(データハウス、1994年)

企画・プロデュース書籍[編集]

  • 井出留美著「一生太らない生き方」(ぴあ、2014年)
  • 葉石かおり著「じじいリテラシー」(星海社、2012年)
  • 森脇慶子、YAKINIQUEST編著「【東京】ホルモンの名店」(東京書籍、2010年)
  • フードジャーナリスト会議編「【東京】ひとりで行ける上質ごはん」(東京書籍、2009年)
  • テレビ東京番組制作班著「ジュセリーノの予言〜日本の未来、世界の未来への警告」(ソフトバンククリエイティブ、2008年)
  • テレビ東京番組制作班著「ジュセリーノの警鐘〜日本の未来、世界の未来への提言」(ソフトバンククリエイティブ、2008年)
  • IKKO著「超オンナ磨き〜美のカリスマIKKOの幸せを呼ぶゴールデンルール」(アスコム、2006年)
  • 世界バリバリ☆バリュー編著「史上最強!セレブのお取り寄せ」(アスコム、2006年)
  • 来栖けい著「美食の王様 究極の167店 珠玉の180皿」(筑摩書房、2004年)

ビデオ・DVD[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『産経新聞』2014年5月11日「「ウルトラクイズ」放送作家が「校長」になった…仰天転身の“理由”、震災が影響」
  2. ^ 『産経新聞』2014年5月18日「校長に転身した元“売れっ子放送作家”は生徒たちに呼びかける…「ゼロ・プラス・ワン。失敗恐れずまず一歩を」」
  3. ^ 『Abema Prime』2014年5月27日「「変な校長先生」が起こす教育革命 府立高校の校長先生に就任した放送作家・わぐりたかし氏」
  4. ^ 『リクナビ進学ジャーナル 』2015年1月23日「大阪の高校に実在する、メチャクチャ行動力のある〝帰宅部〟とは」
  5. ^ 『ニコニコ生放送』2014年7月17日「ホリエモン一日校長!大阪から日本の教育を変える!』
  6. ^ 『朝日新聞』2017年3月1日「米良さん講演「恐れずに」金岡高校の特別授業」
  7. ^ 『朝日新聞』2017年3月18日「即興ラップで後輩エール R-指定さん、母校の卒業式で」
  8. ^ 『産経新聞』2015年2月7日「全国初『漫才』を授業に導入“お笑い”で生きる力を身につけよ 4月から大阪府立金岡高
  9. ^ 『アエラ』2015年11月11日「まるで大喜利?松竹芸能とコラボも 元テレビマン校長 斬新な取り組み」
  10. ^ 『週刊プレイボーイ』2015年4月4日「お笑いスターを高校で育成?と思ったら、全国初“笑育”授業のおふざけじゃない中身」
  11. ^ 『フジテレビ 新・週刊テレビ批評』2015年8月8日「放送作家から校長に 教育現場とテレビ」
  12. ^ 『リクナビCareer Guidance』2015年11月1日「教師も生徒も挑戦!『笑い』作りを自己成長につなげる」
  13. ^ 『朝日新聞』2015年10月7日「校長・教頭コンビ M-1奮闘」
  14. ^ 『読売新聞』2015年10月7日「校長・教頭 M-1挑戦〜「発想力と対話力」授業の一環」
  15. ^ 『産経ニュース』2016年5月13日「電通の堺・金岡高校支社? 「変な授業」スタート」
  16. ^ 『産経新聞(WEST)』2016年5月13日「「変な授業」は名刺作りからスタート…広告代理店の“入社式”を体験し、「正解のない授業」に挑む 」
  17. ^ フジテレビ『めざましテレビ』2016年6月6日(ココ調)「今と昔でここまで変わる!? ユニークなイマドキ授業をウォッチング!」
  18. ^ 『電通報』2016年12月1日「数学の人気がないんわ、問題文が上から目線やからや。」〜大阪府立金岡高校 【前編】
  19. ^ 『電通報』2017年1月31日「就活とか、人生のいろんな場面でも、今日みたいにたくさん考えるんやで大阪府立金岡高校」

外部リンク[編集]