植竹公和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

植竹 公和(うえたけ きみかず、1954年4月28日 - )は、日本放送作家作詞家作曲家北海道函館市生まれ。北海道教育大学附属函館小学校卒業、同附属中学校卒業、函館ラサール高等学校法政大学文学部卒業。横浜市在住。

経歴[編集]

高校生のとき、北海道新聞主宰の有島武郎文学賞に入選。大学生の頃、「とびだせものまね大作戦」(フジテレビ)、「お笑い大集合」(フジテレビ)、「ビックリショー」(関西テレビ)でものまねチャンピオンを総なめする(主なネタはアメリカのテレビドラマ「コンバット」のオープニングの英語のナレーション、ベトコンとアメリカ兵の言い争い、イヴ・サン=ローラン高田賢三の違いの形態模写、ドナルドダック、米国アニメのロードランナー「版画まんだら」の棟方志功、「徹子の部屋」の黒柳徹子のリアクションのものまね(黒柳徹子本人もその映像を見て「似てる」と認める)、俵孝太郎三遊亭円生、等など)。また落語も特技としており、本牧亭安田生命ホールで落語会を開いた。また大学三年の時には、三遊亭圓生の自宅に出向いて自ら出演交渉し、三遊亭圓生、金原亭馬生春風亭小朝春風亭柳朝桂小南を呼び、九段会館で落語会の興行を打つ。

大学3年の頃、「みのもんたの激ラジモンターマン大逆襲」(文化放送)で近藤信明(現・ブラザーコーン)、徳永(現・桂竹丸)らと出演。放送作家として裏方もこなす。そこにゲストに来たツービートのマネージャーに、ブラザーコーンとたけし軍団第一号としてスカウトされた(入団はせず)。

その後は本格的に放送作家の道に入り、「お笑いスター誕生!!」(日本テレビ)、「11PM」(日本テレビ)、「オレたちひょうきん族(フジテレビ)、「上岡龍太郎がズバリ!」(TBS)、「草野☆キッド」(テレビ朝日)、「ブロードキャスター」(TBS)などを務めた。「GAHAHAキング 爆笑王決定戦」(テレビ朝日)では、再チャレンジを提案した爆笑問題が10週勝ち抜いている。「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日)では、日下雄一プロデューサーの個人的ブレーンも務めた。

近年も番組構成や、ぼっちゃん5の落語会のプロデュースを行う。渡辺正行のライフワークで、数々の芸人を輩出した「ラ・ママ新人コント大会」では、プロデュースのほか、司会も担当している。これと平行して、2012年からは円覚寺佛日庵(北鎌倉)にて定期的に「北鎌倉お坊さんアカデミー」のイベントを全面プロデュースしている。  また、特報ショーグルメ(フジテレビ)では映画の「んなこと知ってる?!」のコーナー司会をやり、映画の中でスタッフが見切れていたり、関係ないモノが映っていたり、編集がむちゃくな映画を指摘する企画がマニアックで好評で、雑誌「GORO」で特集記事になる。また、11PM](日本テレビ)では構成とコーナー司会の出演。

歌う放送作家[編集]

「歌う放送作家」を自称(フレッド・アステア のミュージカル映画『踊るニュウ・ヨーク』からもじったもの)し、バンド活動を行っている。1980年代には渋谷エッグマン、原宿クロコダイルなどのライブハウスで演奏していた。当時のメンバーは、友人の角松敏生ならびに角松のバックバンドらプロミュージシャンであった。さらに、自らの作曲とボーカルで西武音楽祭に入賞するといった実績も持ち、杏里、角松敏生、南翔子片岡鶴太郎ジャドーズの楽曲を作曲作詞する珍しい放送作家。VOCAL,ベース、ギター、キーボードもこなす。そういったことから音楽関係にも造詣が深い。また、スネークマンショーの「アマンドラ」の台本作家と出演も。 また、歌う放送作家のキャッチコピーでラジカントロプス2.0ラジオ日本)の司会を務め、芥川賞直木賞を予想する大森望豊崎由美の「文学賞メッタ斬り」の年二回の人気コーナーは両賞候補作家も拝聴しているほど。書籍化もされている。なお、ラジカントロプス2.0の終了後は特番として継続中である。 作詞家松本隆との対談や松本隆の番組企画も多数。

担当番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

『クイズ100人に聞きました』(TBS) 「歌謡ドッキリ大放送」(テレビ朝日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]