松本動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まつもと ゆるぐ
松本 動
生年月日 (1969-10-14) 1969年10月14日(49歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都立川市
職業 映画監督
ジャンル 映画
再現ドラマ
活動期間 1992年 -
主な作品
星に語りて-Starry Sky-』
テンプレートを表示

松本 動(まつもと ゆるぐ、1969年昭和44年)10月14日 - )は、日本映画監督脚本家、テレヒ゛のディレクター東京都立川市出身。

テレビの再現ドラマや企業VPドラマの脚本・監督をする一方、自主映画を制作して、数々の賞を得る。

2019年に初の「星に語りて-Starry Sky-」で長編映画デビューする。[1]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1969年東京都立川市に生まれ、現在も立川市に在住である。 1991年に、専門学校インテリアセンタースクール(現 環境造形学園 専門学校ICSカレッジオブアーツ)インテリアデザイン科を卒業。 1992年に、イメージフォーラム付属映像研究所を第15期生として、卒業。 イメージフォーラム付属映像研究所在学中から、8mmフィルムにて自由映画制作を始め、短編・中編作品を10本程撮る。 その後、石井隆監督の「TOKYO G.P.」に初めて助監督として参加したあと、様々な作品に演出部として参加。 最後の演出部従事作品は、大林宣彦監督「花筐/HANAGATAMI」での監督補佐である。 また脚本家としては、第3回MPA/DHUフィルムワークショップシノプシスコンテストにて「つれづれ」が優秀作品に選出され、カルロス・サルダーニャ監督(「アイス・エイジ2」「ブルー」他)から評価される。同作は脚本としても、サンダンス・インスティテュート/NHK賞2018にてベスト9に選出されている。

監督として[編集]

現在は、テレビの再現ドラマや企業VPドラマの脚本・監督をメインに活動しており、20年ぶりに自主制作した短篇映画「ミックス」が、横浜映像天国にてグランプリを受賞し、自主映画活動も再開する。 最新作の短編「カセットテープ」は、第6回八王子Short Film映画祭にてプレミア上映され、グランプリ&観客賞のW受賞し、第23回横浜映像天国でもグランプリ&主演女優賞のW受賞を果たし、同映画祭グランプリ4連覇を成し遂げる。

他には乃木坂46のメンバー”大園桃子”主演のショートムービー「バージン・ブリーズ」を脚本・監督する。

作品[編集]

助監督での主な作品経歴[編集]

監督での主な作品経歴[編集]

  • 「あづさ」(1992)
  • 「紅涙」(1993)
  • 「観覧自由」(1993)
  • 野のなななのか・予告編(全8種)映画『野のなななのか』予告編」(2013)
  • 「フジテレビ開局55周年特別番組 激動!世紀の大事件」(2014)
  • 「フジテレビ報道スクープSP激動!世紀の大事件Ⅱ」(2014)
  • 「ミックス(夕日短篇四部作 第一章)」(2015)
    • 第20回 横浜映像天国 グランプリ
  • 「フジテレビ報道スクープSP激動!世紀の大事件Ⅲ」(2015)
  • 「中部電力㈱VPドラマ」(2015)
  • 「ガチャガチャ/ GACHA GACHA」(2016)
    • 第21回 横浜映像天国 グランプリ&審査員賞 W受賞
    • 2016 Tokyo 48Hour Film Project 最優秀観客賞/グループA&最優秀撮影賞(鈴木雅也) W受賞
    • 2016 P-LABO映画祭 最優秀男優賞 
    • 第六次 米子映画事変3分映画宴 審査員特別賞
    • 第3回 取手映画祭 松村克弥監督賞
    • 第8回 ポレホ゜レ映画祭 ショートムービー部門 観客賞
    • 第6回 OKAYAMAショートムービーフェスティバル フラスコ賞
  • 「バージン・ブリーズ」(2017)
  • 花筐/HANAGATAMI・予告編(全8種)大林宣彦監督×檀一雄原作『花筐/HANAGATAMI』予告編」(2017)
  • 「フジテレビ 衝撃スクープSP 金正男暗殺の真相 ~北朝鮮・史上最大の兄弟ゲンカ全記録~」(2017)
  • 「フジテレビ報道スクープ SP激動!世紀の大事件Ⅴ」(2017)
  • 「公衆電話」(2018)
    • 第22回 横浜映像天国 グランプリ [2]
    • ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018 ジャパン部門ベストアクター(入江崇史
    • 第5回 岩槻映画祭 最優秀作品賞&観客賞
    • 星降る。動物園シネマ みさき公園賞(グランプリ)
    • 第10回 福岡インディペンデント映画祭2018 優秀賞
    • 第11回 オイド映画祭東京 短編コンペティション演技部門 特別賞(入江崇史)
    • 第14回 山形国際ムービーフェスティバル 2018NID東北賞
    • 2018 東京神田ファンタスティック映画祭 神保町映画祭賞
    • 第11回 おもいがわ映画祭 監督賞
    • 第3回 妙善寺映画祭 最優秀妙善寺賞&最優秀オーディエンス賞 W受賞
  • 「カセットテープ」(2018)
    • 第6回 八王子ShortFilm映画祭 グランプリ&観客賞 W受賞[3]
    • 第23回 横浜映像天国 グランプリ&主演女優賞(菅井玲) W受賞
  • 「フジテレビ報道スクープSP激動!世紀の大事件Ⅵ」(2019)
  • 星に語りて-Starry Sky-」(2019) ※きょうされん40周年記念映画

エピソート゛[編集]

  • 地元立川市で開催されている「映画制作ワークショップ」の講師や、「立川名画座通り映画祭」の審査員を務める[4]など、立川市における映画文化の発展に繋がる活動も、精力的に行っている。
  • 映像制作の世界に身を置きつつ、kerosene heater(石油ストーブ)のマニアであり、約60台の石油ストーブをコレクションしている。今までに自身でオーバーホールした石油ストーブの数は100台を超えており、夢はkerosene heaterの書籍出版。
  • 2019年7月6日7日に、高円寺シアターバッカスにて、松本動の特集上映会が2日間開催され、「星に語りて-Starry Sky-」「ミックス」「ガチャガチャ/GACHA GACHA」「公衆電話」「カセットテープ」が上映された[5]

脚注[編集]

  1. ^ 「映画「星に語りて~Starry Sky~」緊急先行上映情報. (2019年3月4日閲覧)
  2. ^ 「公衆電話」完成披露上映イベント. (2019年2月20日閲覧)
  3. ^ 第6回八王子shortfilm映画祭. (2019年3月16日閲覧)
  4. ^ 立川名画座通り映画祭. (2019年3月16日閲覧)
  5. ^ [1].(2019年6月30日閲覧)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]