高野誠鮮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
たかの じょうせん
高野誠鮮
高野誠鮮.JPG
ローマ法王を食べさせた男が語る世界農業遺産のこれから」で講演[1]
2012年11月6日:羽咋市商工会館)
生誕 1955年11月2日
石川県羽咋市太田町
国籍 日本の旗 日本
出身校 石川県立羽咋高等学校
立正大学仏教学部
職業 氷見市地方創生アドバイザー
立正大学 客員教授
著名な実績 スーパー公務員コスモアイル羽咋、ローマ法王に米を食べさせた男、ナポレオンの村など
宗教 仏教日蓮宗僧侶(本證山妙法寺・第41世住職))
公式サイト http://blog.zige.jp/jintaikeizai/
New 人体政治学・人体経済学考
補足

高野 誠鮮(たかの じょうせん、1955年11月2日 - )は、科学ジャーナリスト日蓮宗僧侶立正大学客員教授、1994年から2006年3月31日まで金沢大学理学部大学院等の講師も務めた。平成28年度から新潟経営大学特別客員教授、東京大学朝日講座講師も務めている。

羽咋市役所勤務時代に限界集落を蘇らせ、『スーパー公務員』と言われた。元・羽咋市教育委員会文化財室(歴史民俗資料館)室長(館長)。

経歴[編集]

1955年昭和30年)11月2日、石川県羽咋市大田町出身。1973年(昭和48年)石川県立羽咋高等学校卒業。上京し、日本テレビ11PMなどの放送作家となる。その後、立正大学仏教学部を卒業。1984年(昭和59年)羽咋市役所勤務(UFOでまちづくりを開始)1996年平成8年)7月1日、宇宙博物館コスモアイル羽咋」が開館。2005年(平成17年)1.5次産業振興室創設(農山漁村活性化計画に着手)神子原の取り組みが毎日地方自治大賞特別賞を受賞。10月21日 、 ローマ法王に神子原米を献上[2]2007年(平成19年)自立・自活する山村集落づくり「山彦計画」が「立ち上がる農山漁村(農林水産省)」に選定(官邸有識者会議に先駆的事例として出席)[3][4]2008年(平成20年)総務省「地域力創造アドバイザー」として京丹後市での活動を開始。[5]2009年(平成21年)「全国地産地消推進協議会長賞」特別賞受賞(神子の里)[6]2011年(平成23年)10月2日、TBS夢の扉+』に出演[7]2012年(平成24年)1月、自然栽培米『神子米』がパリの「三ツ星」店へ進出[8]。 3月、木村式自然栽培水稲マニュアルを発行[9]。11月15日、テレビ東京日経スペシャルカンブリア宮殿』に出演[10]。12月10日、NHK鶴瓶の家族に乾杯』に出演。2013年(平成25年) 4月1日、人事異動で教育委員会文化財室(歴史民俗資料館)室長(館長)となる。2014年(平成26年)4月1日立正大学客員教授となる。2015年(平成27年) 5月25日、著作がドラマ化される(TBSテレビ日曜劇場『ナポレオンの村』7月より放映)[11][12]2016年(平成28年)3月31日、羽咋市を定年退職[13][14]。2016年 (平成28年)4月1日新潟経営大学特別客員教授に就任。2016年 (平成28年)4月1日、氷見市地方創生アドバイサーに就任[15][16][17](平成28年度1年間出向)。2016年 (平成28年)11月18日東京大学朝日講座講師となる。

役職[編集]

  • 氷見市地方創生アドバイザー
  • 総務省 地域力創造アドバイザー
  • 羽咋市教育委員会文化財室(歴史民俗資料館)室長(館長)
    • 前農林水産課ふるさと振興係(役職 課長補佐)
  • 立正大学客員教授
  • 新潟経営大学特別客員教授 (2016年4月から)
  • 日蓮宗僧侶(本證山妙法寺・第41世住職)[18]
  • 金沢大学理学部大学院・教育学部非常勤講師「先端技術情報の近未来」「近代科学史と政治」(講座)
  • 同志社大学大学院総合政策科学研究科、法政大学エクステンション・カレッジ、早稲田大学政治経済学部(応用生物学)、北陸先端科学技術大学院大学(地域再生システム論)など、非常勤で講師を務めた。[19]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ローマ法王に米を食べさせた男が語る世界農業遺産のこれから」”. 社団法人 羽咋青年会議所 (2012年11月6日). 2013年1月5日閲覧。
  2. ^ ローマ法王に米を食べさせた男”. BLOGOS (2012年6月11日). 2012年6月16日閲覧。
  3. ^ 平成19年度「立ち上がる農山漁村」選定事例”. 農林水産省. 2012年6月16日閲覧。
  4. ^ 限界集落活性化計画「山彦計画」 (PDF)”. 総務省. 2012年6月16日閲覧。
  5. ^ 京丹後市区長連絡協議会「地域活性化研修会」を初開催 (PDF)”. 京丹後市. 2012年6月16日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ 平成20年度地産地消優良活動表彰”. 農林水産省. 2012年6月16日閲覧。
  7. ^ 「限界集落を蘇らせたスーパー公務員!」”. 夢の扉+ (2011年10月2日). 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月16日閲覧。
  8. ^ 羽咋の米、パリ進出 「三つ星」店が採用へ”. 北國新聞 (2012年1月12日). 2013年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月16日閲覧。
  9. ^ 木村式自然栽培水稲マニュアル”. 羽咋市 農林水産課 (2012年3月). 2017年8月12日閲覧。
  10. ^ 「限界集落から奇跡の脱出!地方再生 仕掛けるスーパー公務員」”. カンブリア宮殿 (2012年11月15日). 2012年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月16日閲覧。
  11. ^ 日曜劇場『ナポレオンの村』”. TBSテレビ. 2015年5月27日閲覧。
  12. ^ 唐沢寿明主演の連続ドラマ「ナポレオンの村」が7月放送開始”. シアターガイド. 2015年5月27日閲覧。
  13. ^ 高野 誠鮮”. facebook. 2016年4月11日閲覧。
  14. ^ 高野 誠鮮”. facebook. 2016年4月11日閲覧。
  15. ^ 高野 誠鮮”. facebook. 2016年4月11日閲覧。
  16. ^ 本川 祐治郎”. facebook. 2016年4月11日閲覧。
  17. ^ 高野 誠鮮”. facebook. 2016年4月11日閲覧。
  18. ^ 2011年度日蓮宗公開シンポジウム「あなたは社会に必要とされていますか?」”. 日蓮宗宗務院 (2011年10月31日). 2012年6月16日閲覧。
  19. ^ 3月度 公開例会 (PDF)”. となみ青年会議所 (2012年3月12日). 2012年6月16日閲覧。[リンク切れ]
  20. ^ “スーパー公務員”唐沢寿明が限界集落を救う TBS新ドラマ『ナポレオンの村』に主演”. ORICON (2015年5月25日). 2015年5月25日閲覧。