保志学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

保志 学(ほし まなぶ、1951年8月27日 - )は、日本放送作家構成作家演芸評論家大阪市出身。本名は高木敬二。

略歴[編集]

1970年昭和45年大阪市立高校卒業。在校中に落語研究会を創設。竹々亭松梅を名乗る。後に、古典落語鑑賞会の解説者として関西中学高校60校を巡る。天満天神繁昌亭の募金呼びかけ人の1人。彦八まつりの企画を第一回から手がける。扇納祭は保志の企画。

1974年昭和49年桃山学院大学社会学部卒業。 すぐに上新電機(株)に社内報編集担当として勤務。併せて社員会事務局を担当しながら社内報編集。社員会が母体になり労働組合を結成、専従に就く。学生時代から、作家・池上義一氏の主宰する文芸同人誌「わが仲間」に所属、文学修業に励む。同人に後に芥川賞を受賞した宮本輝国語教育学者長崎伸仁詩人太田充広らがいる。上新電機労働組合は最後は専従書記長退職。1年後、経営コンサルタント会社ユート・ブレーンに入社し、統括マネージャーとなる。

1986年昭和61年)より、業界紙編集長を経て、1988年昭和63年)にMBSテレビ放送の「はやおきワイド530」で放送作家デビュー。翌年の1989年昭和64年[要検証]毎日放送より本格的に活動。昼2時からの「ワイドYOU」の構成に携わる。

以降は、テレビラジオ番組の構成、新聞原稿の執筆を手懸ける。傍らで医学などの専門学分野を始めとした各方面の業界関連の書籍執筆も行なっている。

代表作[編集]

テレビ番組[編集]

他には

などの報道番組の大阪府担当をほぼ1人で行なっていた。

ラジオ番組[編集]

  • 西川のりおの本気でほんま(ラジオ大阪
  • 徳さんのジンジンラジオ(ラジオ大阪)

著書・新聞連載[編集]

編著[編集]

その他[編集]

学生時代にFM大阪の番組「虹のファンタジー」(出演:楠年明冨田良子)で、朗読を書いていた。 後にその折の作品と、音楽雑誌「音楽の街」に書いた詩や「zensen詩人」に発表した作品を集め「高木敬二詩集 彩る子らへ」(歩牛社刊)を発刊している。

また、民音落語会のパンフレット上方落語家の解説文を書く他、演歌歌手コンサートのパンフレットにも解説文を書いており、その関係から1970年代には演歌の解説を一時期担当していたことがある。

一方で放送業務を離れてからは、週刊新潮週刊大衆ならび夕刊フジなどへ(放送作家・演芸評論家として)関西演芸人逝去の報にコメントしている。

2020年10月9日、毎日放送のニュース内で親子2代にわたり創価学会員であることを明らかにした[1]。この時に自身が学会員を辞め、創価学会を退会したことを明かしている[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]