坪川拓史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

坪川 拓史(つぼかわ たくし、1972年2月25日 - )は、日本映画監督俳優アコーディオン奏者。北海道長万部町出身。室蘭市在住。

略歴[編集]

1990年に上京し日本工学院専門学校に入学するが[1]中退し、大田区洗足池公園でホームレス生活を送る。

1992年、串田和美主宰の劇団オンシアター自由劇場」に入団し研究生となる。その時のオーディションで劇団員だった小日向文世から楽器が出来るか問われ、咄嗟に「アコーディオンが出来ます」とウソを言ってしまうが合格。慌ててアコーディオンを始める[2]。舞台俳優を経て自ら映画制作も始め、1995年無声映画『十二月の三輪車』で初監督。2011年より室蘭市に移住。

監督作品[編集]

長編[編集]

  • 美式天然」(2005年
    • 「第23回トリノ国際映画祭 Best Feature Film Prize(グランプリ)」
    • 「第23回トリノ国際映画祭 Best Audience Prize(最優秀観客賞)」
  • アリア」(2007年
    • 「第2回KINOTAYO映画祭(フランス) Grand Prix du Public(最優秀観客賞)」
    • 「第4回ユーラシア国際映画祭(カザフスタン) 中央アジア映画連盟選出最優秀作品」
  • ハーメルン」(2013年
  • モルエラニの霧の中」(2020年

函館港イルミナシオン映画祭(最優秀観客賞)

短編[編集]

ラジオ番組[編集]

逸話[編集]

  • 1作目「美式天然」は「第23回トリノ国際映画祭」長編コンペティション部門に招かれ、「Best Feature Film Prize(グランプリ)」「Best Audience Prize(最優秀観客賞)」のW受賞という日本人初の快挙を成し遂げる。

音楽活動[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]