山田順子 (時代考証家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 順子(やまだ じゅんこ、1953年 - )は、日本の時代考証[1][2]放送作家[3]

経歴[編集]

広島県生まれ[1]。15歳で時代考証家を志したといい[1][2]、「民間放送開始の翌日[注釈 1]に生まれて、NHKの大河ドラマが始まった年[注釈 2]に家にテレビがやって来た。時代劇を見て育ったせいか、それを作りたいと思ったのがきっかけ」であると述べている[2]

専修大学文学部人文学科卒業[1]。専攻は日本史[1]

CM制作会社に就職したのち[1][2]博報堂で嘱託勤務[1]、CMディレクター、コピーライターとして勤務し、番組制作を学ぶ[1]。1982年に「株式会社スペースエムワイ」を設立、テレビ番組のリサーチと企画構成を事業とし[1]放送作家・時代考証家となる[1]。時代考証家としての仕事は1982年からNHK『クイズ面白ゼミナール』で歴史クイズの出題と構成を担当したのが皮切りという[1]。以後、テレビの歴史ドラマ・歴史番組の時代考証、歴史クイズの出題・構成、国内外の旅行番組や音楽番組の構成を担当している[1]。このほか、イベント、テレビCMでも時代考証を手掛けるともに[1]、テレビ出演、講演会、著作で歴史解説を行う[1]

趣味はガーデニング[1]。2011年より、戦国武将真田氏の故地として知られる長野県上田市真田町(旧小県郡真田町)において、耕作放棄地をソバ畑などとして再興する事業にも取り組み[1][4][5]、「歴史を生かした里づくり」を提唱する[1]

テレビ・ラジオ番組[編集]

クイズ・バラエティ[編集]

音楽番組[編集]

ドラマ[編集]

書籍[編集]

著書[編集]

  • 『時代考証おもしろ事典〜テレビ時代劇を100倍楽しく観る方法〜』(実業之日本社)
  • 『なぜ、江戸の庶民は時間に正確だったのか?』(実業之日本社)
  • 『本当に江戸の浪人は傘張りの内職をしていたのか?』(実業之日本社)
  • 『幕末のお江戸を時代考証!』(KKベストセラーズ)
  • 『江戸グルメ誕生〜時代考証で見る江戸の味〜』(講談社)
  • 『時代考証家に学ぶ時代劇の裏側』(講談社)
  • 『お江戸八百八町三百六十五日』(実業之日本社)
  • 『新説 真田三代ミステリー』(実業之日本社)
  • 『時代考証家が教える 江戸の暮らしがわかる本』(実業之日本社)
  • 『絵解き「江戸名所百人美女」江戸美人の粋なくらし』(淡交社)
  • 『海賊がつくった日本史』(実業之日本社)

監修・考証[編集]

漫画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 日本の民間テレビ放送の開始は1953年8月28日(日本テレビ放送網)。
  2. ^ 最初の大河ドラマ放送は1963年(花の生涯)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap 時代考証家山田順子プロフィール”. 時代考証家山田順子オフィシャルサイト. 2020年5月6日閲覧。
  2. ^ a b c d “時代考証家は体力勝負…重責、多忙も苦じゃない「15歳からの夢だもの」”. スポーツニッポン. (2015年5月24日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/05/24/kiji/K20150524010397970.html 2020年5月6日閲覧。 
  3. ^ じっぴコンパクト 本当に江戸の浪人は傘張りの内職をしていたのか?―時代考証でみる江戸の仕事事情”. 紀伊国屋書店. 2020年5月6日閲覧。
  4. ^ “【ローカルプレミアム】時代考証家の山田順子さん自ら真田の郷を再生した 往時しのばせる「戦国の風景」とは…”. 産経新聞. (2016年9月6日). https://www.sankei.com/premium/news/160906/prm1609060002-n1.html 2020年5月6日閲覧。 
  5. ^ “随想:山田順子 都市の生活支えた農民と下層労働者-江戸時代の暮らしに学ぶ持続可能な社会”. 農業協同組合新聞. (2020年1月11日). https://www.jacom.or.jp/nousei/tokusyu/2020/01/200111-40065.php 2020年5月6日閲覧。 
  6. ^ スタッフ”. 日曜劇場「JIN -仁-」TBS開局60周年記念. TBS. 2020年5月6日閲覧。
  7. ^ スタッフ”. TBSテレビ60周年特別企画 日曜劇場 天皇の料理番. TBS. 2020年5月6日閲覧。

外部リンク[編集]