金子俊彦 (毎日放送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 俊彦(かねこ としひこ、1929年昭和4年) - )は、日本テレビプロデューサー放送作家

プロフィール[編集]

1929年東京都生まれ。9歳のときに大阪府に転居。

1942年(昭和17年)に、大阪府立住吉中学卒業後、神戸経済大学(現・神戸大学)経営専門学部入学。

1949年(昭和24年)同大学を中退後、1955年に新日本放送(現・MBSメディアホールディングス)へ入社。

1965年に社名変更後の毎日放送テレビ制作部へ異動し、ディレクター・プロデューサーとして数々のクイズ番組を手掛けた。

その後毎日放送制作局テレビ制作部長を歴任し、1984年に同社を定年退職して以後、フリーの放送作家などに携わる。

1985年より泉放送制作の取締役大阪支社長も務めた後、株式会社イングスの社長も2001年まで務めた。(『放送の世界に生きて』の著者略歴より。)

これまで手掛けた番組[編集]

毎日放送プロデューサーとして
毎日放送ディレクターとして
放送作家として

著書[編集]

関連項目[編集]

  • 堤章三 - 放送作家。長年の親交がある。

参考[編集]

  • 『放送の世界に生きて』の著者略歴より。