相羽秋夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
あいば あきお
相羽 秋夫
生誕 (1941-09-20) 1941年9月20日(77歳)
日本の旗 日本愛知県名古屋市
職業 演芸評論家・放送作家・エッセイスト

相羽 秋夫(あいば あきお、本名:澤田健一郎1941年9月20日 - )は、日本の演芸評論家、放送作家エッセイスト大阪芸術大学芸術計画学科元教授・学科長。日本笑い学会副会長。

略歴・人物[編集]

愛知県名古屋市出身。1966年同志社大学法学部を卒業後、松竹芸能に入社。寄席のスタッフ職員・構成作家として活動した。一時は、大村崑正司敏江・玲児などのマネージャーを務めている。

1978年に松竹芸能から独立した後は、フリーランスの上方演芸研究家として多数の演芸評論・エッセイを執筆するかたわら、放送作家として『すてきな出逢い いい朝8時』(MBSテレビ)の構成を担当。「M-1グランプリ」では、第1回(2002年)から第6回(2007年)まで、大阪予選の審査員を務めていた。

また、松竹芸能からの独立を機に、大阪芸術大学の非常勤講師に就任。専任教授に昇進してからは、芸術計画学科の学科長などを歴任した。学科長時代の2004年には、関西テレビの人気アナウンサーだった桑原征平を客員教授に招聘(その後教授に昇進 → 退官後の2015年から種智院大学客員教授)。その縁もあって、桑原司会のテレビ番組『桑原征平のおもしろ京都検定』(KBS京都関西テレビ☆京都チャンネル共同製作)には、時折回答者で登場していた。現在も、桑原がパーソナリティを務める『桑原征平粋も甘いも』(ABCラジオ)へ、年に数回ゲストで出演している。

グルメへの造詣も深く、「毎日新聞」大阪版夕刊にグルメと落語のコラボレーションコラム「落語を食べる」を連載していたこともある。1996年度下半期には、その連載に基づく同名の番組をMBSラジオで放送。自らパーソナリティとして出演していた。

2012年3月末日をもって、25年間教鞭を執っていた大阪芸術大学を退官。退官後も、大阪を拠点に、上方演芸研究家・評論家としての活動を続けている。

著書[編集]

  • 現代上方演芸人名鑑 上方演芸人1400人を網羅 少年社, 1980.8
  • 現代上方落語人録 弘文出版, 1981.10
  • 上方落語かたいれ事典 弘文出版, 1982.10
  • らくごまんだら 東方出版, 1983.11
  • 新現代上方落語人録 弘文出版, 1985.1
  • 大酒呑みの減量作戦 ある放送作家のマイナス20kgメモ日記 たる出版, 1986.4
  • 現代上方落語便利事典 少年社, 1987.7
  • 相羽秋夫の演芸おち簿ひろい 羊書房, 1987.12
  • 続らくごまんだら 東方出版, 1988.1
  • 小説・桂三枝の一週間 たる出版 1991.1
  • 落語入門 おもしろ落語の“ら”の字から 弘文出版, 1991.5
  • なにわの女芸人 関西書院, 1993.5
  • 上方漫才入門 弘文出版, 1995.3
  • 落語を淫する たちばな出版, 1996.2
  • 落語を食べる 東方出版, 1997.1
  • 落語を食べる おかわり 東方出版, 1998.6
  • 落語を食べる そっと出し 東方出版, 2000.1
  • 落語入門百科 弘文出版, 2000.2
  • 漫才入門百科 弘文出版, 2001.6
  • 川柳寄席 燃焼社, 2001.3
  • 惜別お笑い人 東方出版, 2001.4
  • 夢舞台新舞踊の華たち 里文出版, 2003.2
  • 暮らしの中の芸能用語 東方出版, 2004.1
  • 上方お笑い系365日 東方出版, 2005.2
  • 心にしみる大阪の歌 東方出版, 2007.7

コラム[編集]

外部リンク[編集]