フォークダンスDE成子坂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フォークダンスDE成子坂
メンバー 桶田敬太郎
村田渚
別名 フォーク、成子坂
結成年 1990年
解散年 1999年
事務所 ホリプロ
活動時期 1990年 - 1999年
出身 町立 関中学校出身
出会い 中学校の同級生
現在の活動状況 解散
芸種 コント漫才
現在の代表番組 なし
過去の代表番組 GAHAHAキング 爆笑王決定戦
爆笑オンエアバトル
など
受賞歴
GAHAHAキング 爆笑王決定戦」2代目チャンピオン
テンプレートを表示

フォークダンスDE成子坂(フォークダンス デ なるこざか)は桶田敬太郎村田渚で構成されていたお笑いコンビホリプロ所属。

概要[編集]

三重県鈴鹿郡関町(現・亀山市)立関中学校の同級生同士で組まれたお笑いコンビ。何かするようで何もしない、わざとハズしにかかるシュールな芸風と、桶田の特異な発言、村田の鋭いツッコミが特徴。「お笑い第四世代」に属していた。

コンビ名は、所属事務所ホリプロの当時の社員が、ロバート・デ・ニーロから取った名前にしようと試行錯誤した末に、「DE」(デ)だけが残ったといわれている。本人達はこの名前を気に入っておらず、常に改名しようとしていたが、改名前にテレビで名前が売れてしまったがために、改名できなかった。成子坂は、新宿区にある坂。略称はフォークフォークダンス成子成子坂FDN。『ボキャブラ天国』シリーズなどに出演した。

来歴[編集]

村田渚が大阪から三重県鈴鹿郡関町に引っ越し、町立関中学校の同級生として、2人が出会う。

1990年、高校卒業と同時にコンビ結成。三重のホリプロの研究生となり、新幹線で月1回東京に通い、力をつけていく。

1991年3月、ホリプロのお笑い芸人としてデビュー。1993年、『GAHAHAキング 爆笑王決定戦』で2代目チャンピオンになる。1994年より『ボキャブラ天国』シリーズにレギュラー出演。

1998年、単独イベント「自縛」を開催。10ヵ月で5回、全10公演。「全コントが新作または旧作をリメイク」というハードな条件だった。

1999年12月、解散を発表。

メンバー[編集]

エピソード[編集]

「ボキャブラ天国」シリーズには、『タモリのSuperボキャブラ天国』時代のコーナー「ヒットパレード」の第1回から出演しており、キャッチコピーは「コギャル殺し」→「戦慄の不協和音」。第2回で初の1位を獲得。番組内の企画として行われた最強王座決定戦では、30組中12位。『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』を題材にした「あんた、あの子のなんなのさ」ネタが代表作。意表をついて「ちょっと前なら」でいきなりネタにしたこともあった。

しかし『超ボキャブラ天国』になって芸人がスタジオに登場するようになると、ネプチューンなど他の芸人に比べてビジュアルやパフォーマンスでインパクトが薄く、「地味」キャラが定着してしまった。そのため登場するとパネラーから毎回「地味!地味!」と言われ、これに対して村田は「地味じゃないの。シック」と弁解していた。

村田が亡くなった後、爆笑問題太田光は「あいつらは天才過ぎた。天才過ぎた故に売れなかった」とラジオ番組で語った。

出演番組[編集]

など

ビデオ[編集]

  • 1998年に行われた、全5回の単独ライブを収めた作品
    • 自縛1
    • 自縛2
    • 自縛3
    • 自縛4
    • 自縛5
    • 自縛蔵出し(1〜5でカットされたコント作品を収録したもの)
    以上の作品は、JIC VIDEOで購入可能。
  • ボキャブラ天国 公式ビデオ Vol.1 - 3
  • ホリプロお笑いライブ 芸腕グランプリ1・2
  • ギャグ・ウォーズ(2)

雑誌[編集]

その他[編集]