尾崎左永子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

尾崎 左永子(おざき さえこ、1927年11月5日 - )は、歌人随筆家。歌誌「星座」主筆。本名は尾崎磋瑛子(読みは同じ)。

概要[編集]

東京府巣鴨生まれ。東京女子大学国語科卒業。17歳で歌誌『歩道』に入会し、佐藤佐太郎に師事する。1955年、「夕雲」で第1回角川短歌賞最終候補となる。1957年、30歳のとき、松田さえこの名で第一歌集『さるびあ街』を上梓、第4回日本歌人クラブ推薦歌集(現在の日本歌人クラブ賞)を受賞する。1999年、「夕霧峠」で第33回迢空賞を受賞する。2001年、歌とことばの雑誌『星座』(かまくら春秋社)を創刊する[1]。また2010年には短歌雑誌『星座α』を創刊し、「佐藤佐太郎の心を継ぐ」のを掲げている。2015年、『佐太郎秀歌私見』で第6回日本歌人クラブ大賞受賞。2016年、『薔薇断章』で第31回詩歌文学館賞短歌部門受賞[2]

一時、短歌を離れて放送作家をメインに活動していたこともある[3]。短歌雑誌編集者であった中井英夫とは長年の交友があり、『虚無への供物』に登場する女探偵・奈々村久生のモデルである[4]。歌集多数のほか、『源氏物語』に関するエッセイなどでも知られ、1985年、『源氏の恋文』で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した。現在、エッセイスト・クラブ常務理事。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『さるびあ街』(歌集 松田さえこ名義 琅珏洞 1957年 のち沖積舎(尾崎左永子名義) 2000年)
  • 『植物都市 放送詩集』(尾崎磋瑛子名義 白鳳社 1972年)
  • 『女人歌抄』(中公新書 1983年)
  • 竹久夢二抄』(平凡社 1983年)
  • 『源氏の恋文』(求龍堂 1984年 のち文春文庫
  • 『源氏の薫り』(求龍堂 1986年 のち朝日選書)
  • 『恋ごろも 「明星」の青春群像』(角川選書 1988年)
  • 『光源氏の四季 王朝のくらし』(朝日新聞社 1989年)
  • 『源氏花がたみ』(東京書籍 1990年)
  • 『彩紅帖』(歌集 紅書房 1990年)
  • 『愛のうた 晶子啄木茂吉』(創樹社 1993年)
  • 『炎環』(歌集 砂子屋書房 1993年 のち短歌新聞社文庫 2003年)
  • 『鎌倉もだぁん』(歌集 沖積舎 1994年)
  • 梁塵秘抄漂游』(紅書房 1994年)
  • 『春雪ふたたび』(歌集 砂子屋書房 1996年)
  • 『現代短歌入門』(沖積舎 1996年)
  • 『大和路四季の花歌』(主婦と生活社 1997年)
  • 『源氏の明り』(求龍堂 1997年)
  • かの子歌の子』(集英社 1997年)
  • 『夕霧峠』(歌集 砂子屋書房 1998年)
  • 『星座空間』(歌集 短歌研究社 2001年)
  • 『大人の女のこころ化粧 美しいたしなみと装い歳時記』(リヨン社 2002年)
  • 『夏至前後』(歌集 短歌新聞社〈現代女流短歌全集〉 2002年)
  • 『女を磨く知・色・学』(リヨン社 2003年)
  • 『古歌逍遥 古典和歌の魅力』(日本放送出版協会 2004年)
  • 『敬語スタディー 実技篇』(かまくら春秋社 2005年)
  • 『尾崎左永子歌集』(砂子屋書房〈現代短歌文庫〉 2006年)
  • 『続・尾崎左永子歌集』(砂子屋書房〈現代短歌文庫〉 2006年)
  • 『青孔雀』(歌集 砂子屋書房 2006年)
  • 『さくら』(歌集 角川書店 2007年)
  • 『古典いろは随想』(紅書房 2007年)
  • 『短歌カンタービレ はじめての短歌レッスン』(かまくら春秋社 2007年)
  • 『チョコちゃんの魔法のともだち―夢は、いつも「本」のなかにあった』(幻戯書房 2008年)
  • 『椿くれなゐ』(歌集 砂子屋書房〈現代三十六歌仙〉 2010年)
  • 『王朝文学の楽しみ』(岩波新書 2011年)
  • 『源氏物語随想』(紅書房 2012年)
  • 『平安時代の薫香』(フレグランスジャーナル社 2013年)
  • 『佐太郎秀歌私見』(角川学芸出版 2014年)
  • 『薔薇断章』(歌集 短歌研究社 2015年)

共著編[編集]

  • 彩 女流五人(新星書房 1965年)
  • おてんば歳時記 明治大正・東京山ノ手の女の暮らし(酒巻寿述 草思社 1979年 のち講談社文庫)
  • 古典の世界を歩く(柳瀬万里共著 小学館ライブラリー 1998年)
  • 香道蘭之園(尾崎左永子、薫遊舎校注 淡交社 2002年)
  • 星座選集1(編 かまくら春秋社 2004年)
  • 星座選集2(編 かまくら春秋社 2008年)

翻訳[編集]

  • 白い森のなかで(ロバート・フロスト ほるぷ出版 1983年)
  • 尾崎左永子の古今和歌集・新古今和歌集(集英社 1987年 (わたしの古典) のち文庫)
  • 新訳源氏物語 1 - 4(紫式部 小学館 1997年 - 1998年)
  • 神と歌の物語 新訳古事記(草思社 2005年)

音楽作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 尾崎左永子「「星座」とは」『星座-歌とことば』。
  2. ^ 詩は鈴木東海子さん…詩歌文学館賞決まる
  3. ^ 1965年から1983年まで短歌から離れる。1983年、「運河」創刊に参加。
  4. ^ 中井英夫と尾崎左永子展

外部リンク[編集]