田中阿里子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 阿里子(たなか ありこ、1921年7月29日 - 2016年8月11日[1])は、日本作家。夫は作家の邦光史郎。娘の久我なつみも作家、エッセイスト。本名、田中文子[2]

京都府京都市生まれ。京都高等女学校(後の京都女子大学)卒。ラジオ放送作家を経て、1960年「鱶」で女流新人賞受賞。1966年『闇の中の対話』で直木賞候補。歴史小説を中心に執筆する。

著書[編集]

  • 『闇の中の対話 愛とは何か』講談社、1966
  • 『花の流域』三一書房(さんいちぶっくす) 1968
  • 『花の京都 文学紀行』淡交社 1969
  • 『終らない喜劇』講談社 1970
  • 源氏物語の舞台』駸々堂出版 1971 のち徳間文庫
  • 『カラー京都の花暦』淡交社 1973
  • 『カラー大和の花暦』淡交社 1975
  • 『秋艶記』河出書房新社 1975  「藤原定家愁艶」徳間文庫
  • 『猪名の笹原かぜ吹けば 紫式部の娘賢子』講談社 1986 のち徳間文庫
  • 『魂のゆりかご』人文書院 1986(短編集)
  • 『悲歌大伴家持』講談社 1987 のち徳間文庫
  • 『インドネシア大好き ガルーダの島々』徳間文庫 1988
  • 『さらば死神よ』人文書院 1989
  • 『インドネシアへの手紙』徳間文庫 1990
  • 小野小町春の夜語り』広済堂出版 1992 のち「小野小町恋の夜語り」学陽書房女性文庫
  • 『女房三十六歌仙の抒情』京都新聞社 1993
  • 『ボロブドウル幻想』徳間文庫 1993
  • 『マッチ箱の中の激流』鳥影社 1997
  • 『のたりのたり春の海 小説与謝蕪村祥伝社(ノン・ポシェット) 1998
  • 『世捨て人の恋』淡交社 2000

脚注[編集]

  1. ^ “田中阿里子さん死去 作家”. 京都新聞. (2016年8月11日). http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20160811000142 2016年8月11日閲覧。 
  2. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.456