桶田敬太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
桶田 敬太郎
本名 桶田 敬太郎
生年月日 1971年10月4日(44歳)
出身地 日本の旗 三重県鈴鹿郡関町
(現亀山市
血液型 A型
身長 177cm
コンビ名 フォークダンスDE成子坂
(1990年 - 1999年)
相方 村田渚(コンビ時代)
芸風 漫談
事務所 ホリプロ→?
活動時期 1990年 -
他の活動 構成作家

桶田 敬太郎(おけだ けいたろう、1971年10月4日 - )は、元「フォークダンスDE成子坂」のボケ・ネタ作り担当。現在は、主にお笑いライブの構成を担当している。

三重県鈴鹿郡関町(現亀山市)出身。三重県高田高等学校卒。血液型A型。身長177cm。

経歴[編集]

1990年7月、中学校時代の同級生村田渚とお笑いコンビ「フォークダンスDE成子坂」を結成。1991年3月、ボケ担当としてホリプロ所属でデビュー。テレビ朝日系『GAHAHAキング』で第2代チャンピオンになり、フジテレビ系『タモリのボキャブラ天国』に出演しシュールな芸風で人気を博した。ボキャブラ天国でのキャッチフレーズは「コギャル殺し」「戦慄の不協和音」。

相方である村田渚をはじめ、あらゆる芸人から「天才」と呼ばれ、爆笑問題太田光「あいつは天才過ぎて売れなかった」と評した。

1999年12月、自らの音楽活動に専念するため「フォークダンスDE成子坂」解散。バンド「The 3cm~」のボーカルTaroとして活動を開始。

2004年、お笑い界に裏方として復帰。 2005年12月、ますだおかだのイベントに裏方として参加。2006年4月・11月に行われたますだおかだのライブの構成を担当した。 2007年4月、三原じゅん子の歌手活動再開ライブのプロデューサーを担当。


※以下 facebookアーティストページ(公開)より引用(2015時点)

【プロフィール】 ・作家/ライター/コンテンツプロデューサー/プランナー/等、 ”企画提案”全般 ・喜劇俳優-comedian


1971年 兵庫県尼崎市生まれ、西宮市出身。

10歳の時、父親の転勤で三重県に移住してからは プロフィール上の出身を三重県に変更。

18歳(高校在学中)の時、将来にお笑い芸人(バラエティータレント)を夢見て 同級生だった『村田渚』(むらた なぎさ)とコンビを組み 芸能プロダクション:ホリプロのバラエティータレントオーディションを受ける。

その後、 参加のキッカケを得て、在学中に定期的にホリプロお笑い勉強会へ参加 年に数回のペースで、三重県からホリプロ(東京)へ通い その道を歩み始めた。

そして高校卒業とともに上京 本格的に芸人(タレント)へ向けて活動を開始した。


上京後、お笑い芸人として本格的に地道な活動を重ね 翌年、ホリプロよりコンビ名『フォークダンスDE成子坂』として正式にデビューする。 プロフィール上のデビューは1991年となっている。(TVデビュー)


デビュー以降は、その活動を順調に展開し 当時は、まだ世間的に若手お笑いブームではなかったものの 数々のテレビ・ラジオ・舞台などで活動。

また、テレビでの仕事と並行して、舞台やライブ活動も意欲的に行い お笑い関係の賞レースにも多数しエントリーし 多くのタイトルを勝ちとる。

”第14回 高田文夫杯争奪 OWARAIゴールドラッシュ 優勝” ”ANB『GAHAHAキング 爆笑王決定戦』10週勝ち抜きチャンピョン” なども、それにあたる。


出演番組[編集]

新しい波(フジテレビ) うるとら7:00(日本テレビ) 赤坂オールスターお笑いライブ(TBS) GAHAHAキング 爆笑王決定戦(テレビ朝日) GAHAHA王国(テレビ朝日) 5時SATマガジン(中京テレビ) 電波結社バババ団(中京テレビ) 今田耕司のシブヤ系うらりんご(フジテレビ) ユメディア号こども塾(NHK教育) お笑いダンクシュート(NHK) NEWSモーニングJAM(テレビ東京) タモリ倶楽部(テレビ朝日) スーパーJチャンネル(テレビ朝日) タモリのボキャブラ天国(フジテレビ) などなど

他 ラジオ・映画・CM・雑誌…多数

映像・出版[編集]

 フォークダンスDE成子坂LIVE~自縛~は、  ライブツアー収録を含めた全6巻のオリジナルビデオシリーズ。  (企画・作・構成・演出・出演)

参考映像[編集]

youtube/ファンCh


1991年のデビューから活動を続けていたコンビ『フォークダンスDE成子坂』は お互いの次の展望が異なり、1999年の末日で一時解散。

相方の村田は、芸人活動を続け 自身は、その活動(創作)の中心を音楽ベースへ転向した。


音楽活動では、出る側・作る側と両面で創作活動を行う。


その後、 かつての同僚からの後押しもあり 放送作家・構成作家といった裏方の立場で 自身の出身である『バラエティー』を中心に テレビ・イベント・舞台・CMなどを企画/構成を手がける。 (音楽創作含め)

また、その延長では テレビや舞台などへ発想する企画色やアイデアを ビジネス/ビジネスモデルへ活かせないか?!との試みで 新規ビジネスモデルやコンテンツアイデアの企画/考案にも参加。

■過去の参加(企画・構成)番組は、別途を参照。

現在は、 自分なりのモノ創りへの発想を バラエティー色に特化することなく 自身のオリジナリティを幅広いジャンルへ活かそうと あらゆるジャンルへ意欲的にチャレンジしている。


現在の立場、 作家業・プロデュース業と裏方に所属し テレビ・イベント・舞台・CM(企画構成/演出)の他にも Web・モバイル(製品・サービス企画)・新規エンタテインメントの考案や タレント/キャラクターの企画/演出など 幅広いエンタテインメントを対象に、企画・構成・演出を行っている。

また、それ以外には、 自身の日常・生活・趣味活かしたライター業/執筆なども行っている。


近況[編集]

2014年より、直接的に【お笑い界】へ復帰。 (お笑い関係創作活動の再開を解禁) 同年春より、お笑いタレント:芸人の後進育成、若手育成の 監督・コーチ・ネタ提供、プロデュース等を行っている。

また現在は、 監督/コーチなど若手サポート以外にも 直接的に、お笑い(笑い)を創作/クリエイトする活動も行っており コメディー動画や企画舞台、TheaterLiveShowなど、Web番組や、映像企画・舞台・イベントなどで、お笑い活動を再開し始めている。

外部リンク[編集]