かながわIQ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
かながわあいきゅう
かながわIQ
別名義 金川愛久
生年月日 10月26日
出生地 熊本県
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
身長 175cm
血液型 AB型
職業 タレント作家、メディア・アルケミスト
ジャンル テレビ番組ラジオ番組
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
公式サイト オフィシャルブログ「ヨロシク☆IQ」

かながわIQ(かながわ あいきゅう、10月26日 - [1])は日本タレント作家ソニー・ミュージックアーティスツ所属。以前は金川愛久と表記していた。熊本県出身。

来歴[編集]

2005年6月エアギタージャパン(現・日本エアギター協会)を設立、会長に就任。サマーソニック05、06、07、08、09、10とエアギター日本決勝大会を主催。エアギターをコンペティションとして日本に初めて輸入した第一人者。エアギターブームの仕掛け人である。

エアギター世界大会に「Super IQ」名義で出場、2006年エアギター世界大会16位、2008年エアギター世界大会15位の成績を残す。

また、ロックバンドrEd rEborn worksボーカル放送作家、番組プランニング、キャスティング、イベント主催、音楽プロデュースVJ作曲家ラジオパーソナリティとして、またフジテレビホームページ内のデジタルコミック「少年タケシ」の編集部員、CSの音楽チャンネルやニコニコ生放送で司会を務めるなど、その活動は多岐に渡る。自身の職種を訊かれても1つに定まらない為、「メディア・アルケミスト」を名乗っている。

回転の早い受け答えにより、ラジオDJとしてはFM局を中心に長年番組を持ち、司会としても『魔法の天使クリーミーマミ』で知られるアイドル太田貴子のイベントなどで活躍。

ポーカーが得意で2009年全日本ポーカー選手権11位の成績を収める。

2010年、「ロフトプラスワン公式サウンドトラック」収録曲「STAR CHASER」にてCDデビュー。

2011年11月、Daisy×Daisy1stアルバム「Daisy×Daisy」収録曲「LAST PAIN」にて作曲家デビュー。

2012年6月、レプロエンタテインメントに所属するアイドルユニット「ベイビーレイズ」をプロデュース。「デビューまでプロモーションして報酬5万円」というニュースが話題に。2012年9月26日発売「ベイビーレイズ」1stシングルカップリング曲「Level 1」作詞を担当。

2012年にSUMMER SONICのSIDE-SHOW MESSEで世界エアバンド選手権『Air Band World Championship 2012 -Episode 0-』を主催。世界エアバンド協会の会長職も務める (この時の優勝はかながわ自身とも交流のあるリアルバンドの「忘れらんねえよ[2])。このエアバンド選手権がきっかけで出場していたプラチナムプロダクション所属のエアバンド「Doppelgänger」をプロデュース。

2013年5月プラチナムプロダクション所属の美人教師型アイドルユニット「教育的指導!!せんせ~しょん's」をプロデュース。この時はプロデューサーでは無く「校長」を名乗っている。[3] またこのユニット名はTwitterで公募したことでニュースになり話題に。[4]

2014年1月(株)オフィスギャラクティカ取締役プロデューサーに就任。同社に所属するアーティスト「Daisy×Daisy」をプロデュースする。[5]

2014年8月“教育的指導型アイドルユニット”『FYT』(Funky Yankee Teachers)をフルプロデュースし始動。12月17日にJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントよりメジャーデビューさせる。[6]

TV出演[編集]

ラジオ出演[編集]

Web出演[編集]

TV番組構成[編集]

雑誌[編集]

  • 「ファミ通ブロス」(コラム連載)
  • 「KIDSデビュー」(コラム連載)
  • 「SOUP」(インタビュー掲載)
  • 「フィッテ」(インタビュー掲載)
  • 「Weeklyぴあ」(インタビュー掲載)
  • 「ねっため」(特集5P)
  • 「HyperJoyWAVE」(特集1P)
  • 「warp」(コラム掲載)

著書[編集]

DVD[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]